呪い返し 

「人を呪わば穴二つ」という言葉があります。

ウィクショナリー

故事ことわざ辞典

「因果応報」とも言えますが、これは真実だと思います。

最近、そのような事例を目の当たりにしました。

他人を操ろうとしたり、弱点を突いたり、貶める方向でエネルギー技術を悪用する人というのは、それなりの覚悟が要りますね。

自分は特別とか、自分が正しいと信じ切っているからそんなマネができるのかな、と思いますが、そっくり返されるリスクがあります。

相手が高倉健のようだった場合、耐えて耐えて耐え抜いて、最後に「まとめてお返し」された日には、いかに自分の術であってもタマランでしょう。

こんなブログを書いていると、私も少なからず呪われてしまいますが、まあ守護もされているようで、ナントカなっております(^_^ゞ

PH会にも悪意や独善、呪いに対応できるエネルギー製品がありまして、頼もしいことです^^


ちょっと調べようと「呪い返し」で検索したら、

「呪い返しはアマゾンで - お急ぎ便なら最短当日お届け可能‎」

とか出てきました。

このパターンは前から知ってましたが、吹きますねw

最近気になった記事(H29.6-1) 

最近のニュースは「世も末だな」と感じることが多い気がします。
まあ、末法思想というのは千年も前からあるようですが・・・・

中には笑えるものもありますねw

大阪府警察防犯公式Twitterが女児声掛け事案報告 「特徴は500歳くらいの白髪交じりの男」

【画像】 高速道路のブタ、交尾を始める 見守る隊員たち

「ママがお酒飲んでる…」 パトカーに子供が缶酎ハイ見せ酒気帯び発覚 母親を現行犯逮捕

【栃木】 前にクマ、後ろに警官…逃走の3人「挟み撃ち」 宇都宮の強盗事件

家を間違え窓から侵入した消防署員らに暴行 公務執行妨害容疑で男逮捕 高岡市

【兵庫】 全裸男が草むらから飛び出す

本わさびを塗るとハゲが治る!市販剤の3倍の効果

女装して自転車で疾走する中年男が出没 40歳代位、黒縁眼鏡、エプロンのような服 糸島市

【画像】 浜崎あゆみ(38)が女子プロレスラーっぽくなってると話題に

【画像】 3000万円着服した職員が清々しいほどクズと話題に

【画像】 アイドルのハグ会 フルアーマーで完全防御 「ヲタクは汚物ってことか」

上毛三山巡り20170520 

友人がmixiで企画していた「上毛三山巡り」なんですが、急遽、私が熊谷から車を出すことにしました。

GW明けも仕事が忙しかったので少し躊躇ったのですが、行ってよかったです^^

まずは赤城山、三夜沢赤城神社です。
私は「赤城神社」と言えばコチラが一番好きです^^

ここは私の感覚でも分かりやすい、厳格でパワフルな御神霊が居られるようです。
鳥居をくぐった時点で「ここは凄い」とハッキリ分かります。

P1006640.jpg

P1006648.jpg

この木立からして、凛とした、厳格な感じが伝わりますね。
P1006643.jpg

P1006644.jpg

本殿の近くです。御神霊の専用空間といった感じです。
P1006645.jpg

P1006646.jpg

P1006647.jpg


続いて一行はウラ道から山頂に向かいました。
大沼です。
P1006649.jpg

気温は程良い感じでしたね。
P1006650.jpg


大洞赤城神社です。
一般的に「赤城神社」と言うとここを指すようです。

三夜沢と打って変わってカラッとした感じです。
島状の場所なせいか、南国風情にも感じます。
P1006651.jpg

私の体感では、神奈川の寒川神社に似てまして、無機質と言いますか、御神霊の気配が感じにくいです。
P1006653.jpg

P1006659.jpg

P1006660.jpg

P1006655.jpg

P1006656.jpg

波動が一番分かり易いのが、この社務所だったりします。
尋常じゃない数のお守りが陳列されていまして、エネルギースポットを形成していますw
この体感によって、この神社が高度なレベルである確信が持てました。
P1006654.jpg


次は榛名山に向かいます。
渋川、伊香保ルートで裏から登りました。

途中、上州物産館というところで昼食。
http://www.josyu.com/

水沢うどんを食べました。
「日本三大うどん」のひとつだそうな・・・・
同行したうどんのプロ・Kさんも喜んでいました^^

さて、榛名神社に到着です。
P1006661.jpg

ここも随神門をくぐると別世界ですね。
ハッキリ分かります。
P1006662.jpg

P1006663.jpg

P1006664.jpg

脇を流れる沢の影響もあると思うのですが、この長い参道は浄化力が高いようです。
P1006665.jpg

P1006666.jpg

P1006669.jpg

拝殿です。
P1006670.jpg

国祖社。
P1006672.jpg

友人によると、この写真にある、本殿と御姿岩のところに宇宙エネルギーが降り注いでいるそうです。実際、体感はし易いと思います。
P1006673.jpg

帰り道、この沢のところに下りて、浄化力を堪能しました。
P1006677.jpg


更に、妙義神社に向かいます。
妙義山の入り口、といった感じですね。

P1006712.jpg

P1006678.jpg

P1006680.jpg

P1006681.jpg

P1006682.jpg

P1006683.jpg

んもう、ひたすら階段ですね。この神社はw
不思議と疲れを感じませんでしたが・・・・
P1006711.jpg

P1006685.jpg

P1006687.jpg

前回は台風で破壊されていて参拝できなかった本殿です。
どこが破壊されていたのか分かりませんでしたが・・・・
P1006688.jpg

P1006691.jpg

本殿の真裏にある天狗社です。
P1006692.jpg

P1006693.jpg

P1006694.jpg

「天空の社」の異名があるそうです。
P1006695.jpg

P1006696.jpg

P1006697.jpg

P1006698.jpg

P1006699.jpg

P1006700.jpg

P1006701.jpg

P1006702.jpg

御神霊の体感は、こちらの波己曽社(はこそしゃ)周辺の方が分かり易かったです。
P1006703.jpg

(たぶん)弁天様。
P1006704.jpg

P1006705.jpg

波己曽社の裏なんですが、この辺が一番強い体感がありました。サラリとした感じではありますが濃いです。
P1006706.jpg

P1006707.jpg

P1006708.jpg

P1006709.jpg


最後に欲張って、一之宮貫前神社にも参拝しました。
何しろ群馬県の一之宮ですから^^

ここも前回は本殿が改修工事中でして、御神霊が「お留守」な感じでしたが、今回は手厚く歓迎して頂いた感じでした。
P1006714.jpg

P1006715.jpg

P1006716.jpg

特にこの、本殿の左側では、胸にガッツリと力強いパワーが注入されました!
有り難いことです^^
P1006717.jpg

ということで、群馬県でも最強レベルと呼べる五社を一気に回るという、凄い一日でしたw

有難うございました(*^-^*)

本経寺・子安弁財天春季例大祭(2017) 

4月30日(日)、今年も足利市・本経寺の壇龍上人さまにお招き頂きまして、例大祭に行ってまいりました^^
やはり春はコレですね。

友人たちと4人で参拝しました。

まずは足利市の伊勢神社へ。


この神社は私が「足で探した」ようなところなんですが、足利市内の神社の中ではピカイチだと思っております。

主祭神は伊勢神宮と同じく天照皇大神です。

特に、外宮(豊受皇大神)に向かうこの通路が、ちょうど本殿の脇になっておりまして、濃密な「光輝くようなエネルギー」を感じることができます。
P1006561.jpg

月讀命 がお祀りされている末社もあります。パワー感アリアリです。
P1006562.jpg


続いて鑁阿寺に向かいました。
ここは観光地として有名ですね。
真言宗のお寺なので、呪的パワーを期待する向きには満足度は高いと言えます。
P1006564.jpg

大イチョウもあります。凄いパワーです。
P1006566.jpg

不動明王のお堂です。コチラもオススメ。
P1006569.jpg

ドヒャーな数の庚申塔があります。
古の波動グッズですね。
P1006570.jpg

境内が広すぎるので、すべてを探索したワケではないのですが、写真のような何気ない樹木にも、大変良いパワーを放つものがありました。
私はこの写真の真ん中辺りの根のところがお気に入りです。目がハッキリクッキリ見えるようになります^^
P1006572.jpg

ちょうど「足利太鼓祭り」というのが開催されておりました。
皆、腰を低くして打っていました。キツい姿勢だと思います。
気功なら上級コースですねw
P1006574.jpg


さて、いよいよ本経寺です。
足利市の良い波動を凝縮したような場所ですね。
P1006575.jpg

今年受けさせて頂いたご祈祷は、いつもにも増して切れ味の良さを感じるものでした。
スパッと浄化されるのを感じました。
P1006576.jpg

本堂からの眺めです。
P1006577.jpg

振る舞われたお赤飯と煮物を頂きながら、このような新緑の景色を眺めるのが、なんとも贅沢に感じてシアワセを感じるひと時ですね^^
P1006578.jpg

本経寺の皆様には、いつも暖かくおもてなし頂き、本当に感謝しております。
P1006580.jpg


さて、お次は名草です。
昔は毎週通っていた場所ですが、最近は本当にご無沙汰です。
P1006583.jpg

この春は台風並みに風が強い日が多かったせいか、倒木が凄かったです。
P1006586.jpg

波動的に一番好きなのがこの辺りです。
P1006587.jpg

厳島神社。この佇まいが大好きです^^
P1006590.jpg

P1006589.jpg


この後は、群馬県邑楽(おうら)町の多々良沼公園に立ち寄りました。

平野部なんですが、自然豊かな公園です。
P1006600.jpg

P1006601.jpg

やはり水辺なので弁天様があります。
P1006592.jpg

藤が咲き乱れておりました。
この中ではミツバチがブンブン唸っておりましたw
まあ危険はなかったです。
P1006597.jpg

濃い性格の神様に感じました。
事前に地図などで調べたのと同じ感覚でした。
P1006598.jpg

P1006608.jpg

やはり本殿の裏は上質なパワースポットです。
P1006605.jpg

こちらの藤棚も良かったです。
P1006611.jpg

非常にのどかな公園で、シートを敷いて昼寝したくなるような場所ですね^^
また次回、もっと時間をかけて来たい場所です。

やはり新緑の季節は良いですね。
生命力がアップするようです。

ありがとうございます^^

最近気になった記事(H29.4-1) 

最近、飛鳥昭雄さんのサイトが活発化してきたのは嬉しいですね。
少々ゴチャゴチャして分かりにくいですがw
http://akio-aska.com/


(最近のオススメ記事)

ドナルド・トランプという現象

対北朝鮮問題

■「大本」に見る超古代文明


これが絶対に正しいという保証はないですが、
飛鳥情報は偏向報道のウラ側なんかも示してくれるので、
ありがたい情報源のひとつです^^

般若心経 

最近、「般若心経」について考察することがありましたので、気がついたことなどを書いてみたいと思います。


般若心経は伝統的な宗教では各宗派で使われており、日本人には馴染みのあるお経ですね。

http://bit.ly/2n4u1OM

これを解説した本はたくさん存在し、ネットにも解説サイトがたくさんあります。


ネットにある「現代語訳」というのをいくつか見ているうちに気づいたのですが、般若心経には複数の「解釈」が存在します。

その、解釈の違いというのは、仏教的な「空」というものをどう捉えるかで、違ってくる気がします。

http://bit.ly/2nAWnnG


一般的には、

「あらゆる物事に実体は存在しない」

という受け止め方がされているようです。

そして「いんだよ細けぇことは!」という、ザ・松田のような解説がなされていることが多いようですw


それはそれで大いに意味のあることだと思うのですが、神秘行を実践する者からするとチト物足りないと言いますか、何かが欠けているように感じてしまいます。


私の世界観は主に高藤仙道の影響が大きいのですが、この「空」というものが、

「存在を超えた存在」「(神秘行でいう)第四の意識状態」「超意識」「普遍」「現象世界を生み出す根源的な力」「タオ」「アートマン」「ナワール」

といったキーワードに関連づけられます。

単なる「空っぽ」ではないです。

元々はコレを「体得」している人が説いたお話ではないのか、と考えてしまうワケです。

普通の、「現実」というか「常識的な世界」を生きている人には理解できない内容ですね・・・・


仙道では不老不死や「タオ」との一体化を目指したりしておりまして、ここ最近ではソレを成し遂げたなどというお話は聞いたことがないので、これまたアヤシイ世界には違いないのですがw

私なりには、高藤仙道の行法を実践して、初歩なりに「不思議なチカラ」の存在には確信が持てておりますので、その「延長上」の話としてリアリティは感じております^^


私の解釈は、

「六道輪廻を繰り返すのはタイヘンだから、この呪文(ギャーテーギャーテー・・・・のやつですね)を唱えて、(智慧をつけて)解脱してください」

というような感じです。

実際このような解釈をされている方はたくさん居られると思います。

最近ではYoutubeでサンスクリット語の読誦なんかも聞けますので、ホント便利な世の中です。
初音ミクのもありますねw

ただまあ、日々これを唱えて「解脱しましたっ!」という体験談は未だ聞いたことがないのでw
これを応用しなければならないのだろうな、とは思います。

観音さまに更に親近感を感じる考察でした^^


いずれにしましても、このお経は「供養」で唱える内容ではないようです。

霊障の強い人が唱えると弊害があるようです。
ご注意ください。

「能力者」のモラル的なこと、といいますか・・・・ 

昨日つけたタイトルが、どうもしっくりこなくて、書きかえたりしております(^_^ゞ

「不思議」に興味を持って、気功やらナニやらを実践しているうちに、「感覚」が芽生えてきた方も居られると思います。

そういう方に、心に留めておいて頂きたい事柄があります。

あるいはまた、能力者の真贋・良し悪しを見分けるポイントにもなります。


私の場合、もう30年以上前になりますが、高藤仙道の小周天という行法を数年行いまして、不完全ながらも気の感覚化とコントロールが出来るようになってから、だんだんと分かるようになりました。

その、感じたものが何を意味するかは、直感的に理解できることが多いですが、基本的に経験則の積み重ねが必要です。


この、経験則の積み重ねにおいて、何が一番大事かと言いますと、それは
「現実との一致」だと思います。

頭痛の人に共鳴して頭が痛くなったときに、「いま頭が痛かったりしない?」と聞いて「イエス」の返答がある、というような経験ですね。

「ぬきたま」でも同様です。

「顔のこの辺りに異常を感じます」「ああ、そこは歯医者で治療中なんです」といった検証です。


霊的なもの、人以外の波動を視る場合には、
「複数の能力者間で見解が一致するか」
という検証の仕方があります。

「あの人、霊障が凄いよね」とか「この神社の神様ってオッカナイよね」とかw

自分だけでは不可解だったことや、曲解していたことも、上手く理解して積み重ねていくことができます。
幸い私は仲間に恵まれたので、そういった経験が加速しました。
道を求めていれば「導く働き」というのはあると思います。


この、経験則の積み重ねには「年季を入れる」必要があります。
そしてまた、いくら年季を重ねても「完璧はありえない」くらいの慎重さが必要です。


これが神仏の世界になると、検証というより審神者(サニワ)が必要になりますが、一般の人には判断が難しいと思います。

能力者に接する機会がある人は、実績・結果を見て「この人の信頼性は何%くらい」という評価の仕方を取り入れてみてください。

どんなに有名な霊能者であっても、その人が展開する世界観というのは、「その人に都合の良い世界」になっていたりするようです。
そしてそれを真理であると断言します。

人間というフィルターを通している以上、どうしてもそうなってしまうようです。

「最高でも80~85%くらいの信頼度」という認識を持つようにすると、道を踏み外す(ダマされる)危険は少ないと思います。

検証不可能なことを自信タップリに断言する能力者が居たとしたら、それは却ってアヤシイと思いますw



また、能力者の自覚がある人は言動にも注意すべきです。
「波動が悪い」
「オバケが憑いている」
などは、安易に口にしないほうが良いと思います。


綺麗事を言えば「漏尽通力」という言葉に集約されるのでしょうが、感じたまま、見たまま、聞いたままをそのまま述べるような能力の使い方は好ましくないと思います。

オバケが憑いている人が居たら、私は処置をしてから「憑いていたから取っておきました」という言い方をするようにしています。
まあこれも理解のある相手に限りますし、先祖代々憑いてるようなのはカンタンにはいきませんがw

カンタンには手に負えないような場合は・・・・黙っています(爆

親しい人で、ご本人も解決に向けて真剣に努力している場合には手を貸すこともありますが、まあこの辺は線引きが難しいですね。


何しろ、「救いのない(希望のない)ことは言わない方が良い」と私は思います。

一番タチが悪いのは、自分にすがるように脅しをかけるタイプですね。



このような特殊な感覚を生まれつき持っている人というのは、自分が他人と違うことに気づいた後、目立たずに生きていくような「処世術」のようなものを身に着けながら大人になっていく傾向だと思うのですが、

後天的にこの感覚に目覚めた人というのは、何か、急に自分が偉くなったように錯覚しちゃったり、自分が選ばれた人間だと思っちゃったりする傾向があるようでして、

もともと、そういう動機で「この世界」に入る人も多いのだろうな、と推察するのですが、現代社会では人の上に立つことが美徳とされているので、まあそこは否定しません・・・・

私などは普段サエナイ現実を生きておりますので、「こうすれば開運できる」とか「こうすれば成功できる」などとはナカナカ言えないですねw



私は以前から、これからの時代、能力者が増えていくだろうな、という予測はしていたのですが、それ以上に「なんちゃって能力者」が増えているような気がしておりまして、チョット危機感を感じておりますw

医者や弁護士、高学歴といった現実世界でも言えることですが、
「能力と人格は別」と教わったことがあります。

不思議世界では尚更、そういう視点が必要だと感じています。