FC2ブログ

「ぬきたま」 

PH会の基本エネルギー技術に「抜き魂の術」というのがあります。
これは「ぬきたまのすべ」と読みます。

「抜魂の術」(ばっこんのじゅつ)という呼び方は誤解を生みそうなので
止めたそうですw

まず前提として、PH会には「エネルギー体」という概念があります。
あらゆる生物や物質には、目に見えない、「エネルギー」でできた身体が
重なるように存在している、という考え方です。

一般的には霊体とかアストラル体とかいろんな概念がありますが、
そういったものの「総称」と考えていただくと良いと思います。

さて、このエネ体ですが、どんなに距離が離れていても「抜く」ことが可能
なんですね。
実際には「コピー」が出てくるようですがw

PH会のマニュアル的なやり方では、対象となる人の頭の上に
「エネルギー」の球のようなものをイメージして、
それを掴んで引き寄せるようにします。

私の場合はそれだと上手く出来ない感じがしたので、
両掌を50cmくらいの幅で向かい合わせて、
そこに「○○さんのエネ体よ、来てください」と念じます。

私の場合、能動的に掴んで引き寄せるよりは、「受け身、おまかせ」の方が
やりやすいです。
「抜く」というよりは「呼び出す」という感覚ですね。
30秒くらいやっているとだんだんハッキリしてきます。

私はまず「全体像」を見るようにしています。
「全体像」というのは「全て」を含む、という設定です。

必要に応じて「肉体」「心」「魂」「チャクラ」とか焦点を合わせていくと
様々な情報が得られます。

私の場合、「全体像」を視るときは何故か右手に頭部の情報、
左手には下半身の情報が強く感じられるようです。

特に面白いのは「肉体」を視るときです。
エネ体をマネキンのように投影して、上からスキャンしていくと、
かなり正確に不調箇所が見つかります。

もう軽く100回以上はやってますが、あまり外れたことはないです。

この「現実との一致」を経験すると人生が変わるかもしれません^^

気をつけたいことは、例えば膝ですね。
本当は左膝が悪いのに、それをかばって右膝に負担をかけたりした場合、
右膝の方が悪く見えたりします。

あとは気のレベルでは異常があるけど本人には自覚が無い場合も
あり得ます。

このワザは何年か前に某匿名掲示板でも何度か披露したことがありますが、
結構当たりました。
楽しい想い出なのでログもとってあります^^

ただ、外れは少なくても「見落とし」というのもあります。
これについて私には悔やまれる過去がありますので、
あまり自分の能力を売り物にするつもりはありません。

私はむしろ「何故このようなことが可能なのか?」という思索から
世界観、価値観が変わっていくことの方が大事ではないかと思います。

精神世界では「全てはひとつにつながっている」ということが
よく言われますが、まさしくそれを体験できたと思っています。


<念のため>
私はPH会の宣伝マンではありません。
PH会は講習会に出れば懇切丁寧に指導してもらえるでしょうが、
お金をかけられない人には「PH百貨店&スゴイやつ」を勧めたりも
します。
但しこれは、「だれでも使いこなせる」というものでは無い気がします。
また、コレの使用を広言すると、どこかから(現時点では言わずにおきますが)地味だけど恐ろしい呪いをプレゼントされるようですw

ただ私は「選択肢は多い方がいい」と思っています。

波動感覚で分かること 

波動感覚者といってもタイプは様々だと思うので、
これはあくまでも私の場合、ということでお話します。

まずは人の病気とか「不調箇所」が分かります。

被験者の周り、15~20cmくらいのところに掌をかざして見ていくと、
ピリピリとかチクチクとか重苦しいイヤ~な感じとかがあったりします。

痛み、腫れ、コリ、古傷などの分類ができます。

これだけなら便利な印象を与えますが、厄介なことがあります。

例えば頭痛持ちの人が近くにくると、こちらも頭が痛くなり、
腰痛持ちの人が近くにくると、こちらも腰が痛くなる…

「共鳴」しちゃうんですね。
共鳴しやすい人とそうでない人、というのもあるようで、
必ずしも全員に反応するワケではありません。

この現象は電話越しにもなったことがあります。
電話中に「左腕どうかした?」と聞いたら「何で分かるの?」という
感じです。

私は男ですが女性の生理痛が共鳴したこともあります(爆
タマにくるかと思ったらお腹にきましたw


分かるのは人の不調箇所だけではありません。
私の場合、人の感情とか気質のようなものも分かります。

思春期の女の子で10人に1人くらいは神様のような美しい波動を出して
いることがあります。

が・・・

正直言って側にいて心地良い人は少ないです。

女性の波動もトシとともにベターっとした感じに変わってくる人が多いと
思います。

また、特に社会に出て働いている人のストレスはスゴイです。

働き過ぎで肉体が悲鳴を上げている人の波動
嫌なことを嫌々やっている人の波動
他人を攻撃したり奪うことばかり考えている人の波動

こういう人の側にいるのはツライです。

あと、特に男性に多く見かけるのですが、お尻のちょっと上、
ベルトの下辺りから水平に嫌~な感じの波動を数mも放っている人がいて、
「こっち向けんな(゚Д゚)ゴルァ」と心の中でこっそり叫びたくなる人が
いますw

この腰から後方に放たれる気は書物では見かけないのですが、
私と同じように感じる方はいらっしゃいますでしょうか?

もうひとつ、電車などで隣に座った人が居眠りを始めると、
肩の辺りから何やら「痛いもの」をモクモクと出したりします。
人は眠っているときには「身体の外に出る」という話は書物で読んだことが
ありますが、せっかく電車で座れてもイタイのは勘弁ですw


ここから先はさらにデンパになりまして、霊的なものを感じることが
あります。

上手く説明出来ませんが、人が出す波動とは異質なものだと思います。

実体(肉体)を持たずに単独で存在するものもあるし、
人に憑いているケースもあります。

この霊的に良くないモノと合体している人というのは、
甚だキョーレツな場合があります。

スーパーなどで買い物をしていると、たまにそういう人に出くわしますが、
もう「逃げるしかない」って感じですw


私が波動感覚を身につけてから十数年の間に、
最凶と思われる人物には3名ほど出会いました。
臭いで例えると豚小屋みたいな感じです。

私は人種差別はキライなんですが、
外国の方というのは波動的には結構キツイものを放っている人が多い
気がします。

わりと体臭と密接な関係があるような気がするのですが、
他の感覚者の方のご意見も伺いたいところです。


俗に「人酔い」という現象がありまして、
人が多いところにいると気分が悪くなる人というのは
波動感覚のせいかもしれませんね。

波動感覚者のいる割合は意外に多いと思います。
素質のある人は10人のうち3人くらいは居そうな気がします。

味変え 

これは手軽に体験できる「不思議」のひとつです。

伝授系の「エネルギー」を使うと出来ます。
伝授系に限らず、気を扱える人なら出来ると思います。

波動グッズを使っても出来ますが「自らの能力を使って」というところに
面白さがあると思います。


簡単にやり方を書いてみます。

目の前に水の入ったコップを置きます。

私のやり方は掌から「エネルギー」を出して、
その「エネルギー」をコップの側面とか下から「入れて」、
その「エネルギー」の流れがそのまま上に抜けて出て行くようにします。

その「エネルギー」の流れによって水の中に含まれる「良くないモノ」が
すくい取られていくようにイメージします。
視覚的なイメージが苦手な人は言葉にしてつぶやくと良いと思います。

これだけです。
「もういいかな」という頃合いは経験によって分かってくると思います。
1分もやれば良いでしょう。

前とあとで味に変化が見られれば成功です。

水では変化が分かりにくい人は、コーヒーとかコーラとかいろいろ試して
みてください。
駄菓子風のジュースみたいな人工的な味付けのものは変化が分かりやすいと思います。

食べ物でも味が変わるのが分かります。
カップ麺も上品な味わいになりますよw

一番分かりやすかったのは度数の高いお酒です。
キツい感じがとても柔らかくなります^^


私が始めて味変えにチャレンジしたときにはハッキリと変化を感じました。
「これだけ変わるのなら、ヒーリングも効果がある訳だなぁ」と、
自信を深めることが出来ました。

この「確信」というのがワザのキレにつながると思います。

私は興味のある友人数名にPH会の能力伝授のCDを聞かせて
味換えを手ほどきしたことがあるのですが、

面白いことに「出来るかな、大丈夫かな…」という心境の人は、
それがそのまま「エネルギー」に反映してしまい、
コップがオドオドした波動の塊になって終わってしまうようですw

「エネルギー」は物質(コップ)をすり抜ける、というところも
確信が持てないと効果が減ると思います。

疑うことも大事ですが、信じなければ得られないものもある
ということではないでしょうか?
「友達」もそうですよね。

また「味が変わらない」という人の飲み物を私が飲んでみたら
「ちゃんと変わってるじゃん!」ということもありました。
味覚の問題もあるようです(´・ω・`)


ここに書いた味換えのやり方はPH会の「トリートメント」という
ヒーリングの技術と殆ど同じものです。
味換えはヒーリングの練習にもなります。


この技法に習熟するとちょっとしたイタズラも出来ます。
他人のタバコをスカスカにしてしまったり…

PH会の故山岸会長に面白いエピソードがあります。
飲食店で他のテーブルに騒がしい客がいて気分を害した会長は、
その人の飲んでいたコーヒーを密かに紅茶の味に変えたそうです。
ソレを飲んだ件の人は気味悪がってそそくさと店を出て行ったそうな^^

これは味変えが単なる催眠暗示ではないことを示す良い例だと思います。

私は味を「抜く」のは得意なんですが「つける」のは苦手です(^_^ゞ

味換えには他にもやり方がいくつかあるようです。
機会があればご紹介します。

波動グッズは万人に効くか? 

以前、ちょっと面白い実験をしたことがあります。

12人ほど試させてもらったのですが、

まず1回前屈をしてもらって、大体の限界を覚えておき、
次に天照のポラリス(ミニプレート)を手に握らせてまた前屈して
もらいます。

ハッキリと柔軟性が増したのは4人でした。
残りの8人のうち4人は天照のノーマルプレートに換えたら柔軟性が
増しました。
ポラリスだと強すぎて「エネルギーあたり」を起こしていたみたいです。

残った4人はノーマルプレートでもダメでした。

柔らかくなった人もグッズを手放すとまた身体が硬くなったりして、
みんな面白がっていました。

少人数だし被験者は若い人達だったので、この割合は参考程度だと
思います。


この実験は「自分にとって良いもの」に触れたときは筋肉が強く、
しなやかになり、「良くないモノ」に触れたときには筋肉が弱く、
硬くなるという現象をわりと簡単に検証できると思います。

あくまでも「自分にとって」ですから気をつけてください。
自分に良いものが他人にも良いとは限りません。

「オーリングテスト」も同じ理屈だと思います。
大枠では「キネシオロジー」という体系になっているそうですね。

上記の実験から考えられることとして、
効率良く自分の波動を上げて行くには「自分よりちょっと上」の波動に
接することがコツみたいです。

「上」過ぎると「エネルギーあたり」という、「湯あたり」に似た現象が
起こり、結構キツいものがあります。

身体能力をアップさせるのに、波動グッズはお手軽だと思います。

上記の実験では3分の1の人が無反応でしたが、
その人に合ったグッズがあれば反応したかもしれません。


また、波動グッズにかぎらず普段食べるもの、身につけるもの、
接するもの(人)が身体に及ぼす影響
というのは大きいものがあると
思います。

波動グッズ 

波動グッズというものを大別すると、

八角形とか六角形とかピラミッドとかの、
図形や形状や材質そのものが持つパワーを利用しているものと、

木や金属のプレート、CDなどに波動を転写するとか「エネルギー」を
封入するタイプがあると思います。

機械仕掛けのものもあるようですね。


私の場合、エネルギー不足とバリアの弱さに泣いていましたので、
それを補うものが無いかといくつか試しました。

結界系のものとして購入したのは、
まずPH会のミニプレート、これはエネルギー源にもなりました。
開発所のパワーカードはヒーリングの力もありました。
あと天照さんのプレート、ポラリスは浄化力が強いです。

一番体感があったのはポラリスです。
開発所のパワースポットプレートは買っていませんが、
サンプル画像からは強力な感じがします。

ダメージを和らげるものとしては、
PH会のトリートメント、カンビオエネルヒア、
開発所のオーラ・ヒーリングCDなどが良かったです。

私はお金持ちではありませんので、波動グッズの全てを試したわけでは
ありませんw

また、これらのグッズも「これさえあれば大丈夫」というものでもない
みたいです。

特に人の念というのは強力で、とてもグッズでは防げないことが多いです。

最近はパープルプレートを入手しまして、大いに重宝していますが、
これにも限界があるなぁ…という感じですね。

確かに以前よりは快適度が増して、おかげで自分なりに成長出来たとは
思うのですが、今度はそれに見合った苦労がやってくる…
ような気がします。

結局の所、自分自身の波動を上げていって、悪影響を受けないところまで
持っていかないとダメかなぁ、と思っています。

そう思ったときに天照さんのブログに同じような記述がありました。
「グッズよりも自分自身が良い波動を出すことが大事」
ちょっとしたシンクロでした^^

波動感覚を身につけたい2 

私の経験上、高藤仙道の「小周天」という行法は感覚を開発する上で
とても有効でした。

これは、誰にでも分かる「熱」という感覚で気を発生し、
それを背骨や脳といった神経の集中したところに沿って巡らせ、
しかも何カ所かのポイントに気を止めてしばらく保ったりします。

これをやっているうちに神経が開発されて、
熱感意外でも気を感じられるようになります。

また、気のコントロールを覚えると、ヒーリングとか霊的なものへの対処
といった不思議なことが出来るようになります。

高藤仙道の行体系はとても簡潔に奥深いところまでまとまっているので、
知識として知るだけでも「不思議の世界の地図」として役立つと思います。

ただ如何せん、仙道は毎日1時間くらいは時間が必要です。


PH会では「能力を使い込んでいくうちに分かるようになる人が多い」と
言っています。
また、「感覚は無くても大丈夫」とも言っています。
さらには「敏感すぎるヤツはバリアの薄い、欠陥のある人だ」とまで
言ってくれます(T-T)


PH会から派生したETP協会というところでは「良感」という
波動感覚をアップさせるエネ製品があるようですが、
私は試したことがないから分かりません。


実際の所、人生において波動感覚や特殊能力の有る無しは
あまり大事ではない気がします。

だって、「本当に大切なこと」はどんなにハンデがある人にも手が届く
ところにあるハズです。

そう考えないと、この世は余りにも救いがないと思います。


また、これからの時代、特に何もしなくても「分かる人」は増えて
いくんじゃないかと思っています。

天照さんも仰っていますが、太陽の波動、地球の波動が上がって来ている
のを私も感じています。

それに伴って「能力」が開花する人がドンドン出てくる気がしています。

いずれは誰も、何も「隠し事」の出来ない世界がやってくるかも
しれませんね。

それを「恐ろしい」と感じる人は、今のうちから心の中をお掃除していくと良いかもしれません^^

波動感覚を身につけたい 

特殊な能力については、欲しい人には憧れみたいなものがあったり、
すでに持っている人には優越感が伴うかもしれません。

私は「超能力」「霊能力」という言葉があまり好きではないのと
いちいち並べるのもメンドウなので「能力」という表現を多用します。

この「能力」自体は基本的には全ての人に備わっていると思います。
人の基本的な機能として組み込まれているんじゃないかと思っています。

ただ、素質の違いというのはあります。
これは学力に高い低いがあったり、運動の得意な人とそうでない人が
いるのと同じ事だと思います。


私が「能力」を開発するのに一番安全で他人にお勧めできる方法は
「悟りとか覚醒とか呼ばれるような境地を目指すこと」です。
これは「我」を無くしていくと「大いなるエネルギー」が入ってくる、
とでも言いましょうか…
このやり方だけで能力を自覚出来るまでになるのは、
なかなかカンタンなことではありませんが…

「それじゃツマンナイ」という人は、
やはり何か行とか練習をした方が良いでしょう。

不思議なことに、「能力」があるからといって
その人が人格的に優れているのか、というと?なことが多いです。
行法などを行って「能力」を得ること自体は、それほど敷居の高いことでは
なさそうです。

また、私の経験では、能力者の自覚がなくても念が強い人を見かけます。


だからアタマの良い人が全て人格者であるとは限らないように、
「能力と人格は別」と思った方が良いと思います。


正直、波動感覚を身につけると「苦しいこと」が多いです。

ちょっと「嗅覚」で考えてみてください。
もし、あなたが犬みたいに並はずれた嗅覚をもったら耐えられますか?

道行く人の食べたニンニクの臭いとか、足の臭いとかおケツのニオイとかが
否応なく襲ってきますw

いずれ書くつもりですが、それと似たような覚悟は必要だと思います…

具体的な方法については次回に書きますね。

伝授系 

この分野に興味のある方ならご存知の方も多いと思いますが、
能力というのは伝授できます。

ネットの掲示板なんかでよく見かけますが、
霊能者の側にいたら自分も「見える」ようになった、という例も伝授の一種
だと思います。

これは波動の「共鳴」という性質を利用していると思います。
「強運な人の側にいれば自分もツイてくる」とかもそうみたいです。

意図的に行う伝授というのはもうちょっと複雑で、
パソコンのOSをインストールする行為に似ている気がします。


私は仙道をやって、全身に気を巡らすことはできたのですが、
生来の虚弱体質から「気のパワー」が強くならず、
また、社会人になって練習の時間がとれなくなったこともあり、
途中で挫折しました(^_^ゞ

日々の生活に疲れ、ただ生きるために消耗しきってしまう感じで、
オマケに気感が開発されて他人や霊的なものの悪影響を受けたりして
ホトホト困っておりました。

そんな私のエネルギー不足を補い、悪影響から守ってくれたのが
「伝授系」であり、「波動グッズ」だったんです。

私は「パーフェクトハーモニー研鑽会」(以下「PH会」と略します)と
いうところに最初に出会いました。
ちょっと金銭的にはかかりましたが、そこで何段階か伝授を受けたら
大分楽になってきました。

その後PH会以外の存在を知るところとなり、いくつか試しました。

コストパフォーマンス的には「超能力開発所」がオススメですね。
ここの「神通力」のCDはソフトウェア的に優れていて、かつ強力だと
思います。
「これの浄化をヨロシク」とかお願いすれば、良く世話をやいてくれる感じ
なので初心者向けです^^

「NER(ナチュラルエネルギーリサーチ)」というところも好きです。
私はここの製品は購入していませんが…(^_^ゞ
サイトがリニューアルしてから画面から感じる波動も様変わりしています。
ホームページのサンプル画像から出てくる波動だけでも私には充分
足りている感じです。
こんなにサービスしちゃっていいの?っていう感じですね^^
ここの製品はあまり他者に働きかけるようなことには向かないと思います。
なんというか「悟りへの階梯」みたいなものがエネルギー化された
印象です。

「レイキ」は有名ですけど私はよく知りません。
ネットで「シンボル」というのは見かけたことがありますが、
なかなか強力なパワーを感じました。

私なりに感じたイメージですが、
開発所は「神様的」でNERは「宇宙的」な感じ、
レイキは滑らかでキレイなんですが若干霊的な印象を受けます。
PH会はクセが無いというか特徴がつかみにくくて表現できません。

これはラジオに例えると放送局の違いと言うよりは、AM、FMといった
「搬送波」の違いに似て背景的なイメージです。


私なりに思う伝授系の注意点を述べますと、
水の流れに例えて「水源に近い上流ほど良い」のではないかと思います。

霊的に汚染された人達が子伝授、孫伝授を重ねていくと、霊的な影響が
「下流」にも及ぶことがあるみたいなんです。

なかなか判断が難しいことですが、
「完璧にキレイに」というのも難しいと思うので、
伝授を受ける場合には、「この人なら」と納得できることが
大事なんじゃないかと思います。


手軽にヒーリングや浄化を行ったりしたい人には開発所がオススメです。

PH会の「エネルギー」は自由度が高い分、使うのに多少の技術を
必要とします。

基本的な浄化(トリートメント)ひとつとっても
「エネルギーを入れる」とか「マイナス(邪気)を抜く」とか段取り毎に
イメージしながら行う必要があります。

車の運転のように、慣れてくると作業が半ば自動的になってきたり、
作業手順をプログラム化して、全自動にも出来たりします。

PH会は製品数が豊富ですが、「自分でイロイロ遊べる」楽しさも
あります。


他にも伝授系の業者さんはあると思いますが、思いついた範囲で書いて
みました。

波動グッズについてはまたいずれ…

ぬこに… 

ひとつお遊びネタを。

もう1年以上前になりますが、職場の事務所から外を眺めていたら
某電鉄の線路の上を1匹のニャンコが歩いていました。
黒っぽいトラ猫でした。

私が上から見下ろすかたちなので猫はこちらに気づいていません。
20m以上も離れているし、窓も閉まっていたから、
人の気配は伝わりにくかったと思います。

やがて真下を通り過ぎ、キン○マをこちらに向けて黙々と歩いています。

こういうシチュエーションで私はよくやるんですが、
おもむろに掌に気を溜めました。
両掌をソフトボールくらいの球を包む感じで丸めまして、「エネルギー」の
球を作ります。

このときのために「濃い」エネ球を作る練習をしていますw

以前、ある器具を使ってエネ球を高速回転させる実験をしたので、
その感じも加えてみました。

そして、猫めがけて・・・放つ。

「ビクッ」

猫は驚いてこちらを見上げましたw
さらに私をみて「ビクビクッ」としてました。
「何なんだ、そのリアクションは~」と思いました。
一体私がどのように見えたのでしょう?

すぐに向きを変えてまたスタスタと歩いていきましたが・・・

「エネルギー」ではこんなことも出来ます。
100%の再現は出来ませんが、犬とか鳥とか結構反応してくれます。

上達するには遊ぶことも大事だと思います。

相対的な見方、広い視野 

能力者はつい自分の経験を絶対視しやすいです。

それはリアルな感覚を伴っているからです。

何しろ自分自身で体験していることですから、
その能力者にとってはそれが真実なのは間違いないです。


ところが二人の能力者が同じ対象を見ていても意見が食い違うことがあります。

少し例え話をしますね。

体温が37℃の人がいます。
その人を36℃の人から見れば暖かいと感じますが、
38℃の人から見れば冷たく感じます。

この場合のそれぞれの「暖かい」「冷たい」という意見は、
意味は正反対なんですがどちらも正解です。


円柱がひとつあります。
この円柱を真上から見た人は「円形」だと言い、
真横から見た人は「四角形」だと言いますがどちらも正解です。


このようなお話からも分かるように、人それぞれの「視点」「立ち位置」
「切り口」によって見え方、感じ方は様々だと思います。


だから自分の経験だけを絶対視し、それを他人に押しつけるようなことは
しないように努力しようと私は思っています。

そういうワケで私は「良い、悪い」という表現よりは「好き、嫌い」という
書き方が多くなりますw

また、自分とは意見の異なる人を見かけたときにも、この「切り口の違い」を
考慮すれば尊重できることが多いです(*^-^*)

気と波動と「エネルギー」 

気という言葉はマンガにもよく使われるようになって、
世間にも浸透してきた感があります。

特に「ドラゴンボール」の影響は大きいと思います。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に良くまとまっていますね。

ちょっと引用します。
気(き)とは、中国思想の用語の一つ。一般的に気は不可視であり、流動的で運動し、作用をおこす。しかし、気は凝固して可視的な物質となり、万物を構成する要素ともなる。宇宙生成論や存在論で論じられた。』

私も「万物は気で出来ている」という説を支持したいです。
この場合の気を「質量」と表現している本もあるようです。

さらに、もう少し狭い意味での気というのがあります。
それは物質と精神の中間に位置するもの、という捉え方
です。

日本では気功で扱われる「人体を巡る生命力」のようなニュアンスが強いと
思います。

オカルト的な分野では、この狭い意味での気のうち、精神に近い、
比較的精妙なものが「エネルギー」と呼ばれているようです。

(「 」をつけるのは特にオカルト的な表現であることを意味づけていますw)

私が気を扱ってきた経験では、気はエネルギーのような性質と
「情報」の側面を合わせ持っている
と思います。

特にその、情報の側面を「波動」と呼ぶ人が多いですね。

厳格な理科系の方にはお叱りを受けそうな表現ばかりだと思います(-_-;)

まあ、言葉に関しては「辞書にないから間違い」とも言えるし、
「みんなが使うから辞書に加わる」ということもあるでしょう。

そんなワケでこのブログでは割とアバウトな感じで
「気」「エネルギー」「波動」という言葉は殆ど同じような意味で
使っていきたいと思います。

「なんか良くわかんないけど不思議なエネルギー」ですw

どうかご了承ください。

波動感覚とは 

波動感覚とは文字通り、波動を感じる感覚のことなんですが、
少し詳しく書いてみます。

私がこの感覚を身につけたのは高藤聡一郎さんという人が書いた
仙道の本にある行法を実践してからです。
この方面では「高藤本」は割とポピュラーですね^^

東洋的な思想では、あらゆるものは「気」で出来ていて、
独特のバイブレーション(振動)を放っているそうです。

磁石、花、人物、コンセント、御札、お守りなどに掌をかざして
感じてみなさい、なんて高藤本には書いてあります。

現代の科学でも物質を細分化して見ていったとき、
素粒子には粒子性と波動性があるなどと言われているようですが、
ソレが同じ「波動」なのかは分かりません。

ただ、私のヒーリングの経験からは、心の波動が気を介して物質に
影響を与えている気がしますので、関連性は高いと思います。

さて、気の感覚ですが、最初はサッパリ???でした。
仙道では毎日行法を行うのですが、学生時代は比較的時間がとれた
ので、毎日1時間程度、何年か地道に練習しました。

完全な独学だったので、それなりに確信が持てるまでには5年以上
かかったと思います。

我ながらよく根気が続いたと思いますが、
「高藤本」に書かれた仙人の世界はそれほど魅力的でした。
結局仙道は途中で挫折してしまったのですが、
「気の感覚とコントロール」だけはある程度身に付きました。

この、「手を触れずに感じる」という現象なんですが、
私の場合、最初は「人物」の、特に膝とか腰とかの「痛み」の感覚
なんかが分かりやすかったです。

だんだんコツつかめてくると人物以外でも分かるようになって
きました。

ネットでも波動グッズ屋さんの画面からは独特な綺麗な波動を
感じたり、普通のホームページでも作成者の想念みたいなものが
乗っているのが分かったりします。

私にはこの感覚というのは「~な感じ」という程度にしか
分からないです。
人の波動をみた場合は感情とか不調箇所までは読めたりします。

特に波動感覚と謳わなくても「見た目の雰囲気」で分かるケースも
ありますが、距離を隔てても分かる、ということを経験してきたので
波動感覚は「雰囲気」の延長上なんだと思います。

この感覚に言葉とか、視覚的なイメージまで伴って感じ取れる人が
霊能者と呼ばれるのではないでしょうか?

特にこの分野では人によって言葉の概念に違いがあったり
するのですが、
このブログでは「気の感覚」と「波動感覚」は殆ど同じ意味で
使いたいと思います。

「気と波動」についてはまた別の機会に…

名草の巨石群 

友人一人にしか知らせていないのに、ブログを開設してから早速訪れて
下さった方が結構おられたようでビックリしています。

ありがとうございます(*^-^*)

なかには「きめぇ!」なんて思われたかもしれませんが、
内容が内容なんで仕方ないですね(-_-;)

さて、波動グッズ屋さんの天照さんのブログによると
栃木県足利市にある「名草の巨石群」の波動が別格レベルで良い
とのこと。

調べたらなんと我が家から車で40~50分の距離なので早速行って
みました。

土曜日の夕方に1時間近く居ましたが人はまばらでした。
すれ違ったのが10人程度です。

身体が丈夫でない私には少々キツい参道でしたが
なんとか登れました。
下りのが膝にきますね(T-T)
三の鳥居

神社というのは鳥居の内側に入ると「別世界」な感じがします。
なんというか「空気が違う」ような印象です。
内側と外側で割とハッキリ分かれるので、
行ったり来たりすると波動感覚の練習になると思いますw
弁慶の割石

社殿

御供石

社殿からさらに奥に5分くらい行ったところに
巨石群があるのですが、
そこに向かう途中で、また更に空気の感じが変わりました。

私には涼やかで身体に染み渡るように感じます。
巨石


しばらくそこでウロウロしてましたw
石に腰掛けてみたり、持参したビー玉にその場のエネを封入して
みたりして、堪能させてもらいました^^

やはり神社や大自然の浄化力というのは圧倒的だと思います。
目に見えない、溜まった「何か」がキレイになった感じで、
とても良い場所を教えて頂きました。

自由な心 

どんなジャンルにも当てはまりそうですが、

「~は正しい、~は間違っている」とか
「~でなければならない」という思いが強くある人は
固定観念が強い気がします。

観念に縛られると「心が不自由」になるんじゃないかと
私は思います。

心が不自由な人が物事を「あるがまま」に見たり、「心のチカラ」を
使いこなすのは難しいとは思いませんか?

私の場合、こういった人に接すると頭部に独特の波動が
まとわりついてきます。
特に「独善」の類は、整髪料のような、
俗に言う加齢臭のような臭いを伴って感じます。

私もそろそろ加齢臭が気になるときがありますが(^_^ゞ
他人の臭いっていうのは違和感があって分かりやすいんですね。

波動は「差と違和感」で感じることが多いみたいです。

これを書いていて、昔読んだマンガに
「他人のウ○コがこんなに臭いとは思わなかった」
というセリフがあったのを思い出しましたが、至言だと思います(爆

この「心の自由さ」は「柔軟さ」と置き換えても良いと思いますが、
みなさんの「子供の頃の感覚」を思い出して頂ければピンとくるかも
しれません。

思い出してボーッと「浸る」だけでも多少は若返る効果があると
思います(*^-^*)

始めに申し上げておきたいこと 

私は自分の書いた内容が必ず正しいと断言するつもりはありません。

このブログの話題は世間一般では「デンパ」に分類されますw
自分なりに積み重ねてきたことに対しての自信というのは
持っているつもりですが、
科学的にはまだ解明されていないような内容ばかりですから
「話半分」で受け取ってください。

このブログに限らず、そういった情報を矛盾しないように
たくさん積み重ねていくとみなさん一人ひとりのなかに
「見えてくるもの」があると思います。


また、ここでお願いなんですが、私は敏感体質のせいで、
メールとか掲示板で言葉を交わそうとするときでも
お相手の影響を受けて苦しくなってしまうことがあります。

某匿名掲示板では「オレの方が上」みたいな人物にトラブルに
引きずり込まれたこともありますw

その関係で、ある程度のご質問・ご相談にはお答え出来るかも
しれませんが、返信を遠慮させて頂いたり、
場合によってはコメントを削除させて頂くケースも想定できます。

私自身の波動がもっと高ければ悪影響は受けないハズなんですが、
まだまだ未熟なものでご容赦くださいm(_ _)m

初めまして 

当ブログ管理人の時祭(φ)(ときまつり)と申します。

このブログのメインテーマは「不思議」ですw。

子供の頃にテレビでユリ・ゲラーを見たり、
漫画の「うしろの百太郎」を読んで、
不思議なことに興味を持ったのがきっかけです。

だいたいトシがばれますね(^_^ゞ

子供の頃は中岡俊哉さんか、つのだじろうさんの本くらいしか
参考になる本が無かったのですが、
だんだん大人になるにつれて情報が増えてきました。

雑誌「ムー」はいまだに健在ですね。
発刊当初は毎月買っていましたw

私自身、もとは「普通の人」だったのですが、
いろいろと実践していくうちに「気の感覚」「波動感覚」と
言われるものが分かってきまして、
それなりに不思議なことが出来るようになりました。

それによって世界観・価値観といったものが変わってきたのが
私にとって大きいです。

最初は子供っぽい超人願望から入りましたが、
だんだん開運、幸福とは何か?カルマとか悟りとか魂とは何か
といったところまで考えるようになりました。

最近ではネットの普及によって気軽に情報が発信できる時代に
なりました。

私なりに思うところを、特定の流派・思想にこだわることなく、
幅広いスタンスで語っていきたいと思います。

気とか波動といった観点から、みなさんの生活が少しでも快適になる
お手伝いが出来ればと思います。

一応「実践派」のつもりでいます。
単なる知識ではなく、自分なりに実験・実践したことから
思うこと、感じたことを書きたいです。

多くの方のご参考になれば幸いです。
よろしくお願い致しますm(_ _)m