FC2ブログ

オーラメーターを自作 

気・波動といったものを感知するための補助として
道具を使うことがあります。

ダウジングロッドとか振り子なんかは割とポピュラーですね。
私も振り子はよく使います。

開発所さんに良い説明がありますので
興味のある方は参考になさってください。

オーラメーターがどんなものかは「カメロン オーラメーター」で
検索してみてください。
写真とか説明が見つかると思います。

これの利点はダウジングロッドとか振り子よりも
「不思議を体験しやすい」ことだと思います。

気・波動と言われる「エネルギー」を検知したり、大きさを測るのに
威力を発揮します。

例えば波動グッズの「エネルギー」を測るときは、
オーラメーターを手に持って、
その先端を遠くからだんだん近づけていくと
「エネルギー」の「縁(へり)」に触れたとき、ググッと重さがかかります。

「ここから何かある」みたいな感覚を感じやすいんですね。

おそらく、自分のカラダ、潜在意識が感じていることが
無意識の身体反応として表れ、それがオーラメーターを持つことで増幅され、
分かりやすい現象になるんだと思います。

理屈はダウジングロッドや振り子と同じだと思いますが、
オーラメーターの方がストレートに、直感的に使えます。

そういう意味で気の感覚が良く分からない人も
コレを使えば分かるかもしれません。

なんというか昆虫の触覚みたいですねw

さらに応用の使い方として、
「イエス、ノー」の身体反応も得られますので、
振り子と同じような、潜在意識との対話もできます。

また、振り子は長時間使うと腕とか身体の筋肉が疲れるのですが、
オーラメーターは体勢的に疲れにくく、長時間使える、
というオマケつきですw

とまあ、良い事づくめのオーラメーターなんですが、
ひとつ弱点が…

値段も良すぎですね(爆

実は私は下の写真のような代用品を自作して使っています。
オーラメーター


これはホームセンターで買ったスプリングの両端に割り箸を
差し込んだだけのものですw
先端は一応ナイフで削って尖らせています。
(鉛筆削りがあればもっとカンタンです)

500円かからないシロモノですが、こんなものでも十分使えます。

正直、釣竿の穂先とか、ネコジャラシみたいな道端の草花なんかでも
使えます。
「しなる」ものでなくても、ただの棒切れでも使えると思います。

ただ、スプリングを使うと上下左右に前後の動きが加わるので、
一番ホンモノのオーラメーターに近い、
微妙な身体反応が表現されると思います。

興味のある方はお試しください^^

「エネルギー」の実用性 

健康食品なんかと同じように、
法的な問題もあって「~に効く」とは言えないのかもしれませんが、
ハッキリと具体的な結果が得られるような波動グッズ、
エネルギー製品というのは少ない気がします。

そんな中で、PH会のエネルギー製品は具体的で、
非常に細分化されていて面白いです。

私の経験上、
筋肉を緩める「パパベル」とか「アクセル拘縮筋」を使うようになってから、
筋肉痛とは殆ど無縁になりましたし、
花粉症関係の製品では症状がワンランク軽くなりました。
「アンチウィルス」のお陰で風邪をひいても軽症です。

PH会の故山岸初代会長は、もと薬剤師だったこともあり
とても客観的なエネルギー技術の積み重ねを行っていました。
その功績は偉大だと思います。

最近ではPH会もスピリチュアルな方面や美容関係の製品を作ったり
していますが、それはそれで面白いことです。

PH会に限った話ではありませんが、
「チャクラが開く」とか「本来の流れに乗る」とか
「大地に根ざす」とか「こころの殻を取る」とか言われても
こういった事に理解の無い人から見れば
「そんなのは気のせいだ」で片付けてしまうことも多いと思います。

なんでもかんでも神様や霊や「エネルギー」のせいにしてしまうような
「盲信」はイカンと思うのですが、
「不思議な現象」というのは体験を伴うことが大事だと思うんです。
あとはそれを客観的に受け止めること、ですね。

その意味でPH会の製品は、肉体の、特定の部分に
ピンポイントで作用するものが多いですから、
「不思議」の検証がしやすいと思います。

「波動グッズは万人に効くか?」の記事にも書きましたが、
残念ながら100%すべての人に効果があるとは言えないようです。
ただ、10%、20%でも、生活が「ワンランク」くらいは向上するならば
その実用性は大いに活用すべきだと私は思います。

超能力とか、不思議なチカラに対して
「一発逆転サヨナラ満塁ホームラン」的な期待を抱いている方も
おられるかと思いますが、
私の身の回りにある実態は割と地味~なものですw

病気かなと思ったり、
風邪が酷いときなんかは素直に医者に行くべきでしょうが、
自分で出来る病気予防や健康管理の手段として、
「エネルギー」の活用はとても有効だと思います。

大國魂(おおくにたま)神社、高尾山 

11日(日)はPurple.Cさんとパワースポットを散策しました。

私は人に関する波動をみるのは割と得意なんですが、
広範囲な土地の波動についてはまだまだ「言われてみれば…」という
レベルです。

今回はPurple.Cさんに案内して頂いたのですが、
風水的なエネルギーの流れなど詳しく説明してくれました。

おかげで良い経験ができました。

まずはJR府中本町駅近くにある大國魂神社へ…

日曜日、酉の市、七五三…
人が多かったです。
参道

随神門

随神門を入ってすぐのところでPurple.Cさんに示されたのは
参道を挟んで両脇にある「鶴石」「亀石」です。
鶴石

亀石

イキナリ凄いパワーなんで驚きました。
これだけでも群馬から出てきた甲斐があったと思わせるくらいですw
私は高い波動は清涼感に感じます。
写真にもその波動が乗っています。


拝殿に向かうにつれて空間のパワーの高まりを感じます。
拝殿

お参りを済ませるとPurple.Cさんは拝殿の裏の方へ私を誘います。

続いて歩いていくと、ますますパワーが強くなっていきました。
私は人がいるのにも構わず「うわー」と声をあげてしまいました(^_^;)

↓本殿に近いところです。
本殿わき

やはり神社というのは本殿の辺りが一番波動が強いみたいですね。

本殿の辺りは人気もなく静かな感じです。
↓裏にあった神木。これも大層なパワーです。
神木2

時間があればもっと長居したいところですね。
街中にこれほどのパワースポットがあるというのは驚きです。


さて、お次は高尾山です。

高尾山は天照さんのブログでも高評価なイヤシロチです。

まず案内されたのはリフトの駅の近くにある小さな滝です。
天照さんの記事にもありましたが、その通り、強力な波動を感じました。
リフト前の滝

天気はあまり良くなかったのですが、
休日の観光スポットはさすがに人が多いです。
門

山頂近くには薬王院という仏閣があります。
真言宗智山派の大本山なんだそうで
たくさんのお堂が立ち並ぶさまは独特の世界になっています。

仏教系にしてはやや明るい感じがあって良い雰囲気です。

また、「おかげ信仰」で拝まれる偶像・仏像は
波動的に良くないことがあるのですが、
私の感覚では、愛染堂以外は良い感じでした。

すべてをじっくり見たわけではありませんが、
八大龍王堂と具利伽羅堂の波動は特に良かった気がします。
八大龍王

具利伽羅堂の像は
ヨガで言う「クンダリニー」のシンボルのように見えます。
飛鳥昭雄さんだったら「生命の樹」の変形と見るでしょうか…
具利伽羅堂



さて、山頂に着きました。
山頂

Purple.Cさん曰く、
名草の巨石群の波動はリラックス効果が高く、
高尾山の波動は心ウキウキと高揚させる働きがあるとのこと。

私にはなんとなく、
山頂では下からエネルギーが湧き上がってくるような感覚がありましたので、
それと関係があるかもしれません。
山頂2

二人で石垣に腰掛けて、
Purple.Cさんはしばらくそこで瞑想をし、
私も簡単なエネルギーワークを行いました。

パワースポットは、ただそこにいるだけよりは、
気功や瞑想をすると普段より高い効果が得られるようです。


帰りの、下りのリフトからの眺めは素晴らしかったです。
(写真は失敗しましたw)

帰宅してから飲んだお酒は、いつもよりハイな酔い心地でしたw
私はいつもお酒を飲んでもただボーッとするだけのことが多いです。
やはり高尾山の波動の効能でしょうか…

楽しい散策でした。

とりあえず予告だけ(^_^ゞ 

更新が遅れてすみません。

今日は波動仲間のPさんと(笑)、
パワースポットを散策してきました。

近日中に写真を交えてご報告したいと思います。



Pさんって…やっぱ分かりますかねw

私のUFO目撃体験 

私は今から25年ほど前にUFOを目撃したことがあります。

ある晴れた日に、友人のO君とキャッチボールをしていたら、
O君が突然上を指差すんですね。
つられて上を見ると、ソレは飛んでいました。

私の上空、右側を、後方から前に向けて進んでいきます。

比較対照物がないので、
空を飛んでいるものの大きさとか速さというのはナカナカ分かりにくい
ものですが、
経験上、自衛隊の大きな飛行機が、
わりと低空を飛んでいく感覚に近かったです。

風船が強風で流れていくようなフワフワした感じではなく、
重厚な安定感のようなものを感じました。

それは、こんな形状です↓
UFOの絵

全体的に銀色で、赤い窓のような模様がついていて、
横に回転しながら飛んでいました。

これは天体や鳥か何かと見間違うとかいうレベルではなく
どう見ても人工的で、しかも(常識の範囲で)地球製とは思えません。
更には地球人類の科学力をはるかに超えています。


世にあるUFO情報の中で、私が一番リアルに感じているのは
飛鳥昭雄さんの説なんですが、氏の考えを交えて述べますと、

仮に、UFOを作った存在達がアメリカ的発想の持ち主だったとしたら
自国の利益のために、かつての「黒船来航」のように「力」で圧力を
かけてくるはずです。

あるいはまた、「ものごとは~でなければならない」という
独善的な考えを持つ存在であれば、
やはり「力」でもって干渉してくるはずです。
「俺たちが良くしてやる」と…

ところが実際には、そんな気配はありません。

飛鳥説によると、これの意味するところは、UFOを作った存在は、
「よほどのバカか、崇高な思想に基づく平和主義者のどちらか」
ということになります。
もちろん後者ですが…

それに私が付け加えるとすれば、
「地球人は関わりたくないほどDQN」なんでしょう(爆

これは、宇宙人とかシャンバラの住人とかヒマラヤ聖者とかに
共通したことではないかと思います。

「崇高な思想に基づく平和主義」の中身として、
進化した人ほど「我」というものが浄化されていて、
他人をドウコウしようとは思わなくなるんじゃないかという
気がします。

簡単には結論づけないでいた方が良いと思いますが、
ナカナカ考えさせられる問題です。

私もこんなブログを書いているうちは…トカ、オモッテミタリw