FC2ブログ

潜在意識について 

能力開発を目指す人は、潜在意識というものについて、
ある程度の知識を持っていた方が良いと思います。

まあ、能力開発や願望成就関係の本には「科学的な裏づけ」として
潜在意識や集合的無意識などの心理学的な説明が為されていることが
多いですから、そういった本を読んでいれば自然と知識は身につくでしょう。


潜在意識を活用するノウハウによって
不思議な力を実用的に使っている人もいると思います。

例えば「シルバ・メソッド」なんかが有名だと思うのですが、
「深い意識状態」に入ってイメージを使い、
自分や他人にヒーリングを行ったり、問題を解決する、
というような技術があります。
私は視覚的なイメージが苦手なので出来ませんでしたが…

振り子などの道具を使った「潜在意識との対話」もそうですね。

私は振り子やオーラメーターを使って「潜在意識との対話」を
行うことがありますが、
その際、道具の先端部分から「エネルギー」が迸ったりするのが
ときどき見えたりします。

潜在意識と「エネルギー」は連動している気がします。

なんというか「不思議世界」と心理学というのは
補完しあっているというか、両方知っておくと進歩が早い気がします。


「音による脳波コントロール」の記事にも書きましたが、
潜在意識を活用する際の注意点というかコツとして
「よく浄化しておいた方が良い」と思います。

「潜在意識を上手に活用すればなんでも願いが叶う」
という主張をよく見かけますが、
これは「潜在意識がキレイな状態であること」と
「潜在意識と同じ願いを持つ」という条件がそろっていることが
必要ではないかと私は思います。

潜在意識と上手く連携できない、という人は
潜在意識の、比較的「表層」に近い部分とか、
潜在意識そのものが歪んでいたり汚れている可能性があります。

そういうのは、例えば、お酒を飲むと判別できるようです。

泥酔して記憶が無くなっても、チャンと家に帰れる、
というのは潜在意識の働きですよね。

アルコールには表層意識を麻痺させる働きがあるようです。
「お酒を飲むと性格が変わる」人というのは
深い部分の問題点が浮き出てきた状態だと言えないでしょうか?

あるいはまた、
「悪夢にうなされることが多い」とか
「クルマを運転すると別人になるw」
というタイプの人は問題点を抱えている可能性が高いと思います。

潜在意識というのは扱いが難しいと思いますが、
気や「エネルギー」を使ってアプローチすると
比較的容易に改善できると思います。

とはいっても「火加減の大切さ」という記事にも書きましたが、
潜在意識に急激な変化を促すのは危険かもしれません。

時間をかけてじっくり行うべきでしょう。

全ては記録されている 

今回は以前に書いた「「エネルギー」の性質について2」という記事を
発展させたような内容です。


『ヒマラヤ聖者の生活探求』には不思議な話がいっぱいです。

何かの集会で、大師が、過去に起こった戦争の映像を
ゲストの人達に映し出してみせる、という場面がありました。

(これは「超常的な手段」を使っての話です。
この本は100年以上前に出版されたものです。
因みに日本でテレビ放送が始まったのは1953年だそうです)

私も一応「自称能力者」なのでw
その視点から考えてみますと、「有り得ること」だと思います。

「他人に映像を見せる」というのは
高藤本の「奇跡のスーパービジョン」にもありました。
相当なパワーを必要とするようですが…
私には出来ませんw
気を体感させるくらいならなんとか、というレベルです。


今回は「過去の情報を得る」という部分に注目します。

私がよく使う「ぬきたま」の技法では過去の情報がとれます。

故人のエネルギー体であるとか、
同じ人物であっても少年期とか青年期とか、
細かく見ることができます。

最近ではパワー掲示板の「波動感覚系」板でも、Purple.Cさんが
「マザーテレサが一番活動した時期の波動を呼び出して
見るとまた違った印象を受けます。」と書いています。


よく、「不思議エネルギー」は「時間と距離を超越している」と言われますが、
この情報って一体ドコから来るのでしょう?
能力者の「何か」がタイムマシンのように時間を跳躍して
過去を覗いているのでしょうか?


これについて、私の感覚では
「もとから全てがひとつにつながっている」と考えた方が
合点がいきやすいと思っています。
過去の情報も「今、ここに(手の届くところに)ある」という感覚です。


「エネ使い」は経験的に
微細な「エネルギー」であるほど沢山の情報が載ることを知っています。

「エネルギー」をプログラミングする方法のひとつに
「記録媒体的なエネルギー」に自分のワザを真似させる、
というやり方もあるんです。

その延長で考えて、もっと微細なレベルには「全て」が記録されている
と考えても良いのではないでしょうか?


だから「嘘はつかない方が良い」です。

世の中には「バレなければ何をしても良い」という考え方をする人が
多いと思いますが、全ては記録されています。

匿名掲示板で、尊敬や名声を得る為に他人を貶めたり、自演を繰り返す
「自称能力者」の行いも全て記録されています。
それ以前に「ホントに能力者?」と言いたくなりますがw

やたらにプライバシーを主張する人も要注意ですね。
全ては記録されています。

そしてまた、
「エネルギー」の世界に「個室」を作ったり「鍵」をかけたりはできません。
結界やコピーガード等の技術は存在しますが、完全には無理なようです。
PH会系の「/■。さん」や「かぼす姐さん」も同様のことを言っています。

記録されているのは「行動」だけでなく「心の動き」までも
含むと思います。

以前、「染み付く波動」という記事を書きましたが、
これなどは正に想念が記録されている、という事でもあります。


これをオソロシイと感じる人には早めの「方向転換」を
オススメしたいですね…

別に完璧である必要はないと思います。
完璧な人なんて滅多にはいないでしょう。
誰にでも、思い出すだけでも「うひゃー」と恥ずかしくなってしまうほどの
過去はあると思いますw
もちろん私にもあります。

これを否定しようとすればするほど「悪しき記録」は残るカラクリですね…
私は前向きに認めるように努めています。


自身の波動を高め、微細になっていくほどに「分かること」も増えていくと
思います。

今、太陽や地球の波動が上がってきています。
そこに住む人間も影響を受けるでしょう。
波動が上がれば「明らかになる」ことも増えてきます。

これは社会的な現象にも現れています。
昨今のニュースを見ていると様々な偽装や不祥事が
次々に露見しています。


「全ては記録されている」…
これはやはり「少数派」の考えでしょうが、
ぜひ皆さん、御一考ください。

二極化と加速 

以前からこのブログで書いていることですが、、
世の中の「流れ」を観察していると
やはり「二極化」と「加速」というのが大きなキーワードだと思います。

二極化について、以下のようなものはニュース等でよく目にする事柄です。


■経済格差

世間では一応は景気が良くなってきていると言われていまして
ボーナスの平均支給額が上がったとか報道されていますが、
片やネットカフェ難民の増加とかも話題になっています。

いくら平均が上がったといっても
少数の富裕層がたくさん取ってしまえば
貧困層は拡大する、という図式です。

森永卓郎さんという人が説く経済格差の話は有名みたいですね。

数年後には年収1億以上の1割の人と、
年収300万以下の残り9割の人に分かれる
というような内容です。

これは世界的な現象です。
もし世界が100人の村だったら」という分かりやすい話があるのですが、
6%の人間が全世界の富の59%を所有し、その6%は全員がアメリカ国籍
なんだそうです。

マイクロソフトのビル・ゲイツ1人の資産は
アメリカの、貧困層から数えて、全人口の約半数の資産合計と等しい
そうです。


■学力格差
これは私の、学習塾の講師を10年勤めた経験からも実感しています。
「医師不足に思うこと」の記事にも書きましたが、
やはり「ゆとり教育」の政策は大失敗だと感じました。

学力というよりは躾(しつけ)の問題かもしれませんが、
↓のような記事を見かけるにつけ、加速してるなぁ、と感じます。
痛いニュース(ノ∀`):「八つ」を「はちつ」と読む4年生・・・小学生の国語力低下、教師9割が実感
痛いニュース(ノ∀`):【mixi】“ゴキブリラーメン”書き込み騒動で、バーミヤン激怒…問題の大学生の父親「あいつ、また何かやったのか…」


■モラル格差
ちょっと小見出しの表現に悩みましたが、
人の道徳心にも格差が生じていると思います。

ここ最近、銃の乱射とか刃物で刺される、切られるなどのニュースが
やたら多いです。

また、飲食店バイトの「テラ豚丼」とか「ゴキブリ揚げ」事件もそうですが、
様々な偽装が明らかになったりと、そんな話題も多いです。


「痛いニュース」とかの掲示板は本質を突いた意見もあって
結構好きなんですが、こういった事柄に対して、
「世の中にはなんて悪いヤツが多いんだ!」と怒ったり
「なんというオロカ者だ!」と見下したりする人が多いと思います。

しかし、あくまでも「事実を事実として受け止める」だけにしておくことが
大事なんじゃないかと私は思います。

ネガティブな思考・感情は波動的に良くないし、
自分の血液の中に毒を発生させるようです。
怒ってばかりの人は肝臓(解毒)に負担がかかるようですね。

また、「人を裁く」ということは自分を他人よりも上に位置づける行為です。
世の中に、他人を裁けるほどの真に高潔な人物が
果たしてどれ位いるでしょう?

私だってそれなりにワルいことはやってますw

飛鳥昭雄さんは「どれだけ身を低く出来るかが「次の世界」へ行ける鍵だ」と
どこかで書いていたと思いますが、私も同様な意見です。


とりあえず三つ例を挙げましたが、
まだまだ視点によってたくさんの「二極化」「加速」の事例があると
思います。

私の「不思議」の視点からは、
「モノに囚われる人と霊的なものを大事にする人」の二極化、
「太陽と地球の波動上昇」の加速、
それらに伴う「能力者の増加」の加速、を挙げたいと思います。


「加速」は「比例」のような直線的な変化ではなく
二次関数の曲線です。

地球の温暖化では「予想よりも早い」という報道があったりします。

実際、ニュースの紙面を飾るのは物騒な話題が多いですが、
「二極化」というからには「好ましい出来事」もあるハズです。

なるべくなら、その「良き事」に心を向けて
「良き加速の流れ」に乗りたいものです。

「能力者」もドンドン増えて欲しいなぁ、と思います^^

伝授に関する考察2 

さて、次に
「伝授によって本来の自分の能力に制限は受けるか?」という点について
考えてみたいと思います。

あくまで私個人の考えなので、
それが真実かどうかは「話半分」でお願いしたいのですがw

一口に伝授系と言っても大きく二つのタイプがあるようです。

ひとつには「霊的な存在からエネルギーの供給を受けるタイプ」があります。

これはナントカ如来様であるとか、カントカの神様とかいった存在と
エネルギー的なパイプでつながることによって
エネルギーの供給を受けることが出来ます。

もうひとつは純粋に、
「そこいらの空間に無限に存在する「エネルギー」を扱えるようにするタイプ」
があると思います。

PH会は基本的に後者だと思います。
(故山岸会長が能力者になった経緯が『超能力から能力へ』に書かれています)
ただ、PH会が使う「TDE」というエネルギーは
純粋な「宇宙エネルギー」とも微妙に波動が異なる気がします。

なんらかの霊的存在が関わっている(○○如来)という噂を
私は聞いたことがありますし、
Purple.Cさんは「神道的なエネルギー」だと言っていました。

エネルギーになんらかの機能が加わっている、
と捉えるべきかもしれませんが、
真偽のほどは分かりません。


さて、
「伝授によって本来の自分の能力に制限は受けるか?」
という点についてですが、
私が推したものに関しては問題ないと思っています。

私は、波動というのは、高くなるほど自由度が高くなり、
「○○は~でなければならない」といった観念・束縛を
超えていくと思っています。

伝授系のエネルギーそのものは基本的に高く、精妙な波動ですので
ネガティブな足かせには成り得ないと思います。

実際、私はPH会のエネルギーだけでなく、開発所、NERのエネルギーも
自分のエネルギー体に組み込んで利用していますが、
キレイに調和して作用していると思います。
(多少カスタマイズが必要な場合もありましたが)
使い分けも自在です。

まだやったことはありませんが、
問題が生じれば「アンインストール」出来ると思いますし。

むしろ問題なのは前の記事に書いた「霊的な汚染」を被ったときでしょう。

私の経験上、一番「無色無臭」に感じたのはPH会のエネルギーです。

私自身、最終的には「本来の完全な自分」を目指していますので、
何か新しい問題が浮かんだ時にはご報告したいと思います。

伝授に関する考察 

以前、「伝授系」という記事を書きましたが、
ご質問のコメントを頂きましたので、
今回はそれにお答えする内容の記事を書きたいと思います。

そもそも、
「霊的に汚染された人達が子伝授、孫伝授を重ねていくと、霊的な影響が
下流にも及ぶことがあるみたいなんです」
という話は、私の、信頼の置ける霊能者の方から聞いたのが始まりです。
(その方とはもう連絡が絶えて久しいですが…)

そのことについて、私の経験を交えた考察を以下に述べます。

私は、PH会で故山岸会長から「エルビードヌエボ」の伝授を受けて、
二代目の仁井本(にいもと)会長から「プライマリー」の伝授を受けました。

「プライマリー伝授」を受けた当初は掌から「エネルギー」が噴出しまくり、
ものすごいパワーを実感できたのですが、
後日、スタッフの方が語るところによれば
仁井本会長の伝授は故山岸会長のものよりパワフルだとのことでした。

それはつまり、伝授する人の特徴も混ざってしまうという可能性を意味します。

また、伝授という行為に限らず、
同じPH会の能力伝授を受けた人が出す「エネルギー」には
その人特有の「音色」が混ざるということを
私は古いPH会報か何かで読んだ記憶があります。

その「音色」というのは「優しい感じ」であるとか
「鋭い感じ」であるとか、私でもその程度の区別はつきますが
実際にはもっと多くの要素が混ざっているかもしれません。

伝授というのは、受ける人のエネルギー体に操作を加える行為です。
また、伝授を行う人と受ける人がエネルギー的、霊的につながる行為でも
あります。

受ける側は、伝授してくれる人を信頼して
「自分の中に立ち入る許可」を与えるワケですが、
ソレを逆手にとって「良からぬ細工」をされないとも限りません。

まあ、一般に出回っている伝授系の「エネルギー」そのものは
それなりに高い波動なので、悪意に基づくプログラムは組み込みにくいとは
思います。

ただ、エネルギー的、霊的につながってしまうと
伝授以外の交流もあるワケで、そこが難しいところですね。
他に良くないモノを持っている人につながるとそれすらも貰ってしまいます。

伝授系の「エネルギー」を使える人でも
良くないモノに「憑かれる」ことはありえます。
私もたまに憑かれますからw

だから、運が悪いとタチの悪い憑き物とのパイプが出来てしまい
悪影響を受けるようです。

私の考えでは、レベルの高い人ほど、
他人を自分の思い通りにしようとは思わなくなるのではないかと思います。
「私のUFO目撃体験」の項を参照ください)

現実の世界でもそうだと思いますが、
あまり程度が良くないと思われる人間ほど「縄張り意識」が強いと
思います。

他人を支配下に置きたがる、というのもそうですね。
「守ってやるかわりに「みかじめ料」をよこせ」
というのが暴力団のやり方ですが、
霊的な世界にも同様のことがあるようです。

そういうのに限ってしつこく付きまとってくるのは想像に難くないです。


では実際に、どのような悪影響があるのか?ということなんですが…

カンタンに言いますと、
自分よりも汚れたエネルギー体の持ち主から伝授を受けた場合、
自分のエネルギー体が汚される可能性が大きいです。

それによって体調が悪くなったり、
性格や嗜好、思考パターンが変わる恐れがあります。

「そんなことが…」とお思いになるかもしれませんが、
肉体レベルの話でも、科学的に解明されてはいませんが、
臓器の移植や輸血で性格が変わったりする、
という話を聞いたことがあります。
私は日常、様々な波動に触れている経験からも、
それは大いに有り得ると思います。

霊的にダメージを受けた場合には
浄化とヒーリングを地道に行うしかないと思います。
回復期間は症状によって様々です。

一晩寝れば治ることもあるし、
波動グッズやエネルギー製品を使って回復できることもあるし、
イヤシロチ、パワースポットの力を借りてようやく解決できることもあるし、
聖霊の神様に助けていただくこともあるし、
一生かかっても無理なケースもあるかもしれません。


私がPH会に入会したときには、まだ波動感覚が未熟で、
当然「ぬきたま」は知らなかったワケで、
入会はひとつの「賭け」でしたw
まあ、「縁があった」ということでしょうね。

「ぬきたま」を覚えてからは遠隔で波動が見れるようになったのですが、
能力伝授を売り物にしている業者、団体の波動を調べると、
結構良からぬところもあるようです。

それは、例えて言うなら
髪の毛が無い人が「毛生え薬」を売っているようであり
肥満体の人が「痩せ薬」を売っているようでもありますw

「その能力や製品の効能書きがホンモノなら、
もうちょっとキレイなエネルギー体をしていても良いんじゃないか?」
と言いたくなるようなところが実際にあります。

過度のストレスが魂レベルまで侵食していて非常に苦しかったり、
欲の波動がビンビンだったりw
「こんなに優秀なオレ様ってどーよ?」的なナルシストな波動だったり(爆
そんなのを伝授されたらタマランですよw


では、そういった被害を受けない為にはどうしたらよいか?
ということなんですが…

やはり伝授してくれる人を厳選すべきでしょう。

現実世界における「川の流れ」と同じように
「水源に近い上流であるほど水は綺麗」という理屈になります。

私は全てを調べ尽くしたワケではありませんので、
一般論を書いておきますと、

自ら浄化を良く行っていて、「不純物」の少ない人から伝授を受けるべき
でしょう。
そういう人にめぐり合える「縁」があるかどうかは
その人自信の波動によると思います。

まあ、そもそも100%完璧というのは有り得ない気がします。
総合的に判断して、
「この人の伝授だったら多少マイナスがあったとしても悔いは無い」
という納得が必要だと思います。

続きます…

噂と真実 

私は殆ど毎週、名草の巨石群にお世話になっているのですが、
もうちょっと他にも近場で良いところはないかいな?と
情報を集めています。

先日、とあるサイトで、
職場に程近い神社がパワースポットとして紹介されているのを
発見しました。
評価も高いようです。

で、ちょっと行ってみました。

名前を挙げるのは控えておきます。
国道50号から少し入ったところにある神社です。

小ぢんまりとした神社でしたが、歴史を感じさせるところでした。
夕方だったせいもあり、人気(ひとけ)も無く、鬱蒼としていました。


一応、いくつかあるお社はすべて拝見しましたが、
波動的には、なーんか重苦しいような、硬直したような、
時間が止まったような、そんな印象で、
イマイチ魅力を感じませんでした。

清々しさ、爽やかさが無いんですね。
掃除は行き届いていましたが…

そのサイトの紹介記事によると
近くに「神様が降り立った」とされる巨石が近くにあるそうなので
折角だからと探してみました。

ところが、神社入り口のところに案内図みたいなのがあったのですが
とてもアバウトで、少し歩き回ってみましたが見つかりませんでした。

で、探すのは諦めて帰宅したんですが、
なんか「おみやげ」を拾ってたみたいです(^_^ゞ
そのときには自覚が無かったのですが…

その日は、寝入りばなに何故か、
数人の年寄りの映像が浮かんできました。

マンガ「釣りキチ三平」に出てくる一平じいさんのようなイメージです。
(知ってる人は少ないかなw)
時代劇に出てくる農民のような格好です。

そのときも気にせずにそのまま寝てしまいました…

翌日は市内の山を少し歩いたりしてみたのですが、
沢山のドングリで足を滑らせて尻餅をついたり(しかも2回も)、
左手も痛めました。
クルマの運転でも妙に渋滞が多かったり、
ちょっと危ない目にあったり、
さらに翌日、職場でも何故か要らぬゴタゴタが起こったり、と
妙に「雑音」が多くなりました。

そこまできて「なんか憑いてるかも」と思いましたw
私の通常の「憑かれる」感覚とはちょっと違っていたのもありまして、
気づくのに時間がかかりました。

私なりに対処して、不調は解消されてきましたが、
どうもその神社が原因だった可能性が高いです。

だからと言って、その神社を紹介した方が悪いとか間違っている
ということにはなりません。
その方にとっては自分の評価が真実なんでしょうから。


最近、「AのサイトとBのサイトのどちらを信じたら良いのでしょうか?」
みたいな話を見かけましたが、
大事なことは自分で確かめることだと思います。

波動感覚に自信がない方は、その場で前屈してみてください。
いつもよりカラダが柔らかくなるようなら、
そこはあなたにとってプラスになる場所です。

「精神世界の鉄人」トーマさんが、
この「身体反応」を利用したキネシオロジーについて
分かりやすく語ってくれています↓
http://www.tomaatlas.com/lib129.htm

一般的には「タバコは毒」なんですが、
中には「タバコはカラダに良い」という反応を示す人もいたりするようです。


何しろ、噂話というのはそれが真実かどうかは別問題です。
多数決が真実を示すとも限りません。

特に日本人というのは噂話や権威に弱いというか
操られやすい民族のようですので…

このブログを始めたころにも書きましたが、
こういった話は「話半分」くらいに捉えておいて、
あとは自分で経験して、客観的な事実だけを積み重ねていくことが
大事だと思います。

また、自分とは異なる見解を持つ人に対しても、
それを尊重して、矛盾しない答えを探していくと、
さらに「先」に進めることがあります。

そうやって「教科書に無い世界」を開拓していくことが
私の楽しみです^^