FC2ブログ

最近気になった記事(2008年2月分まとめ) 

酒は憂さ晴らしに逆効果、東大教授ら- 社会ニュース

アルコールは記憶力を低下させるが、それは覚える段階だけで、いったん覚えたものを思い出して記憶に固定していく段階では、逆に記憶を強める効果があるらしい。

死後の世界 - 精神世界の鉄人

トーマさんと霊能者の江原さんが同じ霊を見ていた、という部分が
とても意義のあることだと思います。

飛鳥情報が更新されました。

・筆取前話
「月刊ムー/6月号」(5月9日発行)の付録漫画のテーマは
“フォトンベルト”だそうです。

・浪漫サイエンス(UFO)
大槻教授は女性視聴者に嫌われている…
全般的にTV業界は女性にしかターゲットを絞っていない…
いくら面白いUFO番組を企画しても、そこに美系のエイリアン等が登場する等、女性の興味を持たない情報は番組として価値が薄い…

…なんか「業界ウラ話」みたいになってますねw

ASKAZEERA: ■第71話 中国の狙い!!

農水省が輸入小麦を30%引き上げ - 社会ニュース

↑日本ではあまり報道されていませんが、オーストラリアの干ばつは
深刻みたいですね。

ついに地球と人類の<浄化>が始まった

2007年以降に、世界中が<食料・水>確保戦争に走る

「フォトン・ベルト レポート」は
いつも「ついに本格的な~が始まった!」みたいな表現が多いですねw
あくまでも参考程度に…

復習の時間 - 宇宙NOW!

我々は出来ない事を要求してはいない、人生を喜びと感じて欲しいだけだ…

教室二時間目・・・・ミカエル - 宇宙NOW!

何故か今日はすっきりとしない、理由は分からないがモヤモヤとしてイライラしている
それならば「イライラすれば?いいんじゃない?」と肯定してみる・・・
こう考えるだけでイライラは五分で消え去る
つまり、ネガティブからの脱出が可能になる、いち早く・・・

教室1時間目・・・・ミカエル - 宇宙NOW!

静寂は思考力の強化をもたらす・・・

07年の生鮮野菜輸入が前年比25・5%減 - 社会ニュース

最後の2行にさりげなくスゴイことが書かれていますw

高まるパンデミック・フルー(感染爆発)の危険性

鳥インフルエンザに関する情報です。

ASKAZEERA: ■第69話 今さら中国食品で大慌て?

飛鳥昭雄公式サイト

・ロマン・サイエンス
超能力とプラズマの関係は興味深いです。

・アスカジーラ支局
「日教組による韓国への土下座旅行」

神我はどこに… 

日々、模索が続いております。

ネットで「神我」という言葉で検索をかけると様々なサイトが出てきますね。
神我について語るサイトの多くが、何らかの団体であったりするようです。

自分たちの団体の教義を正当化し、権威づけるために
神我という言葉を都合よく利用しているに過ぎないような、
そんな疑念を持ちたくなるケースもあります。

「神我」を語っている人の中で、
本当に体得できている人は果たしてどのくらいいるでしょうか?
まあ私も含めてのことですが(^_^ゞ

本当に神我を掌握しているならば、ヒマラヤ聖者と同じ奇跡が起こせるはず…
そのくらいの基準で考えていれば、騙されることは少ないでしょうw

鵜呑みにはできなくても、参考になる文章はあります。

仙道の小野田大蔵さんの著作には
「神我を探す行為は自分がかけているメガネを探すことに似ている」
というようなことが書かれていました。

ちょっとした謎かけですが、これに似たような話があります。

例えば、チャネリング関係のサイトで読んだのですが、
自分の頭の中に浮かんだ「考え」とか「心のひとりごと」みたいなものの中には
実は目に見えない存在からのメッセージが含まれていることがあるようです。

これは私の波動感覚においても思い当たるフシがありまして、
頭痛とか、痛みを感じたときに、
「これは本当に自分の痛みだろうか?誰かの痛みに共鳴してるんじゃなかろうか?」
と考え込んでしまうこともしばしばで、
近くにいる人達に「誰か頭痛くない?」とか聞いて、
確認したこともありました(爆
回数をこなしてだんだん区別がつくようになってきましたが
まだ完全ではありません(T_T)

「神我は自分の中にある」

これは間違いないと思います。
(当たり前かw)

最近、文字波動で実験してみました。

(○○○○(人名)の自我→神我に転換)×無限回数

私の場合、自分が「自分」を感じる場所は眉間の奥にあるのですが、
(胸という人もいます)
そこを中心に素晴らしい波動が広がりました。
ヘタな波動グッズに勝ります。

興味のある方はお試しください。

魔法の杖 

ちょっと面白い占いアイテムをご紹介します。
タイトルにも書きました「魔法の杖」です。

大きめの書店なら、「占い」のコーナーにあると思います。
私は1890円の大判を買いましたが、966円の小型版もあります。
「恋に効く」とか「心に効く」とかの続編もあるようですが
「元祖」だけで十分な気がしますw

ネットで検索をかける人は著者名の「鏡リュウジ」を加えると
良いです。


この「魔法の杖」は「書物占い」というジャンルらしいです。
「問いを発して本を開くと、そこに答えが書いてある」という
方式です。

私は以前にも、手相家の西谷泰人さんの
「守護霊が持てる本」で同じような経験がありました。

新書判なんですけど、たくさんの「守護霊メッセージ」が本の半分くらい、
1ページにつき1件ずつ書かれていまして、
「今の自分に相応しいメッセージをください」とお願いしながら開くと、
本当にタイムリーなお話が出てくるんです。

そういう前例を知っていたので、これはイケル、と思って購入しました。
去年の春頃から使っていますが結果は上々です^^

タロットにも似ていますが、
「魔法の杖」の長所はイエス、ノーがとてもハッキリしている点です。

っていうか、イエスかノーで答えられる質問をするのが
基本ルールですw

振り子などを使った占いだと
どうしても「この答えには自分の希望が入ってるんじゃないか?」
という心配がついてまわるのですが、
この「魔法の杖」にはそういうリスクが少ないと思います。

しかも特別な知識や技術を必要としないので誰にでも簡単に使えるところが
(・∀・)イイ です!

無料で「魔法の杖」が試せるHPです↓
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/oracle-top.htm


占いを実用するコツは「場を取ること」と「問いかけ」です。
「不思議研究所と占い」の記事をご参照ください)

「魔法の杖」の使い方の工夫として
質問と答えをすべて記録にとっていくと良いと思います。
(面倒な作業ではありますが)

そうしていくと、矛盾の無い展開になっているかがチェック出来ますので
上手に「対話」が出来ているかどうかが分かります。

また、的中率を上げるには
自身の、特に潜在意識の浄化が必要な気がします。
透明度が高いほど「あるがまま」が写ると思いますので…


誰でも手軽に体験できる「不思議」のひとつが占いです。
占いで、明らかに偶然とは思えない的中率が得られるようになると
「何故これほど当たるのか?」という疑問がわくと思います。

私は様々な「不思議」を通じて
「この宇宙は無限の知性あるエネルギーに満ちている」
「全てはひとつにつながっている」
「父なる神は必要なものは全て与えてくれる」
というようなことが「確信」になってきています。


そんなワケで「魔法の杖」、オススメです(*^-^*)

「不調和→調和に転換」 

「効果を実感しやすい文字波動とは?」という記事のコメントにも
書いたのですが、
私は「不調和→調和に転換」という文字波動式を愛用しています。

文字波動の優れた効果を体験できる式だと思います。

↓使い方はこんな感じです。

(○○○○(人名)の△△(不調箇所)の不調和→調和に転換)×無限回数

私は主に肉体、エネルギー体の不調を治すのに使っていますが、
人間関係とか、性格の改善とか、様々な応用が考えられます。


ヒマラヤ関係の本を読んでいると
物事を「分離」させる考え方は不完全な自我によるもので、
「一体化」は「父なる神」の方向性だということを学びます。
(「父なる神」については「神とは」の記事を参照ください)

だから、「調和」とは「父なる神」と同じ方向性なので、
個人の枠(カルマによる限界)を超えた力が働く気がしています。
波動が高いということなんだと思います。

世間では病を敵とみなし、「病気と闘う」という言い方がよくなされますが、
この、「調和」によって病気や怪我が改善される、という考え方も
ゼヒ体験し、知っていただきたいと思います。

武術の世界にもヒントがあります。
「相手と一体化することで相手をコントロールする」
というような技術があるようですね。

相手に貼り付いて相手と一体化してしまえば
相手は「自分自身」を攻撃することは出来ない、
というような話を聞いたことがあります。

また、「調和」や「転換」は「チカラ押し」ではないところも
私は気に入っています。

ここ最近は、

(○○○○(人名)が感じる全ての不調和→調和に転換)×無限回数

という文字波動式を実験中ですが、
汎用性が高い分、効果は薄いようです(^_^;)

「エネルギー」の数値化 

パワー掲示板にも書きましたが、ちょっと面白いテーマですね。
こちらにも若干修正・加筆して書きたいと思います。

波動の数値化というのは可能だと思います。
一番ポピュラーなのは振り子を使う方法でしょう。
超能力開発所さん「振り子ダウジング法」の項にも説明があります。

また、何段階かの「波動サンプル」を用意して
どれと共鳴するかで調べるやり方もあるようです。

私も人物の「エネルギー体」の大きさをみて大体何センチとか何メートルとか
言ったりしますが、定規を使えば5cm単位くらいにはなりそうですw
数十メートルにもなる場合には、両掌を50cmくらいに広げて
「これを100mとした場合、どうか?」という「縮尺」ができます。

つまり、自分でルールを決めて測ることが可能なんですね。

だから「愛情度」とかの項目を作り、「50cm幅を100点満点とする」と
設定して「エネルギー」の大きさを測ったり、というのは出来るはずです。

ただ、これは能力者の主観によるところが大きいと思います。

「相対的な見方、広い視野」の記事でも書きましたが
相対的な世界なので、二人の能力者が同じものを測っても
異なる結果がでることはあるでしょう。

霊の認識度についてもそれは言えます。
「誰にでも20~30体の霊は憑いている」という霊能者もいます。
これは「ご先祖の霊とつながっている」というニュアンスが大きい気も
しますが。

私が以前、その霊能者の団体で救霊(いわゆる除霊)を受けたときには
私の中から何十体もの霊が浮き出てきて、救われていったのを体感して
います。

そもそも人間自身が霊的な生き物です。
霊が肉体をまとった存在です。
先祖の霊は血液とか背骨と関わりがありそうですが
詳しいことはまだ良く分かりません。

霊とは何か?ということ自体、まだまだ明確ではないのですが
過去に生きていた人間の総数を考慮しても、
相当な数の霊がいても不思議ではありません。

波動感覚がある人には霊的存在を感じるのは「日常」ですし、
人はたくさんの霊的存在と関わりを持って生きていると思います。

そんな中で、私の見立てでは、誰でも2~3体くらいは「問題のある霊」は
抱えているんじゃないでしょうか。
それが「「普通」は正しいか?」という記事に書いた現実につながっていると
思うんです。

「波動の法則」からすると、霊的に問題があるということは
本人にも問題がある、ということでもあります。
自分に共鳴するから憑くわけで…
それは私とて例外ではありません。

同じようなお話を「「憑かれる」ということ」という記事にも書きましたが
地道に自分の波動を改善していけば、霊的な問題も改善されると思います。


ちょっと話が逸れましたが、「エネルギー」の数値化というのは
あくまでもその能力者個人のモノサシによるものです。
ですから、複数の能力者が同じことを言うならば信憑性は増すでしょう。
しかし、多数決が正しいとも限らないのがこの世界です。

結局、あまり数値に囚われず「参考程度」というのが良い気がします。