FC2ブログ

姿勢による能力開発 

20日の記事の最後の方に、「重心を低めに」とか書きましたが、
今回は「姿勢」について書いてみたいと思います。

もともと私は姿勢は悪かった方です。

30歳くらいまで、いつも「ねこ背」のような、
「うつむいた」感じだったと思います。

仙道とか気功でも姿勢は大事ですから、
それなりに歪みをとる方法とか実践していたのですが、
全然足りていなかったみたいです(^_^ゞ

独学の場合、そういうところが難しいですね…

私の場合、中学生の頃に背中を痛めてしまい、
年に数回、それが再発するような状況なんですが、
どうしたらソレが軽減するか、工夫を重ねるうちに
「背筋を伸ばす(ぶらさがり健康法)」
「胸を張る」
「重心を低めに」
「腰から動く」
みたいなことが、段々と身についてきました。

持病もまた、私にとっては「良き教師」ですねw


私が姿勢の重要性を学ばせてもらったノウハウのひとつに
「肥田式強健術」があります。

私が初めてこれを知ったのは、もう20年くらい前で、
学研の「鉄人を創る肥田式強健術」という本で見たのが最初です。

この本の著者にはイロイロと噂がありますが、
そこに書かれていた肥田春充氏の超人的な逸話は
とても興味深いものでした。
2chの武道・武芸板にもスレッドがあって、少し書かれていますね。


私が肥田春充氏を「ぬきたま」してみた感じでは
エネルギー体が直径で50mくらいに感じまして、
その全体像に同調すると、全てがピタッと停止するような
不思議な感覚になります。

私の「ぬきたま」における、一般的な「能力者」の印象は「流動感」でして
この違いはどこからくるのか、今のところちょっと???ですが
肥田氏がタダモノではないことは間違いないと思います(笑


私も何冊か肥田式の本やビデオを購入して実践した時期があります。
筋力アップなど、ある程度の効果は実感できました。

本には丹田の位置であるとか、非常に細かい説明がなされていましたが、
私にはなんとなく万人向けではないような印象があります。

それは肥田氏と同等の後継者が出ていないことからも推察できます。


それでも本に書かれている「腰腹同量の力」には
何か「鍵」があるのではないかと私は思います。

背筋をまっすぐにし、腹と腰に同じくらいの力が入るようにして、
「ある角度」がピタッと決まると、なんというか無駄な思考が止まるような、
「無」の体感というか、確かにそんな感覚が私にも実感できます。


今は20年前と比べてネットには良い情報が溢れています。
肥田式実践者の参考になりそうな話とか、探せば出てきそうですね。


私は基本的には「霊主体従」の思想を主としていますが、
姿勢と心には密接な関係が、確かにあると思います。

「即効性」という面においては「姿勢から入る」のも面白いです。



今、続きを書いているところなんですが、
ちょっと長くなってしまいますので
一旦、ここで一区切りしたいと思います。

最近気になった記事(H20.7-1) 

適度な食事制限は遺伝子の傷治す…ラット実験(毎日新聞)

水鏡(波動感覚についての考察) 

波動感覚については初期(昨年6月)の記事に結構書いてきましたが、
他にも少し思いつくことを書きたいと思います。

ひと言にまとめると「水鏡」です。

「水鏡」とは、Yahoo!の辞書に、
「水がありのままに物の姿を映すように、物事をよく観察して
 その真情を見抜き…」
とありますが、その感覚に近いと思います。

「ありのままに」というのが大事です。
先入観、思い込みがあってはイケマセン。

波動が良く分からないという人は
「知識」に洗脳され、「思い込み」になっている可能性が高い
と思います。

「教科書に載っていることが正しいとは限らない」
「多数決が正しいとは限らない」
「安易に善悪を判じない」等々

コレに関しては若い人ほど有利だと思います。
「不思議」が大好きな人は、それだけで素質があると思いますが^^

また、水鏡の特徴として
考え事や感情の起伏などで「水面」が波立ってしまうと
正しく「像」は映らない
、ということがあります。

「耳を澄ます」のと同じような感覚で、
「心を澄ます」ような、「リラックスと集中」を同時に行うような
そんな感覚が大事な気がします。


この、リラックスと集中を同時に行うような練習として
呼吸法はとても有効です。

呼吸をコントロールすることによって
意識をコントロール出来るからですね。

例えば、リラックスが目的であるならば
「短く吸って、細く長く吐く」呼吸をすれば良いワケです。
また同時に「呼吸に集中」していることにもなります。


仙道や気功法には、そういった効能が
実に合理的に組み込まれていると思います。

呼吸法を併用しながら、
「気」を意識でもって身体の経絡に沿って巡らせ、
特定の場所には長めに、軽く意識をかける…

私は学生時代に仙道を毎日練習していましたが、
これによって、心と肉体の「つながり度」というか
「連携度」「シンクロ度」みたいなものが上がった気がします。

私は手を使わずに頭皮が動くようになりました(笑
(高藤本にも同じ記述があります)

皆さんの身近にも「耳が動かせる人」とかいると思うのですが、
仙道や気功法、ヨガなどを行っていると
いわゆる「不随意筋」もコントロール出来るようになるみたいです。

達人クラスになると、呼吸や心拍数が
有り得ないくらい少なく出来るそうですね。

まあ、私のは宴会芸にもならないくらいのシロモノですが、
人に見せるとケッコウ驚かれますw

そうやって「気のコントロール」を行い、
意識と気(エネルギー)と肉体(物質)の連携を強化することによって
人が本来持っている能力が開発されるようです。

私が有効な能力開発法に仙道(小周天)を挙げるのは
そのような理由からです。


でも、行法には時間がかかるのが難点ですね。

好きでやっている人は、それはそれで良いと思いますが、
別に無理して「修行」とか意識しなくても
普段の、日常生活の中にも活用できる方法はたくさんあると思います。

お手軽な方法としては、普段の立ち居振る舞いで、
身体の重心を低めに、下腹の辺りに置くようにすると良い気がします。

また、「アタマ」だけで考えず、
「胸」と「腹」でどう感じるか、を併用できるように
癖をつけていくと良いのではないでしょうか。

お盆の先祖供養 

今回の話題は「お盆」です。
正式には盂蘭盆(うらぼん)と言います。
私の家は新盆で7月に行われます。

世の中は8月(旧盆)が多数派でしょうから、
毎年、8月の12日~15日辺りが「お盆休み」となっていますね。

でも、最近では行楽に出かける方が多いのではないでしょうか。

辞書によると、お盆というのは「祖先の冥福を祈る仏事」でして、
Wikipediaで調べると、具体的な部分では地域によって違いがあったり
するみたいですね。

私の認識としては、
「お盆の時期には祖先の霊が家に帰ってきて供養を受ける」
という感じです。


「エネルギー」的な視点から言いますと、
この時期はご先祖の霊とのつながりが強くなり、
敏感な人は体調不良になることが多いようです。

この時期になると「夏バテ」したり「吐き気」がする人は
その可能性が高いと思います。

それだけ、ご先祖の波動が良くないということだと思います。
ツライ人生を余儀なくされたのかもしれませんが…

だからと言ってご先祖様を恨んだりしてはイケマセン。
「波動の法則」によると、自分にも同じ要素があって、それに共鳴して、
自分に最も相応しい家に生まれてきているハズだからです。

以前「普通は正しいか?」という記事に書きましたが、
現代人でさえ、その殆どがロクな死に方をしていません。
(それだけ波動が良くないということです。)

もっと古い時代であるならば、その苦労は並大抵ではなかったと思います。

ご先祖様にしてみれば「お前に言われたくないワイ」
といったところでしょうか(笑


ここは発想をかえて、お盆の時期は改善のチャンスだと捉えてみましょう^^

悪影響を受けない為には、
自分の波動を上げていくことが一番だとは思うのですが、
それと同時にご先祖様にも「エネルギー」的な改善を施してあげると
バランスよく向上していくと思います。

市販されているものでは
超能力開発所さんの「SENZO」のCDがオススメですね。

私が以前公開した、「◎霊を救うエネルギー(φ)◎」も使えます。

(◎霊を救うエネルギー(φ)◎→○○○○のご先祖様に盂蘭盆会の供養をする)×最適回数

でやってみてください。

機械的にやるのではなく、「まごころ」を乗せてあげれば
効果は何倍にもなる気がします。

小泉稲荷神社 

ネットで近場のパワースポットを探していたら、
ちょっと面白そうな神社を見つけたので、
日曜日に行ってきました。

伊勢崎市の小泉稲荷神社というところです。
事前に波動増幅ディスクで調べてみても悪くない感じでした。

私の家から車で30分くらいのところにあります。

この神社、ナニが面白いって、ズラリと並んだこの鳥居の数です(笑
小泉稲荷神社1

小泉稲荷神社2

小泉稲荷神社3

境内には優しい感じの波動が満ちていました。
小泉稲荷神社4

拝殿からは澄んだ波動を感じます。
人の想念も染み付いているようですが、
透明感の方が勝っている感じです。
小泉稲荷神社5

神社にお参りしたときには「本殿の脇」に行くのが
最近の楽しみです。

高い波動を感じることが出来ました^^
小泉稲荷神社6


私は特に願い事はしませんでしたが、
開運効果がありそうな神社です。

∞パワーコードの自作 

「神秘のお部屋」の「波動改善法」の項にある
「メビウスの輪を利用した電気コード」を作りました。

作ったのは1年くらい前だったりしますが(笑

Purple.Cさんにも実際に見てもらったのですが
「良く出来ているから公開してみたら」と言われています。

今回、特に話題も無いので(ナニ
ここいらでご披露したいと思います(^_^ゞ

∞パワーコード


結構、キレイに出来ているでしょう^^

円柱の芯を2つ用意して、そこに電気コードを巻きつけて作っています。

最後に輪ゴムで芯の両端を固定し、
洗濯バサミでコードを固定していますが
接着剤で貼り付ければもっとキレイに仕上がりますね。

芯に使っているのは100円ショップ「ダイソー」で買った
「紙管ラック」用の筒です。


電気が∞のカタチに流れることによってパワーが乗る、という話に加え、
2つの円柱の芯にコードを巻きつけることによって、
なるべく正確に磁場を相殺させれば、
いわゆる「ゼロ磁場」のような効果が期待できるのでは?
と思っています。

使い方と注意事項はPurple.Cさんのページに詳しいですね。

特にコードの加熱による火災には十分ご注意頂きたいですが、
数十ワット程度なら長時間でも大丈夫みたいです。

私は、夏は扇風機、冬は電気アンカで活用しています^^
やはり「活力」という言葉がピッタリな波動です。