FC2ブログ

お知らせ 

いつもこのブログを読んでいただいてありがとうございます。

毎週日曜日には更新を心がけているのですが、
本日は法事がありまして、
時間的にちょっと難しいです。

書きかけの記事はありますので、
今週中にはナントカ…という状態です。

気負わずにやっていこうと思います。
ご了承くださいm(_ _)m

『太陽の謎とフォトンベルト』 

先月の「自然の力」という記事で、
名草の巨石群のところの道が川になっていた、
とお伝えしたのですが、
翌週には地元の方が、せき止められた部分を修復されたようで
川が元の流れに戻っていました。

とはいえ、だいぶ土が流されたようで
かなりの岩石がむき出しになっています。
川になっていた道
っていうか、道の下にこれ程たくさんの石があったことにオドロキです。

やはり鉱物には良い波動を出すものが多いのでしょうか?
単に私が好きなだけかもしれませんが(^_^ゞ


さて、今回は特に話題もないのですがw
最近こんな本を読んでいます↓

『太陽の謎とフォトンベルト』飛鳥昭雄・三神たける 著


飛鳥さんは
スピリチュアルの世界で言われているフォトンベルトやアセンションは
都市伝説に過ぎない、と切って捨てていますが、
一応「能力者の端くれ」を自称しているワタクシの感覚からはw
飛鳥情報も精神世界も「同じもの」を見ているんじゃないかなぁ、
と思ったりしています。

飛鳥情報を「似非科学」「疑似科学」と呼んで批判する人も多いようですが、
プラズマに関しては、あの早稲田大学の大槻名誉教授の主張とも
矛盾していません。

「宇宙の全物質の99.9999999999…%はプラズマである」
「宇宙を支配しているのは重力ではなくプラズマである」

というのと、東洋で古くから言われている

「万物は気で出来ている」

というのは、同じことを言っているのではないかと思います。

そう考えたとき、飛鳥情報に書かれていることは
「エネルギー」・波動、不思議を扱っていく上で、
とても参考になると思います。


宇宙に関する情報というのは、
アメリカのNASAに頼るところが大きいと思うのですが、
そのNASAはあくまでも軍事施設であって
アメリカの国益を守ることが優先される、
というようなことを指摘する日本人は少ないと思います。

それを暴露する、というスタンスの飛鳥情報は
やはり面白いです。

私はもう15年くらい飛鳥ファンが続いています^^

波動の「高さ」について2 

前回に引き続き、波動の「高さ」について
私なりに考察したいと思います。

今回は仙道から入ります。

私の仙道の知識は主に高藤本によるところが大きいのですが、
そこには「精・気・神」という言葉がありまして、
人は「肉体・気(「エネルギー」)・精神」から成っていると書かれています。

そして、仙道の行法には「練精化気」「練気化神」という段階があります。

人によって解釈のしかたが微妙に違うようですが、
肉体のトレーニングによって気を発生させ、
それを感じていくのを「練精化気」、
気をコントロールして、それを精神と直に連動するように
していくことを「練気化神」、と呼ぶのが一般的でしょうか?

前回ご紹介した『ヒマラヤ聖者の生活探求』における
「野火よりの脱出」のお話では、肉体そのものを気の次元に
変えてしまっています。

おそらく「練精化気」というのはこのお話のように、
肉体(物質)の波動を高めることによって微細な「エネルギー」の状態にまで
変えていくことなんじゃないかと思います。

つまり、仙道では波動の周波数を上げたり下げたりすることで、
「精・気・神」の三つの状態を自由に行ったり来たり出来ることが
理想なんだと思います。


ところが現状、私が実際に行っていることというのは
「精」の枠内における波動の上下であり、
「気」の枠内における波動の上下であり、
「神」の枠内における波動の上下、にすぎないようです。

ソレはソレで決して無駄なことではないとは思います。
気のレベルで波動が上がると体調も良くなるし、
精神的にも好ましい状態になれる、というようなことが
体験的に感じられるからです。

これもまた「共鳴」でしょうか…

実際、否定的な思考が多い人というのは波動も良くないし
肉体的にも病気がちだと思います。

怒りすぎて肝臓が悪かったり、
意に反することを嫌々やって胃が悪くなったり、
些細なことを気にしすぎる人は胃腸が弱かったり…

だから、日常生活を快適に送るためには
「精・気・神」それぞれのレベルで高い波動が出せるように
工夫するだけでも十分だと思います。

「精」のレベルでは食べ物や環境に気をつけ、
「気」のレベルでは波動を改善し、
特に、上位にある「神」のレベルにおいて高い波動を心がけることは
大事だと思います。

基本的に「高い波動」というのは「周波数が高い」ことを意味します。
周波数が高いほど微細です。

だから、心の持ち方として
「粗野」であるよりは「繊細」な方が良い理屈です。

波動の法則では高い波動の方が優位であり自由です。
「~が欲しい」
「~でなければならない」としがみ付き、
自ら不自由になることはしない方が良いでしょう。

「手放す」ことによって自由に近づけると思います。

「優位で自由」なのは神様のような存在です。
その本質が「愛・調和」であるならば、
人もまたソレを心がければ波動が高まりそうです。


不思議オタクの私としましてはw
やはり「精」と「気」の間の「壁」を取り払うことが
いま最大の関心事です。

その意味で「スプーン曲げ」も出来るようになりたいです^^

PH会系の「かぼす姐さん」がヒーリングで血液がサラサラになるのを
顕微鏡で確認出来ると言っていたと思いますが、
私の「ヒーリング」や「味変え」でも同等のことは出来ると思います。

しかし、スプーン曲げのように、
直接目に見えて物質を変形させるまでには、まだ至っていません。

念力によるスプーン曲げを否定する方の意見として、
「スプーンを曲げて何の役にたつのか?」
「手を使った方が早い」というのがありますが、

「物質」と「気」の間の壁を取り払う、という観点からは
とても意義のあることだと思います。

PH会では、未だ「エネルギー」でスプーンを曲げたというような
公式な報告は無かったと思います。

最近思うのは、波動の高さだけでなく
独特の周波数が必要なのかもしれません。
また、「念」には集中力も必要です。

まだまだ長い道のりだと感じます(^_^ゞ

波動の「高さ」について 

私が気・波動についてイロイロと考察したりしていく中で、
「波動の法則」というのは大きな手がかりになっています。

その中に、
「優位の波動は、劣位の波動をコントロールできる。(包み込む)」
というのがあります。

優位の波動というのは「周波数が高い波動」のことで、
周波数が高いほど微細なことを意味します。

私が目指す、脱カルマ=自由に至るためには
この「高い波動」を体得することが鍵になると思っています。

その、分かりやすくて興味深い事例を『ヒマラヤ聖者の生活探求』で
読むことができます。

「第一巻 ~第十三章 野火よりの脱出~」という頁です。

ここには、森林の中で落雷による火事に見舞われた著者一行が、
大師に波動を上げてもらい、物質的な影響(火事)から逃れるエピソードが
書かれています。

その核心の部分が↓コレですね。

「わたしたちは今、肉体のヴァイブレーションを火事のヴァイブレーションよりも高めているのです。従って火事もわたしたちを害することはできません。もし俗眼でわたしたちを見たとしても、わたしたちが消え失せたとしか見えないでしょう。しかし実際にはわたしたち自身はいつもと少しも変わっていないのです。」

↑引用ここまでです。
100年以上も前の科学に「ヴァイブレーション」の考え方が
あったかどうか?というのも興味深いことですが、どちらにしても
「分かっていなければ書けない」ことだと思います。


私が扱う、「高い波動」と言える事例はもっと地味ですw

ヒーリングや運勢の改善において、
病気とか災難の原因となるような「良くないエネルギー」に対して
「波動が上がる」ように働きかけると、
サーッと波動がキレイになるのを感じることが出来るんですね。

Purple.Cさんが文字波動の浄化を行ったのも同じような手法だと思います。

一般的なヒーリングというのは
「マイナスにプラスをぶつけて戦う」発想をする方が多いように
感じるのですが、

そこに「波動を上げる」「調和」という考え方を加えると
さらに効果が上がるのではないかと私は思います。

ヒーリングに使われる「エネルギー」というのは
元から波動が高く、自在性があるからこそ効果があるのだと思います。

あるいはまた、同じ波動グッズ、文字波動、「エネルギー」を扱っても
効果の出る人とそうでない人の違いが出るというのは
その人その人の波動の高さに違いがあるからかもしれません。

繰り返しになりますが、
波動が高い人ほどカルマの制約から逃れて自由度が高いのではないか?
と私は思っています。


ということで最近は「エネルギー」や文字波動を使って
「波動を上げること」が主なテーマになっています。

先月に書いた「災難除けの文字波動実験」というのは
やはり有効だと思います。


ただ、やはりと言いますか、
波動はいくらでも高ければ良いというものではありません。
波動は高すぎると苦痛です。
「エネルギーあたり」と呼ばれる「湯あたり」に似た症状がでたり、
筋肉が硬直したりします。

自らの波動を高めていくのには、
今現在の状態よりも「やや高い」くらいの波動に触れていくことが
最適なようです。

天照さんが製品の販売に段階を設けているのも同じ理由ですね。


ここでひとつ疑問が生じました。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者一行は、高い波動に移行したときに
苦痛を感じなかったのだろうか?ということです。

この矛盾に気付いたときに、
「やはりインチキ、作り話か」でストップしてしまう人と
「何か理由があるはずだ」と考え始める人で
違いが出てくると思います。

私なりにいくつか思いつく仮説がありまして、
その筆頭は「なんらかの黄金比がある」のではないか?
ということです。

正解はそのうち、「もっと先に進めたとき」に分かるでしょう^^


↓関連記事
高い波動は清涼感

最近気になった記事(H20.9-2) 

人生に奇跡を起こす魔法のエネルギー 0124 08.8.22

自分が、~になったら嫌だなぁ、とか、~になったらどうしよう、などと
思っている事に気付いたら、すかさず、それが嫌ならどうだったらいいのかを
考えて、~だったらいいなぁ、と考えてみます。

極意はこれだけです。

だまされたと思って、1ヶ月やってみて下さい。
何が起こるかは、お楽しみです…

最近気になった記事(H20.9-1) 

[フォトン・ベルト レポート] 第86号

欧米メディアが伝える「太陽の異変」とは、2008年8月の1ヶ月間太陽の表面上にほとんど黒点が出現しなかったことです。
(中略)

 専門家の見解ではそのことはあきらかに異常で、過去100年間にわたってみられない現象だというのです。太陽活動が低下すると、地球の天候に多大なる影響を与えることが 分かっています…

改名します。 

ちょっと思うところがありまして、
HNを「時祭(φ)」に変えたいと思います。

改名の理由と意味は沢山あるのですが、
同じ名前の方にご迷惑をおかけしたくない、
というのが一番の理由です。

最近調べて気付いたのですが、
ネット上には私と同じHNの方が結構おられるようです。

中にはリラックスとか心の持ち方とか、そういった情報も扱っていて、
しかも私よりも早く名乗っている方もおられました。

世の中には同姓同名の人が居るように
完全オリジナルなHNというのは、
どう頑張っても難しいです(^_^ゞ

私の「時祭」というHNは
80年代の某アニメヒロインに由来したりするのですがw
ソレ抜きでもいろいろな意味で気に入っておりました。

その愛着もありますので、
記号を付け足して「時祭(φ)」としたいと思います。

今後とも宜しくお願い致します。