FC2ブログ

ニオイと波動の関係、その応用 

ニオイは情感に訴えるものですし、波動は理屈を超えています。
微妙に重なる領域だと思います。

このブログでは、波動感覚を嗅覚に例えて表現することが多いのですが、
実際、ニオイと波動には密接な関係があると思います。

日本語では、良いにおいを「匂い」悪いにおいを「臭い」と書きます。
「匂い・臭い」と書くのも面倒だし、平仮名だと読みにくい気がするので、
ここではまとめて「ニオイ」で表記したいと思います。


波動の感じ方にも人によって様々なタイプがあるようです。

私なりに、直接に、あるいはネットを通じて
沢山の「感じる人」との出会いがありましたので、
それらを比較検討することで
「タイプ」があることが分かってきました。

特に、私にとっては
Purple.Cさんと知り合えたことが大きな助けになっています。
Pさんとパワースポットを巡ったりして
その感じ方の違いを考察できましたので。

皆さんご存知のように、Pさんは優れた波動感覚の持ち主です。

UFOの写真を見て、金属が地球産かそうでないかの区別がつくとか、
パワー掲示板を見ていても、私には「サッパリ分からない」か
「言われてみればナルホド」というレベルのものが多いです。

ところが、Pさんと高尾山に行ったときには、
とあるお堂の波動が私には悪く感じられて、
しかも㌧でもなく臭く感じられたんですが、
Pさんにはそれが無くて、
「それは時祭(φ)さんだから感じられるんじゃないんですか?」
と言われたケースもありました。

「相対的な見方、広い視野」という記事では
「切り口の違い」ということを書きましたが、
波動感覚には「感じられる周波数帯の違い」というのもあるみたいです。

受信機に例えるなら
Pさんが「TV+FMラジオ」なら
私は「FM+AMラジオ」みたいなものです。

共通する認識もあれば、
お互いに「知らない世界」もある、ということなんですね。

というワケで、
私の波動感覚には嗅覚的な要素が若干多く含まれる、
という認識が出来てきました。


植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身を改善する
アロマセラピーという体系がありますが、
これは波動的な見地からも有効だと思います。

実際、私の経験では、波動の良い人というのは芳香を伴い、
波動の悪い人というのは悪臭を伴っていることが多いです。

これはネットで波動を感じるときにも起こる現象ですので
単なる「気のせい」ではないと確信しています。

しかし、私の感覚ではニオイと波動の境界線はハッキリしません。
だから女性が香水や化粧品のニオイをさせているときには
騙されることもあるかもしれません(爆

ともあれ、
香水・オーデコロン・石鹸(せっけん)・ボディーパウダー・室内香料といった
「フレグランス」というのは、
波動グッズと同様に、波動を改善する助けになると思います。

単に「臭いをごまかす」のではなく、
「自分自身も良い香りを放つ」という気持ちを持つことが
大事な気がします。


別に、大金をつぎ込む必要はありません。

最近、私は近所のホームセンターで「お部屋のなんとか」という
芳香剤を買ってきました。
300円程度のものです。

種類が豊富で、サンプルを嗅ぎながら選びました。
「フルーツキャンディ」という、ちょっと子供っぽい香りなんですがw
結構気持ちが若返る気がします^^

私はこれにある「エネルギー」を封入してみましたところ
実に強力なグッズになりました。

空間に広がる「香り」の分子にエネが乗っているワケですから、
そう考えれば納得です。

しかも、その空気を体内に吸い込んだりもしているのですから・・・・

PH会では「お香」にエネを封入した、強力な製品がありますが、
これは「火の力」だけでなく、「ニオイの力」も利用しているのではないか、
と、最近は思えるようになってきました。


MHヒーリングのエネを入れてみるとか、
工夫のし甲斐はあると思います。

興味のある方はお試しください。

「守られている」ということ 

人は、もっと「守られている」ということを認識した方が
良いのではないか?と思います。

少なくとも「生きる」ということに関しては・・・・
あるいはまた「真っ当な道を歩む」ということに関しては、です。

そう思うことによって、「守られている」という現実を引き寄せ、
更に確信に至れば「好循環」の無限ループに入れます。


守ってくれる存在は様々です。
ご先祖の霊かもしれないし、守護霊と呼ばれる方かもしれません。
産土様だったり、厚く信仰している神仏かもしれません。

もっと普遍的な「父なる神」も守ってくれます。

「潜在意識の働き」とする考え方もアリでしょうね。



私の場合を書いてみます。

もう何年も前になりますが、
某匿名掲示板のオカルト板に盛んに書き込みをしていた時期がありました。

そのときに知り合った霊能者さんに言われたのですが、
私はある神仏に守られていたそうです。

名前は存じ上げていた、という程度で
特別に信仰していたワケではなかったのですが、
「方向性」が同じであったりした場合にはご守護を頂けるようです。

実際、あの頃は様々なマイナス想念が飛んできて、
かなりクルシイ思いをしたのですが、
霊能者さんからは「守られていたからその程度で済んだ」と言われました。

最近ではPさんがイロイロ指摘してくれました。
PH会の故山岸会長や名草(おそらく)の山の聖霊が視えたそうです。
さきたま古墳公園でご縁の出来た「将軍山古墳の方」もそうですね。

共通して言えることは「自分本位」の枠を越えた思いで、
自分自身も楽しむような、明るい気持ちで行動していたら
たくさんの霊的存在が応援してくれた
、ということです。
有り難いことです。


私なりに気づいた注意点としましては、
聖霊、神仏を複数信仰すると、「相性の問題」が発生するケースがある、
ということです。

実際、「特別に信仰している神社」がある友人(霊感のある人)は
「系統」の異なる神社にお参りしたら「拒絶反応」を示されたことがある、
と言っていました。

私には「特定の神社」はありません。
まあ名草や冠稲荷神社には良く行きますけど
「近くて便利だから」というのが一番の理由です。
通っているうちに「愛着」みたいなものはありますが、
「こだわり」は無いつもりです。

先ほどの霊能者さんからは「魂のルーツ」である神社を聞かされましたが
なにぶん遠方で、お金もヒマも無いものですから、
まだ行ったことが無かったりします(^_^ゞ


私の場合、「神様」に関する世界観は
「神とは」という記事に書いてある通りなんですが、
カバラの「生命の樹」にあるように、絶対三神のうち
「父なる神」というのを頂点に置いています。

そうすることによって、
複数の聖霊とご縁ができてもうまく調和してくれる・・・・気がしています。

まだまだ私もニブいのかもしれませんが(^_^ゞ

先の「特定の神社」を持つ友人も、
私のような考え方を尊重してくれていますので、
「こうでなければダメ」とか言うつもりはありません。

自分以外の考え方を尊重できないタイプの人は厄介ですね。
特に「宗教団体の霊」に憑かれ、操られている人というのは・・・・
「独善」「粘着」という言葉がピッタリの態度をとります。

私もズイブン酷い目に遭わされましたが、
やはり「守護の力」の方が勝っていますので今の自分があります。


私の体験では、「父なる神」を理解し、「父なる神」に守られている、
という認識を持てるようになると強力
です。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』にはたくさんのヒントがあります。

「父なる神」は無限であるが故に、その存在しないところはなく
「父なる神」のおわす世界には、あらゆる不調和は存在できない・・・等々

イメージ力の貧困な私は、
とりあえず「愛」「調和」という言葉を何度も唱えたりするところから
始めましたが、
それだけでも「霊的に良くないモノ」を弾きかえすパワーがありました。

いま私は「愛」「調和」という言葉を目一杯詰め込んだUSBメモリを
お守りにしています。


これからの時代は、
だんだん生活がキビシクなっていくことが
予想されます。

今までの、モノが豊かな生活が当たり前になっている方には
耐え難い苦痛になるかもしれません。

私に言わせれば、それは「心の貧しい人」が増えてきて
それがこの世に現実化される、ということにも見えます。

「ハングリー精神」というのは強力な反面、
方向性を間違えると危険だと思います。


「真の豊かさ」を得るためには
やはり「内面の豊かさ」を培うことが大事な気がします。

「守られている」ことの認識は
その土台になるのではないかと私は思います。

「ストリートビュー」に思うこと 

「Googleストリートビュー」町田市議会が国に法規制の検討求める意見書(ITmediaニュース) - Yahoo!ニュース



Googleマップ「ストリートビュー」はご存知でしょうか?

まだ一部の地域しか表示されないようですが、
360度のパノラマ写真は非常に面白いですね。
まだ行ったことのない場所を下調べするのにはとても便利です。

さいたま市にある私の兄の家もバッチリ写っていました。
懐かしい故郷の町並みを楽しむことも出来ました^^

ところがその反面、「プライバシーの侵害」を訴える人もいるようです。

冒頭にリンクしたYahoo!ニュースには沢山のコメントがついているのですが、
それを見ると否定的な意見が多いです。

「犯罪に使われる」「気持ち悪い」という声が多いでしょうか・・・・。
まあ確かに「ストーカー」にとっては役に立つツールかもしれませんね。

事前に「撮ります」と言ってもらえれば多少は違ったかもしれませんね。
掃除、片付けが出来ますしw

この話題についての議論はまだまだ続きそうです。


このブログでは「不思議」の視点から書いてみたいと思います。


私がこのニュース記事を見たときには、
波動感覚や霊能力などの「能力者」は、世間には受け入れられないもの
なんだなぁ・・・・と思いました。

ストリートビューに反対する人の心理には、
「思いもよらないところで自分に関する情報を他人に知られる」
ということに対する抵抗感みたいなものがあると思います。

そんな人達の前に「能力者」が現れたらどうでしょう?
「自分の在り様が見透かされてしまう」
これを素直に受け入れるでしょうか?

特に「負の部分」が多い人は・・・・


私の場合、100%誰でもというワケではありませんし、
近くに複数の人がいると特定が難しいのですが
「波動感覚で分かること」という記事で書いたような情報が
得られてしまいます。

公の場所ですれ違うだけでも、
「ああ、あの人は愛情豊かな人だなぁ」とか
「ちょっと歪んだ愛を持った人だなぁ」とか
「んー、なんとも凶悪な人だなぁ」とか
「肝臓が悪そうだなあ、怒ってばかりなのかなぁ」とか
「胃が悪そうだなあ、癌になっていてもおかしくないなぁ」とか
「スゲーお化けが憑いてるなあ」とかw・・・・、
まだまだありますが、分かることもしばしばです。

Pさんのゲストブックやパワー掲示板には
「波動を見てくれ」という人がたくさんいますが、
世間には「勝手に見るな」という人も多いみたいですね。

私の場合、「スイッチのオン・オフ」は出来ません。

私の波動感覚は嗅覚に似ています。
体臭のキツい人が「勝手に嗅ぐな」と言っても
それは無理な相談ですw

同じ職場や学校に体臭の強烈な人がいて、
接し方に苦労した経験のある方もおられると思います。
私の日常はアレに似てますね・・・・

ネット越しに視る場合には
「ぬきたま」を使わないと視えないことが多いですが、
HPなんかは開いただけで良し悪しが分かるケースが多いです。
(特にスピリチュアル系)


以前にも書きましたが、極端な話、
「全ては記録されている」し「神様は全てご存知」です。

ソレを前提に物事を考え、行動していくことが
方向性を間違えないコツだと思います。

別に無理して「良い子ちゃん」になる義務は無いでしょうが、
「全ては自分の責任」になると思います。

解決策のひとつとしては
「波動の高さを追求する」ということを推奨します。


「ストリートビュー」が世に出てきた、ということも
「すべてが明らかになる」という流れが現実化された
ひとつの結果なんじゃないかと私は考えています。

水 

昨日の「食」の記事に関連して
今回は「水」にも触れておきたいと思います。


飲食物の波動が良ければ、身体を内側からも改善できます。

水は食べ物よりも、身体のスミズミの細胞にまで、
速やかに行き渡る気がしますので重要だと思います。


私は飲み水は名草の山にある湧き水を汲んで使っています。
毎週ポリタンクで15㍑くらい頂いてます。
沸かして冷ましたものを浄水器にかけています。

以前は川の水を使っていたのですが、
ちょっと衛生面に疑問がでたので、湧き水に切り替えました。

お米を炊いたり、ラーメンなどにも使ってます^^

波動が良いので、私の健康維持に大いに貢献してくれているようです。
精神にも作用していると思います。

名草を教えてくれた天照さんには本当に感謝です(*^-^*)


天然の、波動の良い水を手に入れるのが難しい人でも
エネ使いや文字波動使いの人ならば、代用品を自作出来ると思います。

それには「エネルギーの封入」とか「波動の転写」といった技術が
必要になります。

この両者は基本的には同じようなものだと思うのですが、
簡単に説明します。

気・波動とか不思議世界で言われる「エネルギー」は
量的な側面と情報的側面を併せ持っています。

PH会の「エネルギー」には量的な考え方が大きくありますので
エネルギーを押し込めるための「封入」という技術があり、
封入されたエネルギーが徐々にほどけて出て行き作用する、
という考え方です。

「波動」という言葉には「情報」という意味合いが強く、
波動グッズの「転写」は「波動を伝える」ことによって影響を及ぼす、
というニュアンスが大きいと思います。

こうなってくると、
だんだん「封入」と「転写」の境界線がアイマイになってきますが、
皆さんのお好みで使い分けてください。


自作の話に戻ります。

エネ使いの人は、例えば
「この水に○○○○(パワースポット)のエネルギーを封入」
と唱えて何秒か「お任せ」すればOKです。

文字波動でも同様のことが出来るでしょう。

あとは実践が大事です。
失敗を恐れずに回数をこなしていけば、
感覚が掴めて「確信」が得られるでしょう。



「水道水 安全 危険」で検索すると、様々な情報が手に入ります。

大概は浄水器の販売が目的であったり、
「水商売」に警鐘を鳴らすサイトであったり、
といったものが多いみたいですが、

これもまた、安易に結論は出さずに
必要と思われる情報だけを吸収しておくと良いと思います。

現実問題として、水道水を危険視する文章をすべて真に受けたら
洗濯も出来ないし風呂にも入れなくなってしまいます。

私は、こういうときには
「自分は守られている」
「科学の言うことが100%正しいとは限らない」
と思うようにしています。

実際、「コーヒー 発ガン性」で検索してみても分かりますが、
「こんなこと」でもキリがない展開になっています。

人間には毒物を分解して排出する機能もあります。

美味しくいただいて、「幸せだなぁ」と思えれば
それが一番大事なことではないでしょうか?

「食」と能力開発 

更新が遅れておりますm(_ _)m

今日は仕事が夕方に終わったのですが、
そのまま名草へ行きまして、エネルギーワークを行い、
帰りに買い物をして、家に着いたのが8時頃でした。

そして今、夕飯を食べながらブログを書いています(笑


さて本題です。

私は最近、「黒酢」にハマっています^^

スーパーで買い物をしていると
黒酢を使った飲料とかが目に付くようになりまして
「黒酢 効能」で検索して調べてみたら「あ、これは必要かも」と思い、
毎日摂るようになりました。

私は本来、流行には背を向けるタイプです。
多くの日本人が持つ、なんというか「流行に殺到する性癖」みたいなものが
好きになれないです。

納豆が連日売り切れ状態になったこともありました。
最近ではバナナが同じパターンになっているようですね。

でも、私は必要と思ったものは素直に買います。

そんなワケで黒酢を摂り始めてもう3週間になります。

モノは業務スーパーで買った「お徳用」なんですがw
これを大さじ一杯に、
野菜とフルーツのミックスジュースを加えて飲むと
「ウマー」って感じです(*^-^*)

つい何杯も飲みすぎて腹をこわしました(爆

これに更にコーラを加えると激ウマになるんですが、
身体に良いんだかなんだかよく分からない飲み物に
なってしまいますね(^_^ゞ



効果のほどは・・・・
地味に効いてると思います(笑

慢性的に炎症になっていたようなところが軽減しています。
それなりに確信が得られるまでには3ヶ月くらいはかかると思いますが・・・・

「酸性体質」で検索してみて、自分にも当てはまると思われる方は
試す価値はあると思いますよ。


「波動増幅ディスク」をお持ちの方は「黒酢の波動」で感じてみてください。
私には「ハデさは無いが良い波動」に感じます。

「黒酢のエネルギー体」で感じてみるとグッと力強い感じになると思います。
ナゼそうなるのかは謎ですが・・・・


能力者といえども、鉛を金に変えるほどの能力を持たない限り
肉体は食べ物に支配される部分が大きいと思うんです。

どんなに「エネルギー」を使って改善を試みても
その「効果の幅」が10%、20%程度のものならば、
「土台」となる食事とかの生活環境をキチンとすべきでしょう。

などとエラソーに書いていますが、
カップ麺やスナック菓子も大好きな私ですw


最近は「食の安全」が脅かされているのが
明らかになるニュースが多いですね。

毒ギョーザや事故米転売、毒牛乳と㌧でもない事件が連発していますが、
特に「コンビニ弁当」は要注意です↓

豚にコンビニ弁当与え奇形・死産続出「具体名公表するとパニックになる」 西日本新聞社ほか

私は20代の頃はコンビニ弁当ばかり食べていました。
年に2回は「大当たり」してましたね(^_^ゞ
んもう「上も下もタイヘン」でした(爆

現在、食事については基本的に自炊してまして、
弁当も自分で作っています。
(米だけは炊いている、といった方が正確かもしれませんw)

お米には発芽玄米を半分近く入れているので
栄養のバランスは決して悪くないと思うのですが、
不足分はサプリメントなどで補っています。

世の中には薬嫌いな方も結構おられますが、
私はサプリメントはよく利用する方です。

私は以前、PH会系エネ使いのNorO(ノロ)さんのブログで
「メガビタミン」という健康法?を知りまして
「下痢するちょっと手前くらいの量でビタミンCを摂る」
というのを実践しています。

PH会の「アンチウィルス」などを併用していることもありますが
ほとんど風邪をひかなくなりました。
風邪をひいても軽いうちに治ってしまいます。

薬といえば、PH会の山岸初代会長は
「薬をトリートメント(浄化)すると副作用を抑えることが出来る」
と仰っていました。



能力開発というものについて、
本来、「超」がつくような能力というのは
健康の延長線上にあるんじゃないかと思います。

「若い人が有利」と言われるのも同じ理由でしょう。
考え方が柔軟、というのもありそうですが・・・・

断食とか荒行のような、自分に負荷をかけてイジめるような、
いわゆる特訓のような行為も、
確かに効果はあるのでしょうが、リスクも伴うと思います。

お釈迦様が苦行をしなくなったのも同じような理由だと思います。

そう考えると、能力開発のためには、
現代人はまず不健康を治すところから始めるべきでしょうね。



「普通は正しいか?」という記事に書いていますが
現代人の半数以上が「三大成人病」で亡くなっています。

まずは身近なところで、
食事というものを見直してみてはいかがでしょうか?

私ももう少し、自分で作れるメニューを増やしたいと思います(笑