FC2ブログ

好循環を得る考え方 

今回、特に新しい内容はありません。
ご容赦くださいm(_ _)m


いま、私の職場は特殊な状況下にあります。

いつもは私の周囲には、せいぜい数人の人しかいないのですが、
先週木曜日からは常に30人以上の人間が立ち働いています。
詳しくは書けませんが、明日の月曜日まではコレが続く見込みです。

やはり、といいますか、苦しい波動が満ちています。
嫌なことを嫌々やっている印象の人が圧倒的に多いです。

このような人生を何十年も続けていたら、
「普通は正しいか?」という記事に書いたように
7割以上の人が病気か事故で亡くなるというのも
モットモなことと思います。


こうなると私も影響を受けてしまい、
正気を保つのが難しく、暗く、イライラ等
ネガティブが多くなってしまいます(^_^ゞ

今の時代、まだ「楽しく働く」という意識を持てる人は
少ないのでしょうね。
私の上司だけはいつも鼻歌が出ているので尊敬していますがw

正直私もまだ「働くのが常に楽しい」という域には至っていません。
「気持ちよく働きたい」「楽しく働こう」と努力している段階です。
振り返ってみれば「幸せなことだなあ」とは思えます。


この世に生きる、というのは難しいです。

人は生きるために食べなければなりません。
そして、食べるために働かなくてはなりません。

現代はこれだけ機械化が進んでいるのに
なぜ労働時間が短くならないのだろうか?
と、私はいつも不思議に思います。

それだけ物事が多様化していった、ということもあるのでしょうが、
それ以上に富の集中、経済格差があるのだと思います。

好きなことを生業に出来るなら、それはまだ幸せなことです。

今は不景気が加速して、仕事を選ぶどころか
「仕事があるだけマシ」な状態になって来ました。

ただ、「下には下がある」という考え方は
自分を慰めるには有効かもしれませんが、問題の解決にはつながらず
使用者側の「思うツボ」です。


これだけ格差が加速して、行き詰った状態で、
今後、今までのような資本主義、自由競争が成り立つのか?
ちょっと興味深いですね。

何しろ、例えば自動車メーカーで働いている人が、
自分が作った製品すら買えないような状態が
実際に起きているワケですから・・・・

私は、今は新しい時代へと移行していく過渡期なんだと思っています。

「新しい時代」とはどういうものなのか、
私には、具体的にはまだなんとも言えません。
政治の世界を眺めても、ロクな選択肢が無いのが現実だと
思いますし。

ただ、今の行き詰った、困窮状態から脱出するための
「波動の法則的な、考え方のコツ」というのはあると思います。

それは
・不足を嘆かないこと
・欲しがらないこと
・自分は守られていると思うこと
・心配しないこと
・自分は幸せだと思うこと

です。

欲しがったり、不足を嘆くことをすると
更にそのような現実を引き寄せるようです。
これではいつまでたっても不足・不満から抜け出すことは出来ません。

武士は食わねど高楊枝(ぶしはくわねどたかようじ)。
この諺(ことわざ)は真理だと思います。


「自分は守られている」という思い。
何かヒヤッとするようなことがあったとき、
「ああ、自分は守られているのだな、ありがたいな」と思うようにすると
不思議と偶然とは思えないような災厄の回避が
連続的に起こるようになります。

逆に心配ばかりしている人は心配事ばかり引き寄せてしまい、
「ああやっぱりダメだ」という悪循環のループにハマり易いようです。

そして、どんな小さなことでも「自分は幸せだなぁ」と思うようにすれば
更なる幸せを引き寄せるようになります。

父なる神は、必要なものは全て与えて下さっていると思います。
幸せになる材料は、誰にでも必ず手の届くところにあります。

そのような考え方の出来る人が多くなってくると
現実が変わるスピードも早くなっていくのではないかと
私は思います。



私は5年くらい前に、お金とか出世とか、
この世的なモノを「もういいや」と手放したときから
一気に「世界」が変わり始めました。

「ぬきたま」が出来るようになったのもその頃からです。

私は決して豊かさを否定しません。
人は本来、皆豊かで自由であるべきだと思っています。

働かないで、好きなことだけやって食べていけるなら
それがイチバンだと思っていますw

まだまだ途上の話ですが、
「働かざるもの食うべからず」
この常識を覆せたら面白いなぁ、と思いますね^^



参考記事:「まとめ、のようなもの」

シームレスな波動経験 

シームレス(seamless)とは英語で「継ぎ目のない状態」を指す言葉で、
ITとか物流などでも用語として使われているようです。

今回は波動をシームレスに語ってみたいと思いますw


そもそも、波動が分かる人にしてみれば
波動グッズと呼ばれるものと、身の回りのものとに
明確な境界線は無いと思うんです。

なぜなら、この世にある、ありとあらゆるものが波動を放っているのが
感じられるからです。

代表格は「自然」です。
太陽、月、星、山、鉱物、動植物といった自然は波動の宝庫です。

身の回りの家電製品であるとか、人が作った日用品にも
波動、パワーを感じるものがあります。

火、水、電気、磁石にもパワーや波動的性質を感じます。

このブログでも少し書きましたが
柔軟剤、芳香剤、香水、サプリメント、お茶(ハーブ)にも
良い波動に感じるものがあります。

木炭も良いですね。

人間以外の、霊的な存在の波動も感じます。

人が出す波動は強力で、それこそあらゆる場所で感じます。
人が使う道具、衣類、寝具にいたるまで、使う人の波動が染み付いています。
これは良い波動とは限りませんが・・・・
(過去に「染み付く波動」という記事を書いています)


私は人が出す想念波動が飛んでくるのを感じたりもします。

このブログの読者さんからくる波動も感じます。
好意的な波動、独善的に「ケシカラン」と思う波動、
攻撃的な波動、欲しがる・奪う波動、様々です。

特に私にコメントを向けられるときには強く感じるようです。

残念ながら、心地よい波動を出しておられる方は少なく感じます。


いつか、「人の内面の美しさ」のようなものも
全て明るみに出る時代が来ると私は思っています。
私が浄化を推奨する理由はそこにもあります。


そういった様々な波動が、普段の生活の中に全て混ざってくるワケです。

私の波動感覚はスイッチのオン・オフが出来ません。
オン・オフが出来るという本物の能力者にも
まだ出会ったことがありません。


さて、話が脱線しまくりでスミマセン。

このように、世の中は波動で溢れているワケでして、
グッズ類との明確な境界線は引きにくいと私は思っています。

私はときどき匿名の某掲示板を覗きます。
最後に書き込みをしたのは、このブログを始めるずっと前なので、
もう2年以上はしていないです。

最近感じることは、
匿名の掲示板には、本物の有益な情報が少なくなった、ということです。

波動グッズを否定する行為はあまり意味が無いと思います。
何故なら、世の中にはグッズ以外の波動がたくさん溢れているからです。

だから否定派の方というのは、波動を理解していないか
グッズを使いこなせていないのか、のどちらか
だと思います。
「不思議」を趣味とする方は惑わされないように、と願います。

「ラクをして良い思いをしようなどとはけしからん」という、
自分を高いところに置いて、他人を裁く行為もどうかと思います。
世の中に「乗り物」というものが発達してきているように、
ラクをするのは悪いことでは無いと思います。
鍛えたい人はそうすれば良いと思いますし。


波動グッズというものは
波動の分かる人が、生活をより健康的で豊かにするために、
有効な波動を技術的に応用しているにすぎません。

オカルト的な波動というもの自体、まだ科学的には説明がつかない以上
肯定も否定も出来ないのが常識的な判断
ではないでしょうか?

だとしたら、自ら体験して、感じていくしかないです。


悪質なイカサマ業者が多いのも真実だと思いますw

初心の方はPurple.Cさんのところにある無料ノウハウを試されて、
何がしか得るものを感じられたなら、有料のグッズを試されると
良いでしょう。

波動グッズ屋さんの天照さんも
どんなに優れた波動グッズでも、神社やイヤシロチにはかなわない、
と言っています。

こういう物言いをする方は信頼に足りると思います。


自信タップリに断言し、波動グッズを祀り上げるような行為は
胡散臭く感じるものです。

また、宗教やマルチ商法の洗脳の手法には
相手をトコトン否定して、逃げ場をなくし、追い詰めて、
自分だけに縋(すが)るように持っていく、
というのもあるそうなのでご注意ください。


実用的な体験の積み重ね。情報の共有。
私はそこに重きを置いています。



と、いうワケで本物の波動感覚者は
グッズに限らない、シームレスな波動経験がある、
と書きたかったのでした^^

このような認識もニセモノを見破る助けになると思います。

「方向性」「ヒント」の探し方 

物事に行き詰っている方、ツライ日々を生きている方というのは、
思考が、自らを苦境に追い詰める方向にしか働かないような、
悪循環にハマっているケースが多い気がします。

そのような方には、ご自分のアタマの中だけで考えることをせずに、
是非、「自分の思考の枠の外側」を意識しながらヒントを探してみて
いただきたいと思います。


今はインターネットが発達していますから、
凄く良い時代になったな、と思います。


「天は自ら助くるものを助く」といいます。

決して誰かに縋(すが)ったり、「答え」を求めない方が良いでしょう。
あくまでもヒントに、参考程度にして、自ら実践することが大事です。

そう、実践が大事です。
実践して、良い結果が出れば「正解」。
上手くいかなければ「不正解」。
単純なことです。時間はかかりますけど。

失敗も無いとは限りません。
勇気と覚悟も必要です。


世の中には「教え好き」な人って結構多いです。
「不思議」の世界にも多いです。

みなさんの周りにもいませんか?
「あのグッズは良い」
「あの本には良いことが書いてある」
やたら他人に薦める方。

こういうとき波動感覚があると便利です。
その方の波動を視れば判別できます。

その方のオススメが本当なら、その方自身、
もっとキレイな波動をしていても良いと思うのですが・・・・
殆どがそのパターンです。

そこには、太った人が「コレ効くよ」とダイエット薬を薦めるような、
説得力の無さを伴います。

そのような方が行う善意というのが
実は他人の足を引っ張り、回り道させる行為になっているとしたら
なんとも罪深いことと思います。


実際、そんな人に紹介されたグッズが本物であったり、
本の著者が素晴らしい方であったりするケースもあります。

でもそれは、そのグッズや書物を真に理解し活用し、実践しているか、
と考えると残念ながら・・・・でしょう。

まあ、波動の感じ方というのも、
その人その人の視点、「切り口」によって違ってきますから、
自分の感覚を絶対視してはイカンと思います。

私自身、他人に何かをオススメするときには
この「罪深い行為」に陥っていないか悩みます。

そういう意味でも、このような情報を受け取る方には
「話半分」のスタンスで居ていただきたいと思います。


「不思議」の世界には
自分の「内側」に答えを求める、という方法論もあります。

私の場合は「神我」をテーマにして取り組んでいますが、
まだまだ皆さんにご報告できる段階ではありません。

最近話題の「内在神」というやつは
否定はしませんが私の見解とは異なるようです・・・・


ただ、簡単な方法として、昔から言われていることですが
「自分の胸に手を当てて(胸で)考える」
というのは役に立つと思います。

頭でイロイロ理屈を考えるよりも根幹的な部分で
より良い答え、方向性を示してくれると思います。

胸の波動(「気分」と置き換えてもいいです)を感じてみて
快・不快・どちらでもない、の三種類くらいで判断すれば
活用できると思います。

ただ、現代の自由競争下における社会の仕組みというのが
いまひとつ愛に欠けるものなので、
胸で出した答えだけで今の生活を改善できるか?というと
難しいと感じます。


私はその辺、割り切って、割と質素な暮らしをしながらも
シアワセを感じております^^

今は「新しい時代」に向けての過渡期だと思っています。

お金、仕事、恋愛、結婚など、この世的なことで行き詰っている方には、
「不思議」を体験することで観念を外し、視野を拡大し、
世界観、価値観を広く大きく持っていただけたら、と思います。

「不思議」的恋愛論 

今回の記事は「理想のパートナーを得ること」というのを
不思議の観点から書いてみました。

今回、男性を中心に書きましたが、
女性の方は男性を女性に置き換えて読んでください。


仙道の高藤本に「仙道錬金術 房中の法」(学研、ムーブックス)
というのがあります。

今は絶版みたいで、古本でも1500円くらいの値がついているようです。
ネットで検索すれば入手は簡単でしょう。

気功法やエネルギーワークというものは
一人で行うものが多く世間に紹介されていますが、
運良くパートナーを得て、異性の力を借りられる人は
強大なパワーが得られたり、一足飛びな進歩が得られたりする可能性が
あります。


ここでは私なりに掴んだことの概略を書きます。
詳しい話は本を読んでいただくか、
「房中術 隔体神交」で検索してみてください。


今は「スピリチュアル」とかいうのが流行になっていて
昔ほどではないかもしれませんが、

仙道やら、気功やら、波動やら、「エネルギー」やらと
「道」を求める、修業的なことばかりを探求していると
異性にはあまり縁がなくなるようですw

もともと私には、家庭を持ちたいとか、
子孫を残したいとかの願望が希薄です。

かつては「人並みの人生」とか、親を喜ばせたい、
という思いもありました。
そういえばPさんもどこかで同じようなことを
書いていたような・・・・(笑

イロイロありましたが、
振り返れば良い結果だったと思っています。
あのまま「ゴールイン」していれば文字通りそこで終わり、
今の私には到らなかったと断言できます。


さて、数ある行法の本には、まれに、
「パートナーが居ない時の行法」みたいなものが載っています。

小野田大蔵さんの古い仙道の本にも
独身者のための陰陽和合法が載っていました。
男性は地面から陰の気を吸収し、
女性は太陽から陽の気を吸収する方法です。

今回とりあげた高藤さんの本にも興味深い記述がありました。
それが「女性原理との統合」です。

高藤さんはユング心理学でいう「女性原理」について書かれています。

ちょっとだけ分かりやすい例を引用します。

『男性が女性を好きになるのは、実は彼の心の中にある自分自身のアニマ(女性原理)を、その女性に投影しているのだとユングはいう。これを分かりやすい言葉でいうと、自分自身の無意識の中で育ってきた自分の女性的部分(女性原理)を現実の特定の女性に無理矢理重ね合わせるということになる。男性がよくいう「僕の好みの女性だよ」とか「僕のイメージにピッタリの人」とかいう表現はズバリそれを暗示している。
 しかしながら、しょせんこれはあくまで自分の一方的イメージの投影にすぎない。生身の人間である相手の女性はそれとはまったく別物だから、すぐにそのイメージ投影はズレてしまい「こんなハズじゃなかった」ということになる。』


仙人譚によくある、「仙女が出てきて奥義を授けられた」というのも
この女性原理でも説明がつくようです。

ちょっと難解な本なんですが、私なりの理解では、
自分の中にある女性原理を自分の外に投影して、
その女性原理を体験し、女性原理との統合を図ることによって
自らを完全な状態にもっていく
、ということなんだと思います。


自分の中にある男性原理と女性原理の統合。

簡単なことではないと思うのですが、ここに「ぬきたま」の技法を取り入れて
エネルギー的に行ってみたらどうだろう?
と私は考えました。

「ぬきたま」で自分にとって最高の女性原理を呼び出して、
それとエネルギー交流を行う
ようにしてみては・・・・

具体的な方法は、まあ「工夫次第」と言えます。

呼び出した自分の女性原理のエネ体を目の前に置いて
「隔体神交」しても良いでしょう。

「抱き枕」みたいなものに封入してハグするのも良いですね。
エネルギーの交流を意識して。
「慈しむ波動」を送り込んでやると良いでしょう。

この辺、「ぬきたま」にリアルな体験のある人が有利です。
実際に「エクスタシー」のようなものが伴うなら効果は期待大です。

興味のある方は各自工夫して実践してみてください。
「心地良い」程度でもなんらかの成果を得られると思います。

なんというか、心地良いとか、幸福感とか、ウフフな感じというか(笑
クスッと笑いたくなる感じとか、そんな情動が不思議を呼び込む
気がします。


恋人が欲しいとか結婚願望があって、まだ一人の方にも
オススメしたいです。

それをしていると、やがてその女性原理が実体を伴って
自分の前に現れる・・・・かもしれません。断言はしませんが(笑

必ずしも人間の女性と知り合えるワケではないみたいです。

「人生をかけて打ち込める仕事」とめぐり合うのかもしれません。
そこは、その人それぞれの運命(自らの魂が決めた方向性)に
左右されると思います。


よく、恋愛指南をする方の話には「現実的な努力をしろ」というのが
あると思います。

出会いの機会を増やすとか、異性に好かれる努力をするとか・・・・
でも、私の視点からすると、それは「常識」という洗脳です。

何歳までに結婚したいとか、親が心配するからとか、
世間体みたいなものに動かされ、半ば無理やり妥協し、
パートナーを得たとしても、それはあとで後悔することになる可能性が
非常に大きいと思います。

そういう生き方をしてきた人を否定するつもりはありませんが。

私の「不思議」の視点からすると、いわゆるアキバ系の
「二次元しか愛せない」と言うやつの方が真実に近い気がします(爆
高い理想を追ってますからw

それくらいの気持ちで「自分にとって最高の女性原理」を呼び出して、
愛し、慈しむと良いでしょう。

結局は「自分に相応しい」パートナーが顕現することになるとは
思いますが・・・・w

・・・・保障はしませんヨ(笑
「オマエはどうなんだ?」と言われそうですが、
今回書いたことは私なりに実践している成果です。

まあ、一応、「自分に相応しい状態である」とだけ申し上げておきます(^_^ゞ



参考記事:「普通」は正しいか?

榛名神社&善光寺 

GWは久々の連休となりまして、
昨日は波動仲間とパワースポットに行ってきました。

前回のメンバー、Pさん、Oさんに加え、
今回はMさん、Tさんという、これまた波動感覚のある方々と
同行することが出来ました。

行き先は群馬県高崎市(旧榛名町)の榛名神社と
長野県長野市の善光寺です。

朝8時に高崎駅に集合。
そこからレンタカーを借りて榛名神社へ向かいました。
バスも出ていますが、5人ならレンタカーを借りた方が
安いし時間に縛られないのでお得です。

榛名神社は天照さんのブログでもオススメされているスポットです。

曰く、
「浄化力の高さでは2位以下を大きく引き離して関東で一番だろう。波動が高いうえに、エネルギーの放出量も多い。」
とのことです。

私は2年前にもここを訪れていますが
正しくその通りだと思います。

ここは非常に広範囲で波動が良いと思います。

県道安中榛名湖線を上っていくと、神社の3km以上も手前に
「一の鳥居」が、道の脇にポツンとあるのですが、
その少し手前辺りから波動がググッと上がるのを感じました。

私がそれを口にすると、Oさんも「私も同じく感じた」とのことで
やはり「感じる人」が多いと楽しいです。

この辺りから道沿いに榛名川が流れているのが良く見えますが、
こちらも素晴らしいものを感じます。
この時点でPさんから早くも「パーフェクト」の声が上がりました(笑

朝だったこともあり、道は空いていました。
1時間くらいで到着です。
入口に一番近い駐車場をゲットw
榛名神社入口鳥居
入口の鳥居と随神門をくぐると明らかに「異空間」なのを感じます。
外に出ると「俗世間」に戻ったような感じで。
このギャップが面白いです。

入口から本殿までは普通に歩いても20分以上はかかるでしょうか。
非常に趣のある参道を楽しめます。
我々はアチコチ立ち止まっては感じ入っておりました。
榛名神社参道1
榛名神社参道2
脇を流れる川です。
以前ご紹介した「遠野の角閃石」の波動に似ています。
浄化力が凄いと思われます。
榛名神社川原1
途中、川原に降りて小休止。
榛名神社川原2
Pさんは10時からMHヒーリング会を行うそうで、
裸足になって冷たい川をジャブジャブと渡り、大きな石の上に腰掛けて
濡れた裸足のまま瞑想を始めました。

なんというか、凄いバイタリティだと思います^^

参道を行く途中、何段階も波動が強く、高くなっていくのを感じます。
榛名神社参道途中の鳥居
よくまあこのような場所に建築できるなぁ、というのが
素直な感想です。
榛名神社階段
本殿です。
本殿辺りは岩石よりも御神霊の波動が強く感じられました。
私の感覚では白っぽい、やや乾いた感じの、
キメの細かい波動に思えました。
榛名神社本殿
本殿奥に連なっている、
御姿岩(みすがたいわ)という不思議なカタチの岩です。
ここに御祭神が祀られているそうです。
御姿岩

浄化を願う方、波動マニア(笑)には是非一度は訪れていただきたい
スポットですね。


榛名神社近くの食堂で昼食をとり、一旦高崎駅に戻りました。
ここから新幹線で長野に向かいます。

今回の善光寺行きに関して、私は事前に予備知識が無かったのですが、
七年に一度だけ、ご本尊が拝める「御開帳」という時だったようです。

長野駅に着いてから、んもう町をあげての「御開帳」売り出し中、
という感じで、何しろ人、人、人でした。
善光寺門前
回向柱(えこうばしら)というものに触れるだけでも1時間待ちだそうで、
何もする気になれないような状態でした。

Oさんが、この回向柱の上方に、御神霊を感じると言われまして、
私もそれを感じたので、写真に撮ってみました。
善光寺で感じた御神霊

我々は「外陣参拝」という略式の参拝に向かったのですが、
そこで私は驚く体験をしました。

下の写真にある階段を上る途中、なんと予期せぬ「エネルギーあたり」(爆
善光寺階段
腰にきて重心を失いました。
腰にチカラが入らず、年寄りのような動きにw

どうも地面の下からくるエネルギーに影響されたようで、
一応写真も撮ってみましたがいかがでしょう?
善光寺の床
このあと1時間近くフワフワした変な感じが続きました(^_^ゞ

Pさん曰く
「仏教系の波動は腹(下丹田)に響くことが多い」
「神社は縦のエネルギーで仏閣は横のエネルギー」
なんだそうです。

なんとなく理解しました。

もうひとつ興味深い話があります。

PさんとOさんが言っていました。
これほどの人がいるのに波動が乱れていない、と。

確かにそうなんですね。
人ごみにありがちな「苦しさ」を感じないです。

誰もが知っているような有名なパワースポットでも
普通、このようにはならないそうです。

これだけの人数をケアして余りあるエネルギー量がある、
ということみたいです。

善光寺は、というか、この町は、
人の空いている時期に、もっとゆっくり時間をかけて廻りたいと思います。
それほどスケールが大きく、パワフルなスポットですね。

最後に、長野駅近くのラーメン屋で、「不思議」のお話に花が咲きました^^
人形(ひとがた)の作り方を実践して感じてみたり、と
楽しい時間は過ぎるのが早いです。

そもそも榛名神社と善光寺を1日で廻ろうとしたのが、
ちょっとモッタイナイ話だったかもしれませんね(^_^ゞ

Pさんもmixiに今回の記事を書いているようですね。
しかも朝方にアップしてます。
タフだなぁ・・・・(笑