FC2ブログ

木炭エネグッズの開発 

私はエネルギーグッズを自作することが好きで
よくやります。

エネ使いであれば、ヒーリングでも何でも
グッズを使うよりは自分でやった方が遥かに強力なんですが、
グッズには「自動的に、いつまでも働いてくれる」という
とてもありがたい利点がありまして、重宝しています。

加えて、市販品だと福沢諭吉さんが飛んでいってしまうようなモノでも
自作できれば百分の一以下の出費で済んでしまうコトもあるワケでして、
そこは嬉しいの一語に尽きます^^

これは決して波動グッズの業者さんを否定しているワケではなくて、
例えて言うなら、高級料理店と同じ料理を自分で作るのと同じようなこと
であると自分では思っています。

何しろ、材料である「エネルギー」は、どこにでも、無限に、
タダで存在しています。


とは言え、私がエネ使いになってから、
それなりのモノが作れるようになるまでには、
相当な時間がかかっています。

「どうやったらプログラミングできるのか」
「どうやったらグッズからエネルギーを発生させ続けることが出来るのか」

主としてこの二点の問題がネックになっていて、
自分なりに納得のいくノウハウが身につくまでには
試行錯誤の繰り返しで、5年以上はかかっています。

PH会の会員さんでホームページを作っている人にメールで質問すると、
親切に答えてくれたりするのですが、実際に教わった通りにやってみても
「本当に出来ているのかなぁ」と確信には至らないこともありました。

やり方は間違っていなくても、確信が伴わないと結果が出にくい
と思います。
そこはやはり、経験の積み重ねが大事なんだと思います。

「小さな奇跡」と「確信」を積み重ねることで
より高度で、強力なモノが作れるのだと私は思います。


誰でも一生懸命に取り組んでいれば、必ず道は拓けると思います。
道に沿っていれば、必要なものは、必ず手の届くところにあります。

私にとってはPさんとの出会いが大きかったですね。

自己流のノウハウで作り出したエネルギーをPさんに実験台に・・・・
じゃなくてモニターしてもらってw
「これは考えて作れるエネルギーじゃない」と
褒めてるんだかなんだか良く分からないコメントを頂きましたが(冗談です)
効果があった、ということで公開したのが「◎霊を救うエネルギー(φ)◎」
でした。


さて、最近私はエネルギーの封入媒体として木炭に注目しています。

基本的に木炭というのは、それ自体が波動グッズとしての機能を備えていると
思われますが、私は特に木炭の「表面積の広さ」に着目しました。

木炭というのはハタ目には分かりませんが、小さな孔が無数にあって、
その表面積は木炭1グラムにつき200~500㎡にもなるそうです。

一辺が200m~500mの正方形ってイメージ出来ますでしょうか?
そんな大きさの紙か何かを敷いて、そこからエネルギーを発生させたら
さぞかしスケールが大きいと思いますが、
それが1グラムの木炭に集約されたと考えたら、
何やら濃いモノが出来そうなイメージが湧きます。

最近、100円ショップで面白い木炭グッズを発見しました。
木炭を圧縮して丸いビスケットのように固めたモノです。
直径は5㎝くらいです。
消臭効果を謳っていて、3個100円で売られていました。

これに私が自作エネルギーを封入してみました。
半径10mにエネルギーを放出する設定です。
木炭プレート

このグッズの利点は段重ね出来ることです。
かなり強力になります。
木炭プレート団重ね

さらに、このグッズはどんな波動でも呼び出すことが出来るように
なっています。
↓あるパワースポットの波動を呼んでみました。
木炭プレートで呼び出し


ちなみに、竹炭の方がグラムあたりの孔の数が多く表面積が大きいそうです。
100円の竹炭に上と同じパワースポットの波動を直に入れてみました。
これが一番ハッキリ・クッキリでしょうかw
竹炭に直に封入

私は丸い木炭プレートの方が使い勝手が良いので
そちらを愛用しています。


興味のある方は自作グッズにチャレンジしてみてください。

何でも最初は真似から入ると上達が早いと思います。

エネ使いさんであれば、封入する材料を手にして、
写真を見ながら「これと同じエネルギーを封入」と意識すれば
同等のものが作れると思います。

文字波動を使って
(○○○○のエネルギー→□□□□に封入)×最適回数
とやっても出来ると思います。

何事もアイデア、工夫次第と言えるでしょう。

波動グッズと霊障 

ここ最近、自分の波動の状態が良くない自覚があるので
ブログに反映してしまったらカッチョ悪いなあ、と思いつつ
つい書いてしまいます(爆

一番の原因は仕事の忙しさから来ていると思っています。
自分自身をメンテナンスするヒマさえありません(T.T)

その背後にはカルマとか霊障の問題もあると思いますが、
「すべては自分の鏡」と思って、他に責任転化することをせず、
ただマイペースで「おつとめ」を果たすのみですね・・・・


とはいえ、「エネルギー」を使ったり、神仏の力をお借りすれば
ずいぶん軽くすることが出来ます。

霊障というのは一回キレイになっても
あとから浮き出てきたり、拾ってしまったりして、
時々は対処していかないとダメみたいです。

そういう時には体調不良が続いたり、立て続けに運の悪い事が
起こったりして、「そろそろキレイにした方が良いかな」という
サインになります。

私はかつては某宗教団体で救霊というのを何回か受けたりしていましたが、
エネ使いになって、いろいろな技術を覚えていった結果、
今では救霊と同等のことが自分で出来るようになりました。


とりあえず今日は睡眠時間をタップリとりまして、
少し余力が出たところで、様々なワザを駆使して霊障に対処しました。
明日からまた頑張れそうです^^


さて、今回はあまり話題が思い浮かばないので(ナニ
前々回の記事に書いた、∞パワーコードを応用したものを
写真でお見せしたいと思います。

∞パワーコードの応用

如何でしょう?

∞パワーコードの下にはパープルプレートを敷き、
上の白い袋には遠野の角閃石が入っています。
コードに電気スタンドをつないで撮ってみました。
結構良い波動が出ていると思います。


今回、ひとつ失敗談があります。
実は霊障に対処する前にも同じアイテムの写真を撮ったのですが、
その写真には霊障までバッチリ写りこんでいましたw

さすがにソレは恥ずかしいので撮り直しました。

敏感な方から見れば「まだ憑いとるやんけ」と言われそうですが、
そこはご容赦ください(^_^ゞ


霊障は並みのグッズでは対処しきれないという良い?見本ですね(´・ω・`)

鹿島神宮 

更新が遅れがちでスミマセン。

もう一週間経ってしまいましたが、8日の日曜日に
Pさん、Oさんと茨城県の鹿島神宮に行ってきました。
今回はそのご報告です。


朝は8時20分に千葉県の我孫子駅に集合です。

我々の会合は、Pさんが持参したエネルギー入りのインスタントコーヒーで
始まります^^

コーヒーの分包が手渡されると、いきなりエネルギー全開!
ビンビンに充填されているのが分かりますw

紙コップが配られ、水筒からお湯が注がれます。
Pさんはマメな人ですね(笑

その後、各々が持ち寄った波動グッズを見せ合ったりして
楽しい時間を過ごします。

Oさんは某社のエネカードを見せてくれました。
カードにある数字を指で押さえると、
その数字に対応したチャクラが刺激されるのが分かります。
これにはPさんも感心していました。

私とPさんはどちらかというと自作派です。
私は木炭にエネを封入したものを披露しました。
以前公開した「波動増幅ディスク」を発展させたもので、
「岩槻 久伊豆神社」の記事に載せたものと殆ど同じなんですが、
Pさんから「商品にできる」と言われたのは嬉しいですね。

Pさんのエネグッズは独特です。
「秋刀魚の缶詰」と「レトルトご飯」を頂きました(笑
コーヒー同様にエネルギーが封入されていて、
食べると元気が出ます。


さて、鹿島神宮駅に到着です。
鹿島神宮 鹿島神宮駅
ここはPASMO、Suicaが使えないので注意が要りますね。
現金での清算になります。

神社へは駅から徒歩で行けます。
駅前からまっすぐ坂道を登って行き、坂の上で一回左折するのですが、
その左折の直前辺りで「神社の波動」に変わるのが感じられました。

鳥居の随分手前から波動が感じられます。
ここに住んでいる方はとても羨ましいですね。
鹿島神宮 鳥居手前

その、鳥居の手前にPさんが面白いパワースポットを発見しました。
下の写真の、三つの石の中心辺りにパワーが集中しています。
Oさんは入ろうとして仰け反っていましたw
強い弾力に感じたようです。
鹿島神宮 鳥居前の石

大鳥居のところ、右側に案内所があります。
ここで境内の見取り図を貰いました。
結構広いので、初めての方は頂いた方が良いでしょう。

ボランティアでガイドをしてくれる、と言われましたが、
「波動を見に来た」と言って話がコジれても困るので
さりげなくお断りしましたw

ここは関東でも指折りの、霊験あらたかな神社と評判ですね。
その名に恥じない、素晴らしい波動が境内に満ちています。

本当のご神木は公開されていないのですが、
この「二郎杉」もエラく太いです。
鹿島神宮 ご神木

拝殿です。
鹿島神宮 拝殿

拝殿の奥に連なる本殿です。
残念ながら柵があって近づけないようになっています。
それでも高い波動を感じることができました。
写真にもちゃんと写っていると思います。

鹿島神宮 本殿

我々三人の共通した認識は「柔らかく優しい波動」です。

鹿島の神様は武の神、剣の神として有名です。
「強いヤツほど笑顔は優しい・・・・」
私の好きな、某宇宙刑事のエンディング歌詞にもありましたがw
優しさというのは、強さに裏打ちされてこそ本物なんだなぁ、と
思いました。


境内にはご神木と呼べるような大木が沢山あります。
鹿島神宮 境内1

立ち入り禁止区域になっている原生林も多いです。
これもパワーの秘密かもしれませんね。
写真の奥にある、「高波動で神聖な感じ」が伝わるでしょうか?
鹿島神宮 境内2

立派な奥宮があります。
鹿島神宮 奥宮

幸い、奥宮の脇には入ることができました。
素晴らしい波動です。
鹿島神宮 奥宮脇

基本的には本殿と奥宮は同系の波動だと思うのですが、
微妙な違いを感じました。

PさんとOさんは、
「表向きの、社交的な顔」と「本質というか、素の状態」のような違いを
言っていたと思います。

それに加え、私の特撮脳では、
「帰ってきたウルトラマン」と「初代ウルトラマン」のような違いを
イメージしたりしていましたw


さて、鹿島神宮にはまだ見所があります。
それが「要石」です。
鹿島神宮 要石1

私は波動関係の噂話で「鹿島神宮に行ったら要石を見るべし」というのを
聞いたことがありましたが、果たして、それは噂に違わぬモノでした。

↓要石を近くから撮ってみました。
鹿島神宮 要石2

想像していた以上に波動が高かったので、
ソレに気付くまでに時間がかかりましたが、
うまく同調できると身体に「柱が通る」感じでした。

この石は地中深くまで細長く続いているそうでして、
そのせいか所謂「グラウンディング」のような効能があるみたいです。

一発で気に入ってしまったので、
早速自分のエネ体に自己オートロードしました。

オートロードというのはPH会の用語で
パソコンの「インストール」に似た意味です。


さて、これで主だったところは全部見たかと思いきや、
まだありました、凄いところ。
「御手洗池(みたらしいけ)」です。
三人で何気なく近づいていったら、あまりに凄いのでビックリです。
鹿島神宮 御手洗池1

高波動で強い浄化力を感じます。
水の透明度が凄く高いです。
ちょっと写真がヘタですが(^_^ゞ
鹿島神宮 御手洗池2

ここはすぐ脇に売店があって、
腰掛けてお団子を食べながら波動をタップリ浴びることができます^^

座ってゆっくりしているうちに気付いたのですが、
この波動は池よりも湧水口のある山側の方が強いみたいです。
鹿島神宮 湧水口

私はこういう波動が大好きなので、
シッカリと堪能させてもらいました。



この、鹿島神宮は、癒しと浄化と開運の全てにおいて
大変なご助力を頂けるであろう神社です。

お守りやお札からも相当なパワーが感じられます。
Pさんも太鼓判を押していました。

またオススメの場所が増えましたね(*^-^*)


今回、4時間くらい境内にいましたが
私自身、かなり充電できました。

先週一週間は結構残業も多くてキツかったのですが、
不思議とカラダが動いたというか、乗り切っています。

PさんとOさんが私にヒーリングしてくれた効果もあったと思いますが、
実にありがたいことでした。


帰りに柏というところでPさんと飲んだのですが、
そのときのお話をひとつ。

Pさんが作った無限力源大光源は、最近、エネルギーが過剰気味なので
ドンドン使って欲しいそうです。

私は先週、仕事で膝が痛くなったときなどに
「無限力源大光源、丈夫な膝をありがとう」などと唱えると
たちまちラクになったりしました。

疲れた時にもヘタなドリンク剤などより効くと思います。
何しろキツいと感じたときにはその場で何度でも使えますから便利です。

興味のある方はお試しください。

エネルギー源の模索 

最近、仕事が忙しくて
体力の無い私としてはギリギリの日々です(T.T)

「仕事があるのは良いことだ」と言われるかもしれませんが、
会社が儲かるとは限らないワケでして、なかなかキビシイご時世です。

まあ、お金の話はともかく、
なんとかエネルギー不足を補って、明るく楽しく生きるべく、
さまざま工夫を凝らしています。


私は名草の巨石群に毎週通って、
波動を調整し、エネルギーを頂いているのですが、
生来身体が弱いせいか、それ以上に消費、消耗が激しいようです。

最近は、神社・仏閣を訪れると
ご神木に抱きついてエネルギーを頂いている方を
よく見かけるようになりましたが、
シャイなワタクシには出来ない芸当です・・・・(´・ω・`)

そんなワケで、現在、自宅でも出来る方法を模索中なのですが、
私なりに効果の感じられるものを少しお話したいと思います。


いちばんお手軽なのはドリンク類ですね。
私は安物しか飲みませんが、それなりにパワーアップの実感があります。
ただこれは、カフェインによる覚醒作用が大きくて
エネルギー源というのとはちょっと違う感じがします。

要するに長続きしないというか、後で反動が来ちゃうんですね。
だから「ここ一番」というときだけに使うようにしています。

コストパフォーマンス的にはカフェインの錠剤が便利ですね。
ちょっと脳血管に負担が大きい気もしますが。


ドリンク系では養命酒もオススメです。

これは噂話の域を出ませんが、高藤仙道がかつて教室を開いていた頃、
ハードな気功法の合間にチビチビと養命酒を飲まされたそうです。

そういう使い方もあるんだな~、と感心した次第ですが
何しろお酒ですから、仕事の合間に・・・・というワケにはいかないですねw


似たようなお酒で「陶陶酒」というのもあります。
3週間ほど前に買いまして、説明書に「ロックで美味しく飲める」とか
書いてあるので、やってみたら、ついたくさん飲みすぎました^^

通常は添付された小さなプラスチックのグラスに一杯で良いのですが、
氷を入れたマグカップにドボドボと、三回くらい注いだかなぁw

おかげでその夜は夢に蛇が出てきました。
原材料にマムシのエキスも入っているそうですが、
「それはマムシぢゃないだろ!」みたいな模様でした(爆

翌日は妙に体が軽かったので、
コレはいいやとばかりに連日多めに飲んでいたのですが、
頭に邪気が溜まって鈍痛がし、思考がとても鈍るような副作用を
感じました。

やはり何事も適量・ホドホドが宜しいようです(^_^ゞ


天照グッズのような高波動のものを身に着ければ
カラダも結構無理が利くものなんですが、
ソレは既に実行済み・・・・難しいものです。


波動グッズだと、私の場合、エネルギーの量的な部分で
不足を感じてしまうので、最近は基本に返って、
高藤仙道の「電気コンセントから気を吸収する」ワザを
本格的に身に着けようと、十何年ぶりかに行ってみました。

以前よりも波動感覚が磨かれたおかげで、
電気コンセントから摂れるエネルギーを確信できるのですが、
なんかこう今ひとつショボイというか、
元気にはつながらない感じがします・・・・

以前も同様な感じで不採用になった経緯があります。

そこでいくつか改良を加えてみました。

まず一つ目は「電気アンカ」を使うことです。
アンカを使えば「二つ穴」のコンセントよりも触れる面積が大きくなるし、
熱も発生するのでエネルギーが捉えやすくなります。

二つ目に、電源に、以前ご紹介した「∞パワーコード」を介します。
これで活力度がアップしますね。

さらにこの∞パワーコードは応用が効きまして、
コレに波動グッズを触れさせると波動の「音色」が変わります。

私は∞パワーコードの下にパープルプレート(大)を敷きまして、
上には角閃石、自作グッズなどテンコ盛りですw


使ってみて・・・・うん、これなら行けそうかな、と思えるものに
なりました。

電気の気が体内に染み入ると、独特の重さを感じるのですが、
そこに心地よい清涼感、癒し、浄化力などが加わって
効果が期待できそうです。

あとは実行する時間がナカナカ持てないのがタマにキズですね(爆

まあでも、何しろアンカですから、
寝ながら使っても多少は効くと思います(*^-^*)