FC2ブログ

「ぷるぷる」と霊術 

先日、読者の方から『ゆほびか』というアヤシイ雑誌の存在を
教えていただきましたが、私も「すごい氣が出るDVD」に
興味をひかれて買ってみましたw

三人の術者がカメラに向かって「ハーー」とやっていたのは
確かにすごい波動でしたが、ちょっと私が求めているものとは
違うかなぁ、という気が・・・・


ただ、雑誌に載っていた「ぷるぷる秘伝功」というのは
私もオススメしたいと思います。

一ヶ月ほど、毎日寝る前に実践してみましたが、
体質改善や波動の活性化に優れていると思います。

やり方の説明としましては、このサイトが宜しいようです。
「ぷるぷる健康法」
この方、神秘のお部屋にもリンクがありましたね。

『ゆほびか』では「本物の氣功」「秘伝」「門外不出」というような
「格付け」を意識した言葉が乱発されていて少々不快でしたが、
功法自体は良いものに思います。



私は動画でコレを見たときに真っ先に思い浮かんだのが
「太霊道」という霊術の動きでした。
これの霊子顕動法という行法に「ぷるぷる」と相通ずるものを
感じています。

私が太霊道を知ったのは20年ほど前です。
情報源は『奇跡の超能力開発法 太霊道』という本で、
学研・ムーブックスというお決まりのパターンですw

太霊道というのは大正から昭和の初期にかけて随分流行したらしいのですが
創始者の田中守平という人は中国・朝鮮にも渡ってその術を伝えたそうで、
一説には太霊道が気功になって日本に逆輸入されている
という話もあるようです・・・・


私は別に起源を主張して「どっちが偉い」とかの話に持っていくつもりは
ありません。

他にも神道の振魂(ふりたま)という行法にも似たような動きがありますし、
探せばまだまだ他にもありそうです。

流派に囚われると視野が狭くなると思います。

情報は出来るだけ沢山集めて、そのエッセンスを
自分のものとして消化吸収できれば良いのではないかと
私は思います。

情報の「いいトコどり」がこのブログの特徴ですねw

実際、私は太霊道の方は以前少しかじった程度でしたが、
今回「ぷるぷる」に接したおかげで、また興味が再燃しました。


で、一ヶ月ほど実践して私なりに大事と思うポイントを列挙してみます。

膝は少し曲げて軽く上下するように

膝に負担をかけないように、全身を連動・上下させること

自分が心地よく感じるペースで


細胞を振動させることによる活性化と
細胞の構造が整然と整うことを意識する

ただ漫然とやるのではなく、最初は
重心をつま先に置いたり踵にしたり、ちょっと猫背になったりと
いろいろ姿勢を変えてみて、少しずつ理想的な状態に安定させていく感じ

腰が悪い人は腰に振動を集中させるとか、
精神的ストレスが多い人は頭部に振動を集中させるとか
あちこち集中ポイントを動かすと良い
慣れると出来るようになる

休み休みでも合計5分はやるようにする

辛くても根性でやる、というのはダメ
疲れたら一回ストップして、より力を抜いて再開する

慣れてくると不思議と疲れを感じなくなる

笑顔でやると疲れにくい

無駄な思考が止まるような感覚が得られる



大体こんなところです。

ネット上に動画があれば良いのですが、ちょっと見当たりません。
動画を見てみたい方は『ゆほびか』のバックナンバーを入手するのが
最善かもしれません。

気に入っているので、今後も続けたいと思います。

「集中」の効用 

今回も小ワザをひとつご紹介します。

それは「集中すること」です。

やり方は簡単です。
何か尖ったものの先端を見つめて、心の焦点を合わせると言いますか、
ひたすら「小さく、小さく」と意識を小さいところに集中していきます。


小道具として鉛筆やシャープペンシルの先端などを利用すると
良いですね。

柔らかいものを使いたいときには
糸や髪の毛の先端などが宜しいでしょう。

1回につき30秒もやれば十分だと思います。


私の場合、これをやると憑き物が外れることが多いです。
そのとき身体が「ブルッ」となります。
これは小用を足したときの震えに似ていますw


憑くのは何もお化けばかりとは限りません。

私は、特定の宗教とか、考え方に凝り固まっている人には
文字通り、頭にヘルメットを被ったようなエネルギーの塊を感じます。
これは私に言わせれば自らを窮屈に、不自由にしている状態です。


「~は・・・・でなければならない」というのを沢山持つ人ほど
その傾向があるようです。

そして、恐ろしいことに、そういった人に意識を向けられると、
そのヘルメットがこちらに被さってきますw

意識が混濁して、理解力、判断力が鈍ったりします。
眠くなったりもします。

また、上記のような人に限らず、
いわゆる「波動の悪い人」に意識を向けられても
同様のことは起こります。

人は多かれ少なかれ、お互いにこのような影響を及ぼし合って
暮らしていると思います。
それは私も例外ではありません。


で、先に書いた集中のテクニックを使うと何かがブルッと外れて
意識が冴えて透徹した感じが戻ってきたりします。

この「集中」が何故有効なのかというと、

微細なモノに意識を向けると、それだけで波動を高める作用があって、
低い波動を弾いてくれるからではないか、と私は考えています。


このワザは、とある催眠記憶術の本に書かれていたものを
元ネタにしています。

簡単なので是非みなさんに試してほしいです。

自作のススメ 

「エネルギー」というのは自作できるようになると楽しいですね。

私はエネ使いになってから、それなりのモノが作れるようになるまでは
大体10年くらいかかっています。

ほとんど自己流で、試行錯誤しながら覚えたので
キチンとしたところで学べばもっと短く済むとは思いますし、
私の技術には偏りがあるかもしれません。


まあ実際には「エネルギー製品の作り方教えます」なんて
看板を掲げているところは少ないでしょうね。

それは不思議の世界に限った話では無いと思いますが・・・・

PH会でも、公開されているエネルギー技術と
製品化されているエネルギーの技術との間には
大きな隔たりがあるのではないかと思います。


最近のPH会報には代表によるエネルギー開発の余話が書かれています。

四股踏みをすると足先にあるエネルギー発生器が活性化して
下丹田にエネルギーが集まってくる・・・・等など
製品作りには様々な研究がされているようです。

さすがにプロは良く調べているなぁ、と思わされることが多いですね。
こういうのを目にすると「自作なんてとても・・・・」と思ってしまう人も
多いのではないでしょうか。


私なりに一番のネックになったのは、
エネルギーをどうやってプログラミングするのか?ということと
プログラミングしたエネルギーをどうやって利用するのか?
ということでした。

いざ、自分でそれが出来るようになって、その技術を公開出来るか?
と考えたときに、「うーむ」と唸ってしまう自分がいます・・・・

ナゼナラバ・・・・ほとんどパクリだからです(爆
「あるものを利用しただけ」という表現の方が適切かもしれません。
まあ他にも「悪用されるのが怖い」ということもありますが・・・・

食べ物に例えて話しますと、ラーメンひとつとっても、
プロでも無いのに自分で麺を打ったり、スープのダシをとったりする人は
少ないと思います。

これ以上具体的には書けないです(^_^ゞ
自作を志している人にはこれだけで大きなヒントになっていると
思います。


でも一応、今回は「自作のススメ」ですから、
ひとつ小ワザを公開しましょう。

エネルギーのプログラミングに関してはPurple.Cさんの文字波動を使えば
大概のことは出来ると思います。

あとは、エネ使いの人なら文字波動の「○○○○ファイルのエネルギー」を
呼び出すことは可能です。

「掌から○○○○ファイルと同じエネルギー出ろ」と思うだけで
ソレが出来ます。

このワザ、結構使えますよ^^




参考記事

厄除けエナジーワーク

「エネ使い」になりたい方へ

「ぬきたま」

秋葉神社、亀戸天神など 

昨日はアチラコチラと巡ってきましたので、そのご報告です。

私は毎年初詣で大宮氷川神社にお参りする習慣があったのですが、
去年は喪中で行けず、今年もまだ本殿の方にはお参りしていなかったです。

で、「天界のお正月」と言われている立春を過ぎた最初の休日に、と
決めていたのですが、急遽Pさんも合流することになりました。

私は波動感覚が少し深まってから、
人の少ない氷川様にお参りしたのは初めてだったので、
そこは意義深いことでした。

氷川神社の拝殿です。
氷川神社・拝殿.jpg

柵があって本殿には近寄れないようになっていますが、
ギリギリまで行くと、高く濃密な波動を感じることが出来ました。
氷川神社・本殿近く.jpg

氷川神社の境内社の中では宗像神社のところの波動が素晴らしいですが、
門客人神社と御嶽神社はシャープな波動を感じます。
Pさん曰く「隠れた穴場」だそうです(笑
氷川神社・御嶽神社.JPG
更に、何故か門客人神社の左手の方角から高い波動を感じました。
氷川神社・門客人神社.jpg


さて、お参りを済ませた後は東京の神田神保町へ。

ここには沢山の書店が並んでいますが、
不思議関係でオススメなのは書泉グランデです。
ここの精神世界コーナーは凄い品揃えです。

今でこそネットで良い情報がたくさん手に入る時代になりましたが、
私が「不思議」に足を踏み入れた四半世紀も前には
この神保町が情報源であり「聖地」であったと言っても過言ではありません^^

品数という点では三省堂も良いですが、
何故か書泉グランデの方が私の「ツボ」を突いていますw
そこはお店の担当者さんのセンスによるところが大きいと思います。

今回、飛鳥昭雄さんの新刊を買うのが目的のひとつだったのですが、
山のように平積みされていまして、しっかりゲットできました^^

Pさんは本を波動で探します(爆
神道家のF氏の本や仙道気功の高藤本にも載っていましたが、
優れた能力者は波動から本の内容を読み取ることが出来るようです。
Pさんもその領域に入っているようですね。

神保町ではPさんにつきあってコーランを売っている店を探しました。
そのアジア専門の書店には他にお客さんはいなかったのですが、
私の苦手とする「ガイジン波動」が満ちていました。
これもまた書物が発している波動なんでしょうが、
私には細かな判断は出来ません。

精神世界の古書店としては原書房も面白いですね。
大陸書房の高藤本『仙人入門』が2千円くらいで売っていました。
これはお買い得みたいですヨ


さて、神保町からお次は地下鉄半蔵門線で表参道に移動しました。

駅近くにある秋葉神社は超能力者・秋山眞人さんのオススメだそうです。
秋葉神社
民家1件分にも満たないような小さなスペースにある神社なんですが、
強いパワーを感じました。
Pさんによると開運力があるそうです。

ただ、このパワーは神社というよりは土地に由来するものみたいで、
脇の道から、奥にある善光寺というお寺まで波動が続いていました。
秋葉神社の脇の道.JPG
善光寺.JPG

表参道交差点から原宿駅に向かう道を歩くと運気が向上する・・・・
らしいのですが、あまりにも人が多くて、私には苦痛の方が多く
感じました(^_^ゞ

原宿は、確かに場所の波動が良いのは分かりますが、
それ以上に、ここを訪れる人が放つ想念波動というのはアレですねw
特に竹下通りなんかはスンゴイと思います・・・・


移動の途中、四ッ谷駅で乗り換えたのですが、
ここは繊細で美しい波動のようです。


次は飯田橋の東京大神宮へ行ってみました。

せっかく東京へ行くのだからと、ネットでパワースポットを検索しまして、
「東京のお伊勢様」と呼ばれているこの神社に興味を持ちました。

ところが・・・・
最近、この神社は「縁結び」がウリだそうで、
若い女性に大ブレイク中みたいですね。
凄いコトになってますた(´・ω・`)

以前お話した、足利市の織姫神社にある「縁結びの広場」と同様なことが
桁違いなスケールで進行中でありました。

Pさんの話では、実際、波動仲間のTさんに御利益があったそうなので、
まあ本物なんだとは思いますが、
私は入口の外から遠巻きに眺めて、
その、空間が歪むかのような状態が見えた気がして
「ごめん、パスします」と相成りました。

なんというか、日本人の「流行に踊らされやすい」一面が良く見える
出来事ですね。
原宿などでも一歩奥に入れば、善光寺のように、
人っ子ひとりいない写真が撮れたりします。


さて今回のメインは亀戸天神社です。
天照さんも別格レベルとオススメの場所です。
亀戸天神1.JPG

ただ残念なことに、昨日はやたら寒いうえに風が強くて、
正直波動がよく分からなかったです(^_^ゞ

今回の記事は書こうかどうか、ちょっと悩んだくらいですが、
撮った写真をみたら波動が写っていたので公開することにしました。
亀戸天神2.JPG
例によって本殿脇の波動は素晴らしいですが、
柵があって近づくことは出来ませんでした。
↓柵の隙間から撮ってますw
亀戸天神・本殿脇.JPG
ここは「学問の神様」菅原道真をお祀りした神社ですが、
Pさんによると、霊的なことを目指す方はこの御嶽神社にお参りすると
良いらしいです。
私もシャープな波動を感じます。
亀戸天神・御嶽神社.JPG



ということで、収穫はモチロン沢山あったのですが、
様々考えさせられる道行きでもありました。