FC2ブログ

「清濁併せ呑む」こと 

前回「波動の良い人、美しい人」という記事を書きましたが
今回は少し補足したいと思います。


この世に肉体を持って生きる限り、
波動の美しさに完璧を求めるのは現実的には難しいことだと思います。

かつてお世話になった、ある霊能者さんに言わせると
波動グッズに限らず、身近な日用品であっても
霊的に汚染された企業の商品を購入すれば、その影響を受けるそうです。

まあ実際そうなんだと私も思います。

人が作ったモノには製作者の波動が乗る、ということは
私も経験上確信しておりますし、

また、「シームレスな波動経験」という記事に書きましたが
波動グッズと呼ばれるものと、それ以外の身の回りのものとの間に
明確な境界線があるワケでは無いと思うからです。
(参考記事:「波動グッズと呼べる日用品」「身近な波動グッズ」


じゃあ、どんな製品が波動的に良くて、どんな製品が良くないのでしょうか?

一般的な書き方をしますと、
人を使い捨ての道具としか思っていないような企業の製品であるとか、
反日教育を行っているような国から輸入した食品であるとか・・・・

それだけを考えてみても難しいことですね(´・ω・`)
日本を代表する、一流と呼ばれる企業にもあてはまることですから・・・・

恐らくですが、私個人の感覚では
我々の身の回りにあるモノの8割はペケだと思います。

そして私も含めて、一般庶民の収入では
そのような環境に生きざるを得ないと思います。


救いの無いような書き方になってしまいましたが、聖書では
『金持ちが神の国に入るよりも、らくだが針の穴を通る方がまだ易しい』
と言われているようです。

これは救いがあってヒントになりますね^^

自分ひとりを、安全なところ、高いところに置こうとする人は論外だ、
ということを意味すると思います。


波動の健全さ、美しさという問題に関しては、
諦めたり嘆いたりクサったりしたら「負け」なんだと思います。

諦めたり嘆いたりクサったりすると
そのようなネガティブな波動を出すことになりますから・・・・

また、自分を「正義」の側において
「悪」に対する嫌悪感を露わにする人というのは
その嫌悪感の波動がどれだけヒドイものかが分かっていない人が
多いと思います。

加えて、どう足掻いても完璧が難しいことならば
ヒステリックに潔癖であろうとしても
波動的には病的なものとなる気がします。


そう考えると、大事なことは、
「現状を理解し肯定した上でテキトーに前向きであることw」
なのではないでしょうか?

「清濁併せ呑む」という言葉がありますが、
私は「不思議流」でこれを実践したいと思います。


私がこのブログで推奨している基本的な方法論は
「地道な浄化と高い波動」です。

浄化力の高いパワースポットに行ったり、
波動グッズや「エネルギー」、文字波動などの「不思議」を駆使すれば
効率の良い改善が期待できます。


そしてまた、たまにはバカやるくらいの方が
魂は躍動するし光かがやくと思います^^

「泥んこ遊び」も時には必要です。

あとはその「積み重ね」が大事だと思います。



最近感じることですが、
波動の良くない人や企業が爆発的に増えています。

これを「神罰」と捉える霊能者さんもいれば、
「膿みだし」と捉える方もいます。

その根底には、宇宙レベルの、スケールの大きな波動の上昇があるようです。

この「流れ」に乗れば、長年積み重ねた「負の波動」も
キレイに出来る可能性を私は感じます。
楽なことではないかもしれませんが・・・・

その「流れ」に乗るための理想的な「角度」が
「現状を理解し肯定した上でテキトーに前向きであること」
なんだと私は思っていますw


参考記事:

浄化の方法

浄化について

呼び水

欲しがっているうちは得られない

波動の良い人、美しい人 

今回は特別新しいお話ではないのですが
まとめ的に書いてみたいと思います。


私は波動感覚を身につけて、「ぬきたま」が出来るようになった頃から
私の中に「波動の良い人・美しい人とそうでない人」というモノサシが
増えました。

そして、何か情報を集めるときには
波動の良い人、美しい人の言葉を重視する傾向になりました。

波動グッズを選ぶ際にも、製作者の波動をみて
説得力があるかどうかを判断するようになりました。


いま私が私の波動感覚でもって世の中を眺めた場合、
波動の良くない人の方が圧倒的に多いです。

「そんなの神経質に考えすぎだよ」と言われるかもしれませんが、
波動の良し悪しは、健康や運気と密接な関係があると思います。

波動の良くない人は良くない現実を引き寄せやすい、
ということですね。

そして日本人の7割以上が病気か事故で亡くなるのが現実です。
(参考記事:「普通」は正しいか?


だから、波動を良く、美しく保つ生き方を心がけていれば、
人はもっと平和に、健康的に長生き出来るし、仙人やヒマラヤ聖者のように
死の超克すら可能かもしれません。



波動が良い人、美しい人とは、
ひと言でいうなら「心身ともに健康な人」になると思います。

だから別に波動など知らなくても、心身ともに健康なら美しいですが
私なりの見解を述べてみます。


まずは肉体レベルでのお話からしますと、
病院の検査にひっかからない、という程度の健康では
とてもとても・・・・です。

傾向としては若い人ほど美しく、
男性よりも女性の方が美しいです。

若いほど美しい、というのは正しく肉体の生命力の反映ですね。
そして基本的に女性の方が生命力に溢れている印象があります。
男性の方が肉体を酷使している傾向もあるようです。


トシとともに衰えていくモノをくい止めることは
常識的には無理だと思いますが、
「より健康的に」という工夫は出来ると思います。

その基本として、過労は禁物です。

「労働基準法?ナニそれ美味しいの?」
というような現代社会においては
肉体が苦痛の悲鳴を上げている人が実に多いです。

学生から社会人になった人の変化をみると良く分かります。
大学生になったとたんにバイト三昧、という人も
それに準ずるものがありますw

病気になったら医者にみてもらう、のではなく
自分で自分の身体をメンテナンスする、病気を予防する、という考え方が
もっともっと広まって欲しいと私は思っていますが、

それと同時に、病人が減ると病院や製薬会社などが存続できなくなる、
という社会のあり方も問題視したいです。

それ以前に、人を使い捨ての部品程度にしか思っていない
企業のあり方が問題だと思いますが・・・・



波動の美しさには「心の美しさ」も反映するようです。

私なりに判別できる要素としては
素直さ、優しさ、力強さ、軽やかさ、誠実さ、愛情、芯の強さ、柔軟性
などが挙げられます。


ところが現代社会においては、
競争に勝つこと、人の上に立つことが美徳とされているので
欲しがる・奪う、の欲丸出しで腹黒い人間が多いです。
これも波動で分かります。
他人にダメージを与える破壊の波動です。

そしてまた、庶民が「普通の生活」を維持することすらままならない
このご時世ですから、「辛い、苦しい、不幸だ」という思いの波動が
更なる辛さ、苦しさ、不幸を引き寄せ、加速しています。

自分が正しいと決め込んで、他人を裁く「嫌悪感」の波動。
これもかなりキツいです。

片や、恐怖・不安に苛(さいな)まれ、物事を悪い方悪い方へと考える人。
これも自ら不幸を引き寄せ、他人にダメージを与えたりもします。
他人に縋る(すがる)行為は「欲しがる・奪う」と同義だと思います。


内面の美しさは気持ちひとつで「スイッチ」を入れかえれば
済むような話だと思うのですが、
長年染み込んだ「思考のクセ」、自我というのは、
ナカナカ改めるのは難しいようです。

「理屈では分かっていても・・・・」となってしまうワケですね。


内面の美しさ、という面に関しても
総じて若い人や子供の方が勝っていると思います。


私なりに理想に思うのは、
少年・少女のような純真さと大人の聡明さを兼ね備えたような、
そんな状態です。

そう考えると、老賢者のイメージを伴いながらも
若返りの行法である仙道というのは実に合理的です。



何しろ、一般的な「社会人」は波動がヨロシクナイと
私は思うワケです。

私はべつに波動の良し悪しの問題を、
単純に道徳的な善悪でくくるつもりはありません。

波動が美しいということの裏には、「苦労していない」という意味も
結構含まれると思いますし、

内面の美しさを貫きたいがために、
バカ正直な損な生き方をして肉体を酷使している、
というケースなどもあるでしょう。


ただ、健康的な生き方が出来ていない人が多い、というのは
間違いないと思います。

いち波動感覚者としては「このままじゃマズいんじゃないの?」という
思いが強いです。



原因として、やっぱりお金の問題が大きいでしょうか・・・・

人は食べなくては生きていけない、
食べるためには働かなくてはいけない
というところかなぁ、と思います。

そして私なりに特に問題と感じているのは、富の偏在ですね。

「経済格差 独占」という言葉で検索すると興味深い記事が多いです。
↓これなど
所得格差は米国以上、1%の人々が40%の富を独占―中国

↓他にもこんな話があります。
●国連大学世界開発経済研究所が2000年の国際統計を分析して出した世界の富の分布

上位1% 世界の富の40%を保有
上位2% 世界の富の51%を保有
上位5% 世界の富の71%を保有
上位10% 世界の富の86%を保有
上位50% 世界の富の99%を保有
下位50% 世界の富の1%を保有


日本では1980年代までは「一億総中流社会」と言われ
経済格差の少ない代表格だったと思いますが、
この20年で随分様変わりしてきたと思います。

wikiの「国の所得格差順リスト」を見ると
格差の度合いは中程度といったところでしょうか・・・・



私は経済格差があること自体は否定しませんが、もうちょっと、
皆が健康的・文化的で、美しい波動を保てる程度であって欲しいですね。

この、格差の傾向が加速していけば必ずどこかで破綻すると思います。

人口が増えて、世界が狭くなってきて、資源が限られている、となれば
今後、経済が右肩上がりで成長するとは考えにくいとも思います。

それ以前に、いつ日本の経済が破綻してもおかしくない気もしますがw


そしていつかはモノ・お金に代わる新しい価値観が台頭してくると思います。

それが「波動の良い人、美しい人」であって欲しいなぁと
「不思議マニア」の私などは思ってしまうのですが(笑

実際、波動の分かる人、能力者が増えていけば
そのような流れになると思います。


これからは目先の生活さえ苦しい時期があると思います。

そのような時でも良い波動、美しい波動を心がけている人は
必ず「守られる」と思います。

私は体験上そう思っています。



オマケ

(父なる神の子である人は、そのすべてを受け継ぎ本来豊かであり、○○○○もまた豊かである)×無限回数

(父なる神は本来無限であるがゆえに、その存在しないところはなく、○○○○は父なる神に守られる)×無限回数


注:私が書く「父なる神」はヒマラヤ聖者が説いている「父なる神」です。
理解が深まると「守護」も強くなると思います。

(参考記事:神とは『ヒマラヤ聖者の生活探求』

パワースポットブーム? 

近況など・・・・

先月の後半は車の買い替えに時間がかかりまして
代車に乗っている期間が長かったものですから
名草には3週間も行けずにおりました。

代車には日産のノートという車を借りました。
モリモリと加速する楽しい車でしたが
何しろ名草は道が狭いものですから、遠慮していた次第です。

今度の車も軽ですが、昼寝のためにあるような仕様なので
大活躍が期待されますw


さて、ここ数ヶ月は仕事の方がとても忙しく
(仕事があるだけマシ、というレベルですが)、
カラダの弱い私としましては一杯一杯の毎日です。

昨日は久々の「別格レベル」なパワースポット、名草で
だいぶ取り戻すことが出来ました。

殆ど貸切状態で贅沢な気分ですね^^

石の上に立って、以前「姿勢による能力開発2」の記事でご紹介した
自分の中心軸を意識するワザをやりますと
エネルギー体がグググッとパワーアップするのを感じます。


パワースポットというのは、
何も知らない人がソコにいてもあまり意味は無いみたいですが、
「良い波動を享受する」という意識を持つだけで
かなり効果が違ってくるみたいです。

こういう場所で気功でもやれば相当なモノだと思いますが、
人目が気になってしまう私は「さりげなく」という感じですね(^_^ゞ


昨今、パワースポット巡りがブームになってきているようです。

新しい価値観が広まるのは良いことだと思いますが、
日本人には「流行に殺到する」という悪い癖がありますね。

大事な「場」が荒れなければ良いなぁ、と思います。