FC2ブログ

最近気になった記事(H23.6-1) 


東電が「電力使用率」の数値を水増ししていたことが判明

東電って・・・・


供養について 

今日は会社関係のお通夜に列席しました。

故人とは面識がありませんでしたが、
遺影を拝見するうちに「同調」したみたいで
涙が出そうな感情が溢れてきました。

以前、別の葬儀(これも会社関係です)のときは、
故人は「まっ、しょーがねーか」みたいなアッサリした感じでしたが
まあそのへんは性格なんでしょうね。

陰ながら、供養のエネルギーを送らせていただきました。

雰囲気がパッと明るくなって、泣き顔が笑顔に変わったように、
垣間見えた感じがしました。
単に私の妄想かもしれませんがw

私の小細工エネルギーの効果を抜きにしても、
大勢の人が集まって故人ひとりのために儀式を行うというのは
大変な慰めになるんだな、という実感がありました。

霊的な存在が科学的には認められていない現在、
死者の供養というのは「生きている人の気休めにすぎない」という意見も
多いようですが、

まあ、このようなデンパなお話もあるということで
記しておきたいと思います。