FC2ブログ

虹 

今日は買い物帰りに虹を見ました。
何かの瑞兆だといいですね(*^-^*)
虹

浄化とヒーリングの使い分け 

私が浄化の方向性を志しているのは、
簡単に言うと「神我」を体得するためですが、

最近読み返した本の中に「老子」に関する記述がありまして、
その「無為自然」の考え方は「神我」に通じるものがありました。

「学を為(な)せば日々に益(ま)し、道を為せば日々に損(そん)す。これを損して又(ま)た損し、以(も)って無為(むい)に至る。無為にして為さざるは無し。」

私なりの解釈ですが、

アタマを使ってこの世的な努力をする者は利益を積み重ねる。
道を志す者は、人為的なものを手放し、
この世的には損をしたように見えるが、
最終的には「人が本来持っている、神にも等しいチカラ」が目覚め、
どんなことでも出来るようになる。

そんなふうに捉えています。


私は現在この「これを損して又た損し」というところが
ヒジョーに切実に感じてしまったりするワケですがw

「無為」に似た感覚は私のエネ使いとしての経験からも言えるワケでして、

「俺が、私がやるんだ」という「我(が)」を出すよりも
自分はあくまでも「エネルギーのパイプ、通り道」に徹し、
エネルギーに「おまかせ」した方が、遥かに高度で強力な効果を
生み出すことが出来ます。

また、神社・仏閣にお参りする方の傾向として、
御神霊に好かれる人、目をかけてもらえる人というのは
共通して、明るい心、感謝の心、大きな心を持った人であり、

さらには、神懸る人というのは、御神霊と同じ方向を向き、
御神霊と同じ願いを持ち、滅私の心で御神霊の願いを実現しようと
する人ではないかと思います。


上記のようなことを実践していくためにはやはり「浄化」の必要性が
生じてきます。

Pさんが世に出した、浄化力の強い「宇宙エネルギー」を
「神道的」と形容したのも、このような方向性だからでしょう。


ただ、浄化には「タイミング」とか「加減の難しさ」がある
と思います。


数名の不思議仲間から、
とある浄化系のエネルギーCDを使い続けると
何日目かで頭が痛くなる、という話を
聞いたことがあります。

本人曰く、「自分のエゴが削られることに苦痛を感じているのだろう」
との見解でした。

また、強い浄化エネルギーを使い出したら、
トラブル続きになった、という話も最近見かけました。

トラブルに関しては、人に恨みをかったり、霊障があると
招かれることが多いと思いますが、

浄化のエネルギーを自分や自分を含む生活圏に向けた場合にも
起きやすいと思います。

その発生原理はやはり
「自分のエゴが削られることに対する(無意識的な)抵抗」
なのではないかと思います。
(霊障が浄化を嫌って暴れるケースもあるでしょうが・・・・)


私は別にエゴがイカンと言うつもりはありません。
浄化が進むと「この世的」に生きるのが苦痛に感じることも多い
と思いますから・・・・

ですから、浄化がキツいときには「癒し」「ヒーリング」も
バランス良く取り入れれば快適になると思います。


以前にも書いたことがありますが、「癒し」と「浄化」というのは
一見同じように思われますが、実際には意味が正反対に近い気が
します。

一般的な定義とは違うかもしれませんが、
「癒し」という言葉は「リラックス」の意味合いが大きく
「浄化」という言葉には「削り取る」意味合いを感じます。


日々の暮らしが辛く厳しくて、救いを求めているような方は、
「まず癒し」もしくは「ヒーリング」をメインにしていくのが
宜しいかと思います。


そういう意味では、Pさんのところの
「宇宙最高のヒーリングエネルギー」というのは秀逸に感じます。

このエネルギーを常に意識して、
毎日が平和で健康的であることを願うと
効果はバツグンだと思います^^


最もオーソドックスなのは、やはり神社・仏閣にお参りして
「おまかせ」することでしょう。
老若男女、誰にでも実践しやすい方法だと思います。

祈り方のコツみたいなものはあると思います。
アレコレと願い事をするよりは、
ただ「ありがとうございます」と感謝するに止めるとか、

健康、平和、豊かさなど、どんなことでも
「人として当たり前のレベル」と言いますか
「胸を張ってお願いできるレベル」の祈願をすると
通りやすいのではないかと思います。

この辺、表現に難しさを感じるのですが、
「自分を他人より高いところに置きたい人」とか
「不足を嘆いている人」の願いは叶いにくい気がします。


「浄化」や「ヒーリング」を使いこんでいくと、
そういう「サジ加減」が見えてくるようです。


参考記事

癒しと浄化

浄化について

浄化の方法