FC2ブログ

最近気になった記事(H27.10-1) 

京都大学、炭酸ガスと水で石油の合成に成功 / 3円の電気で100円の石油

まだ世間ではスタップ細胞の件が記憶に新しいので、
鵜呑みにしない人が多いですねw


おならで「大腸がん」がわかる!?専門家に聞いた最新研究

おならのニオイと体調の関連性というのは、確かにあると思います。

後継者の有無 


「不思議」の世界において何処かに入門を考える場合、
「後継者の有無」「優秀な生徒が居るかどうか」というのは
大事なポイントではないかと思います。

どんなに超人的な伝説を残した人物であっても、
その人物が残した技術を再現できる後継者がいなければ
チョット魅力半減ですね・・・・

中には、残された書物をもとに研究を重ねて
技術を「発掘」できるケースもあると思いますが・・・・


これからは誰もが「不思議」を使いこなすようになっていく時代なんだと
思います。


その意味で、「伝授系」の出現というのは大きな意味があります。

「まず能力を持たせる」ところから始まる、というのが伝授系の特徴ですね。
そして能力を使い込むことで日常に役立てることが出来ます。

能力者を量産して、皆で経験則を積み上げていくことができます。


このブログの初期の記事で書いたことがありますが、
私も伝授系のお世話になっています。

遠隔で波動を視る「ぬきたま」というのはPH会の技術です。
これの習得は私の大きな転機となりました。

「やってみたら出来ちゃった」という感じですが(^_^ゞ

開発されたエネルギー技術、製品も多岐に渡ります。

今のところ「スピリチュアル」な方面では、あまり応用がされていない
ようですが、私の経験上、霊障を軽減したり、先祖供養とか、
神仏との交流にもこの能力が役に立つことが多いです。


いま私はワケあって、大正から昭和にかけて流行した霊術とか健康法などを
調べたり、実践したりしておりますが、

どうにも「一代限り」で奥義が途絶えてしまったようなモノが多いなぁ、
という印象ですね。

少しずつパズルを組み合わせているような感じなんですが、
まあそれも楽しいと言いますか、自分には向いているかも
しれませんw