FC2ブログ

波動の「高さ」について 

私が気・波動についてイロイロと考察したりしていく中で、
「波動の法則」というのは大きな手がかりになっています。

その中に、
「優位の波動は、劣位の波動をコントロールできる。(包み込む)」
というのがあります。

優位の波動というのは「周波数が高い波動」のことで、
周波数が高いほど微細なことを意味します。

私が目指す、脱カルマ=自由に至るためには
この「高い波動」を体得することが鍵になると思っています。

その、分かりやすくて興味深い事例を『ヒマラヤ聖者の生活探求』で
読むことができます。

「第一巻 ~第十三章 野火よりの脱出~」という頁です。

ここには、森林の中で落雷による火事に見舞われた著者一行が、
大師に波動を上げてもらい、物質的な影響(火事)から逃れるエピソードが
書かれています。

その核心の部分が↓コレですね。

「わたしたちは今、肉体のヴァイブレーションを火事のヴァイブレーションよりも高めているのです。従って火事もわたしたちを害することはできません。もし俗眼でわたしたちを見たとしても、わたしたちが消え失せたとしか見えないでしょう。しかし実際にはわたしたち自身はいつもと少しも変わっていないのです。」

↑引用ここまでです。
100年以上も前の科学に「ヴァイブレーション」の考え方が
あったかどうか?というのも興味深いことですが、どちらにしても
「分かっていなければ書けない」ことだと思います。


私が扱う、「高い波動」と言える事例はもっと地味ですw

ヒーリングや運勢の改善において、
病気とか災難の原因となるような「良くないエネルギー」に対して
「波動が上がる」ように働きかけると、
サーッと波動がキレイになるのを感じることが出来るんですね。

Purple.Cさんが文字波動の浄化を行ったのも同じような手法だと思います。

一般的なヒーリングというのは
「マイナスにプラスをぶつけて戦う」発想をする方が多いように
感じるのですが、

そこに「波動を上げる」「調和」という考え方を加えると
さらに効果が上がるのではないかと私は思います。

ヒーリングに使われる「エネルギー」というのは
元から波動が高く、自在性があるからこそ効果があるのだと思います。

あるいはまた、同じ波動グッズ、文字波動、「エネルギー」を扱っても
効果の出る人とそうでない人の違いが出るというのは
その人その人の波動の高さに違いがあるからかもしれません。

繰り返しになりますが、
波動が高い人ほどカルマの制約から逃れて自由度が高いのではないか?
と私は思っています。


ということで最近は「エネルギー」や文字波動を使って
「波動を上げること」が主なテーマになっています。

先月に書いた「災難除けの文字波動実験」というのは
やはり有効だと思います。


ただ、やはりと言いますか、
波動はいくらでも高ければ良いというものではありません。
波動は高すぎると苦痛です。
「エネルギーあたり」と呼ばれる「湯あたり」に似た症状がでたり、
筋肉が硬直したりします。

自らの波動を高めていくのには、
今現在の状態よりも「やや高い」くらいの波動に触れていくことが
最適なようです。

天照さんが製品の販売に段階を設けているのも同じ理由ですね。


ここでひとつ疑問が生じました。
『ヒマラヤ聖者の生活探求』の著者一行は、高い波動に移行したときに
苦痛を感じなかったのだろうか?ということです。

この矛盾に気付いたときに、
「やはりインチキ、作り話か」でストップしてしまう人と
「何か理由があるはずだ」と考え始める人で
違いが出てくると思います。

私なりにいくつか思いつく仮説がありまして、
その筆頭は「なんらかの黄金比がある」のではないか?
ということです。

正解はそのうち、「もっと先に進めたとき」に分かるでしょう^^


↓関連記事
高い波動は清涼感

コメント

こんにちは。
振動数が高い=精神に効く波動 
振動数が低い=肉体に効く波動 
らしいのですが、振動数の高い人(波動の高い人)のヒーリングは肉体的に良い効果を得られにくい波動なのでしょうか?

yamaさん、こんばんは。

私程度のレベルでも、
伝授系の「エネルギー」と気功の「気」(自分の気)を
使い分けることが出来ます。

これは、精神に近い、周波数の高い「エネルギー」と
肉体に近い、周波数の低い「エネルギー」を使い分けていることを意味します。

また、伝授系の「エネルギー」でも
上手に使えば肉体にも高い効果が得られます。
特にPH会には、そう断言できる技術があります。

おそらくこれは、この世に肉体を持っている限り、
どんなに波動が高い人でも可能なんじゃないかと思いますが、
ヒーラーによって得手不得手があるかもしれません。

ケースバイケースといったところでしょうか…

最近私は「波動を下げる」ことの必要性も感じ、
考察を始めています。

なるほど。
ありがとうございました。
自分の気を使うと寿命が縮むらしく、なるべくやりたくないので、伝授系のエネルギーを工夫して肉体に効果のある波動にしてヒーリングしてみようと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokimatsuri2.blog109.fc2.com/tb.php/161-ea0dffd9