FC2ブログ

高い波動は清涼感 

「良い」と言われる波動グッズを感じてみて思うことは、
高い波動というのは「清涼感」を伴うようです。

もともと私の頭の中には「暖かいほど良い」という先入観があったので、
清涼感を認めるまでには時間がかかってしまいました。

私が気の感覚を覚えた順番にも関係あるかもしれません。

まず最初に感じたのが「人」の気で、体温もあることだし、
比較的暖かいものでした。

次に覚えたのが霊的な存在の気で、これは高藤本にも書かれていますが、
背筋にゾッとくるような寒気、独特のイヤーな感じを伴います。

そんなわけで「暖かいほど良い」と思い込んでいたんですね。

ネットを通じて自分よりもレベルが高いと思われる人達の波動や記述を
参考にしていたら、ようやく辿り着いたような感じです。


以前、ふと気になった友人を「ぬきたま」してみたら、
エネルギー体全体が天照さんの「ポラリス」にでもなったかのように
もの凄い清涼感のある、美しいエネルギーを泉のように出していました。

いったい何が起こったのかと連絡をとってみたら、
インフルエンザで40度近い高熱だったとのこと(´・ω・`)

私独特の感じ方なのかもしれませんが、
体温が高い状態というのは波動的には清涼感に映るようです。

高藤仙道の小周天という行法では、
頭頂に上げた熱感を涼しい感じに変えなさいと言われますが、
これは「エネルギー」を次元の高いものに変換していく作業のように
思えました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokimatsuri2.blog109.fc2.com/tb.php/26-bf244f10