FC2ブログ

織姫神社、本経寺 、名草の巨石群、さきたま古墳公園 

今年も本経寺の壇龍上人からお誘いを受けまして、
恒例の子安弁財天春季例大祭に参拝してまいりました。

四名で伺いました。

まずは足利市、織姫神社へ。
P1005746織姫神社

ここは境内の蕎麦屋が一番の目的だったりしますが(^_^ゞ
パワースポットとしても良い所です。

200段以上ある階段を登りますと、
P1005747織姫神社

別世界のように視界が開けます。
P1005748織姫神社

振り返るととても景色が良いです。
P1005750織姫神社

縁結びが得意とされる、優しい波動を感じる神様だと思いますが、
P1005753織姫神社

本殿奥を伺うと、その実力の高さを感じさせる、高波動の体感があります。
P1005752織姫神社


蕎麦屋さんには11時の開店と同時に入りまして、
帰る頃には行列が出来ていますw


本経寺は織姫神社の近くにあります。

本堂からの眺めです。
P1005754本経寺

今年も迫力満点、パワー満点の御祈祷を受けさせて頂きました^^
P1005757本経寺

今回はPさんの他にも「見える方」が同行されまして、
Pさんと同じく「コワモテの仏様」が視えたそうです。

私が大好きな、霊園からの眺めです。
P1005761本経寺

今年はチョット不思議な出来事に遭遇しました。

弁天様のお堂近くを歩いておりましたら、
私と同行者の間に何かが落ちて、「パキーン」と良い音が響きました。

見ると、乾燥した藤のサヤが真っ二つに割れて、種が散乱しておりました。

そのサヤを手にとって見ると、お守りのような、御神気が感じられました。

Pさんが透視すると仏様が視えたそうで、
「これは歓迎の印だから、頂いてお守りにすると良いですよ」
と解説してくれました。

コレがそのサヤです^^
IMG_20160511本経寺


新緑の季節にパワフルな御祈祷でリフレッシュさせて頂きました。

壇龍上人さま、スタッフの皆様、ありがとうございました。



お次は、昨年行けなかった名草の巨石群です。
かつては毎週通ったりもしておりましたが、ホント久々です^^
P1005781名草の巨石群

この、サラサラと流れる水の音に癒やされます。
P1005765名草の巨石群

厳島神社です。凄いところに建ってます^^
P1005775名草の巨石群

天気が良かったので、明るい感じで撮れました。
P1005784名草の巨石群



そして、埼玉県に移動しまして、さきたま古墳公園です。
Pさんによると、この写真の右端に写っている東屋がパワースポットです。
P1005788さきたま古墳公園

P1005805さきたま古墳公園


これまたPさんによりますと、今年の5月4日から、この地に降り注ぐ宇宙エネルギーに変化が出ているそうです。

私なりの体感では、その特徴のひとつに「濃さ」が挙げられます。

丸墓山古墳に通じるこの道が、その「濃さ」が分かりやすいと思います。
P1005789さきたま古墳公園

丸墓山古墳
P1005790さきたま古墳公園

丸墓山古墳頂上にある、この一角も「濃さ」が際立っています。
P1005791さきたま古墳公園

丸墓山古墳から「最強スポット」を眺めた写真です。ウヒャーですw
P1005795さきたま古墳公園

最強スポットです。
P1005796さきたま古墳公園

太陽光線と相まって、分かりやすい感じに写っていると思います。
P1005797さきたま古墳公園

上を向いて撮ってみました。
P1005802さきたま古墳公園

もうひとつの特徴としては「陽」の成分が増しているようです。

Pさんによると、ココを起点にして地球上に広がっていくそうでして、なんともスケールの大きい話です。

いよいよ「新しい時代」の始まりか、という感じでワクワクしますね^^


コメント

BIG SIZE BIG POWER

丸墓山古墳は日本最大の円墳だそうですね。

『古墳群』と呼ばれる場所が各地にありますが、いくらでも空き地があったと思える古代に、こぞってそこに建てたがるというのは、やはり何かしら理由があるんでしょうね。

月舟さん、

土地の波動の良し悪しを見分ける技術とか、能力については、古墳時代の人たちの方が優れていたかもしれませんね。
さきたま古墳公園の周辺はポカポカとした「癒やし系」のパワーが特徴だと思います。

おじゃまします

埼玉県行田市古代蓮の里では6月10日から三日間、ホタル観賞会が午後7時からあります。

  • [2016/06/11 00:07]
  • URL |
  • さきたま古墳の山ちゃん
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tokimatsuri2.blog109.fc2.com/tb.php/522-7b511666